2016年06月03日

1997年以前登録車は走行不可!?パリで可決

5月1日から大気汚染問題により毎月第一日曜日のみパリのシャンゼリゼ通りが終日歩行者天国になるということは海外事情に詳しい方は知っていると思うのですが、なんと新たに決まった法律でパリ市内では1997年以前に初登録車は平日走れなく事が決まりましたので配信します。


ランボルギーニ クラシック.jpg


これによりパリで登録された車、約10%が影響を受ける事になります!


パリでは1〜6のカテゴリに車が分類され電気、水素燃料電池車はファーストクラスになり優遇されます。他にも1999年以前に登録されたバイクも平日走行禁止になり、この恐ろしい法律は来月の2016年7月1日から施行されます。


バイクもかよ!!って感じですねwww




2020年にはまた更に環境に厳しい規制が施行される予定です。そのうち古い車や排気量がデカい車には高い税金や走行制限など、どんどん厳しくなっていきBMW i8のような未来カーがどんどん増えるってことが安易に予想出来ますね。


これはパリ市民の車好きも大激怒でしょうね!!


ちなみにもっとも厳しいのが中国で、まず中国では新たにナンバーが取得出来ない。(中国メーカーのハイブリッドカーは優先して取得出来るし助成金も出る)ナンバープレートによって走れる日が決まっていたりと排気ガスが出る車はどんどん排除されています。

ferrari.jpg

ポルシェ クラシック.jpg


流石に日本ではトヨタもあるのでここまで厳しくなる事は無さそうですが、ハイブリッドカー以外はただでさえ高い自動車税がもっと高くなりそうですね。


これからフェラーリやランボルギーニのようなクラシックカーは世界で滅びていくのでしょうか。。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

BMWにオイル交換必要なし!?ロングライフ

最近サーキット走行して335iのエンジンオイルの警告灯が点灯したのでオイル交換について配信しますね。


今のBMW車のエンジン精度は格段に上がっているので 「新車購入しても1回もオイル交換しないで2万kmくらいは走れる」 という事なんですが本当かと思い調べていました。


M4 GTS エンジン.jpg


BMWのロングライフエンジンオイル


近年のBMWはロングライフエンジンオイルを採用しており、交換の頻度は減少傾向にあります。ロングライフエンジンオイルには、劣化を防ぐ良質な添加剤や、オイルベースが採用されているため、今まででは考えられないほど長期間の使用に耐え得るものとなっているのです。


具体的な交換時期はもちろん個体ごとで違いがありますが、2万km超の使用でも問題ないケースも。いずれにしても、あくまでエンジンオイルが長持ちするだけであって、永遠に使用できるわけでないことには違いはありません。


永遠に換えなくてもよくなったら、オイル屋さんのダメージがでかいですねwww


こちらの有名レーサーやレーシングチームも使用していて世界17ヵ国への販売実績もあり、完全オリジナルブランドの100%化学合成エンジンオイル「TAKUMIモーターオイル」は安くて良質なのでオススメですよ!





最近のBMWのオーナーなら知っていることですが、エンジンをかけるときに「Inspection ○○○km」っていう表示が出ます。この距離までオイル交換しなくていいよっていう表示です。


エンジンオイル.jpg


これは、油温、油圧、走行距離、エンジンの回転数、時間などの条件から寿命を計算しています。オイルに厳しい走り方をすると、その表示が実際の走行距離より早く減ります。当然、指定オイルでの条件ですが、メーカーが堂々とそれを謳っていますので、それで問題ありません。それで故障したら、リコールの嵐でしょうwww


いくら酸化安定性や清浄分散性能に優れる長寿命オイルといえどもスラッジが溜まったり劣化が進んだりするのは当然のことってことですね。


ましてや、ロングドレイン・インターバルを前提に開発されたエンジンは内部各部のクリアランスが広く、 通勤やちょい乗り程度のドライブでは熱膨張する時間が十分に稼げず、 そのクリアランスを埋めるまでに至りません。 結果、隙間に発生した水蒸気がオイルに混じり乳化、金属保護能力がどんどん低下していきます。


また、クリアランスが大きいということはそれだけオイル消費が激しいわけで、 メーカーサイドはオイル総量を増やして減り続けるオイルを継ぎ足し続けることでロングライフ性を維持しようと考えているわけです。 要するには、大きな水槽の水を定期的に一部交換することで、水質を保とうというわけですね。


価格に関しても、鉱物油を使ったオイルを1万kmで1万円で交換するのと、ロングライフオイルを2万kmで2万で交換するのを比較すれば、あまり変わらないかもしれません。フィルタや工賃を考慮したら、ロングライフオイルの方がコストパフォーマンスに優れている可能性も。。。




スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:40 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

新基準のナンプレ表示義務化は角度まで数値化www

フロントバンパーをとんがらしている人たちには苦しいニュースですが、ついにナンバープレートの表示を数値で明確にした法律ができてしまったので配信します。


国土交通省は、クルマやオートバイのナンバープレート表示義務を明確化し、新基準を2016年4月1日より施行する。ナンバープレートの被覆など基準に適合しない車両は「番号標表示義務違反」の対象となり、罰せられる。


これまでも「番号標表示義務違反」はあり、違反した場合、交通違反の点数は2点。罰則は程度により異なるがナンバープレートの判読が困難の場合で50万円以下の罰金などと定められていた。


ただし問題だったのはナンバープレートの判読が困難かどうかの判断で、従来は「番号を見やすいように表示しなければならない」と基準があいまいだった。新基準では取り付け角度やフレーム許容サイズ、ボルトカバーなどが数値で明確に定められた。


ここが今回のポイントなんでしょうね!


グランツーリズモ 赤


新基準施行後は、たとえばナンバープレートカバーの装着は無色透明のものも含め、全面的に禁止となる。またオートバイでナンバープレートを折り曲げ、見えづらくしている車両も違反となる。


相当しょうむない法律だと思う。まずナンバープレートがださいからみんなカバーしたり、隠したりする人いるんだからプレートの構造を変えてくれwww


トラックなどの泥が付いているナンプレも違反になるってことですかね。。それにしても罰金高すぎるでしょ!


なお、新ナンバープレート表示基準は、初めて登録・検査・使用の届け出がある自動車の場合、ナンバープレートの装着角度と4輪車の場合のフレーム寸法に限り、2021年3月31日までの猶予期間が定められる。これは主に、すでに販売中の新車やアクセサリー用品に関して、自動車メーカーおよび販売会社が商品開発の変更を行えるようにするための猶予期間であり、すでに所有している車両は適用外となる。




スーパーカーとかも最近フロントにはつけていない人が多いが、つけなくてはならなくなるのだろう。なんてかわいそうなんだ。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:09 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

大晦日から元旦は暴走族デー!強化する警視庁

あけましておめでとうございます。


2016年もこの高級車ブログをよろしくお願いします!


さて、大晦日〜2日にかけて警視庁が暴走族の取締まりで動いているそうなので配信します。




暴走族.jpg


実は警視庁は年末年始の暴走族対策を2日まで続けていて、あと二日間は厳戒態勢なのでみなさん車に乗られるならお気をつけください。すでに30日からスタートし、交通部参事官以下400人、車両200台の体制で臨む。大晦日から元旦にかけては、国土交通省陸運支局などと合同で、不正改造車両の取締りまでも強化するのでカスタムされている方にとってはビビりますね。


この警戒を前に警視庁は、暴走族対策訓練を都内世田谷区で実施。その様子を報道陣に公開した。


不正改造を施した多数の暴走族車両を用意。暴走族車両にも警察官が乗り込み、高速道路での集団危険行為を想定。警察官が設定した料金所などに追い込むことによって前後から暴走車両を挟み撃ちにして検挙するという訓練を行った。


暴走族対策.jpg




暴走族の走行阻止には、空気で膨張させるエアフェンスで通行を遮断し、運転者を道路の両端からも追い詰めた。


共同危険行為などを繰り返す暴走族に対して、同庁交通部の大澤裕之交通部長は「暴走族や一部の旧車会は、都民の生活に迷惑をかけている。一般の方々が平穏に過ごしたという意識が強い年末年始の時期に、暴走族等はそのごく普通の願いを打ち砕く」と非難。警戒にあたる警察官をこう激励した。


「暴走族に対して対決する姿勢、気迫、気概をしっかり持っていただきたい。準備と気構えがあれば、しっかり対処できると信じている」。


暴走族対策 .jpg


暴走族対策室・斎藤友幸室長は「他人に迷惑をかける。他の交通の非常な妨害になっている。走ったら検挙する」と、意気込む。暴走族の都内の活動は沈静化する方向だが、小規模なグループで警戒を逃れ、首都圏各地に分散して暴走行為を続けているという。


集団で暴走行為ってかっこいいて思ってやっている人ってシンプルに中二病なんでしょうねw

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 11:53 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

仏ルノーと日産の関係が悪化?パリ同時多発テロ

11月13日の夜(日本時間14日早朝)にFrance Parisの中心部のコンサートホールや北部のサッカー場などを標的とした同時多発テロ事件が起きた。





死者は120人以上超えているそうだ!!


これは世界的大事件で各地で大きな影響だ!もちろん日本でもビジネスの拠点をパリに置く人たちや旅行会社などに被害が出ている。フィギュアスケートもフランス杯を中止と発表!


容疑者らが「神は偉大なり」と叫んでいたり、フランス軍によるシリアへの空爆を非難したりしていたと伝えています。


相当イかれてるんでしょうね。。。


フランスのオランド大統領は、テロのあったスタジアムでサッカー男子のフランス代表対ドイツ代表の親善試合を観戦していましたが、試合の途中に避難し、その後、テレビを通じて「前例のないテロだ」と述べ、非常事態を宣言しました。


パリ.jpg


日本とフランスといえば、11月4日「フランスのマクロン経済産業相が、政府の影響力を強く残す形でのルノーと日産自動車の合併(経営統合)を画策しており、これをカルロス・ゴーン氏(ルノーと日産自動車のCEOを兼ねる)が拒否している」と伝えました。


両社のCEO(最高経営責任者)を兼ねるカルロス・ゴーン日産社長はフランス政府の議決権拡大について、「日産が事業の方向性を見失うこと、提携効果が失われること」の二つのリスクを挙げた。日産・ルノー連合にとってフランス政府は、今や"目の上のたんこぶ"である。


たとえば日産は欧州向け小型車「マイクラ(日本名:マーチ)」の生産を、2016年に日産とルノーが共同運営するインド工場からルノーのフランス工場へ移管する予定。この動きに複数の関係者は「国内雇用維持を優先したいフランス政府の圧力があったのでは」と指摘する。


11月6日にはルノーの臨時取締役会が改めて日産自動車との合併を拒否したようですが、その後に出されたコメントはフランス政府の意向を一部受け入れるととれる内容でした。本誌の分析では「経営における政府の関与を強める」ことは拒否するものの「日産自動車との合併は受け入れる」方針のようです。


現在、ルノーは日産自動車の株式を議決権ベースで43.4%確保しています。同じく日産自動車もルノーの株式を15%保有していますが、これに議決権はありません。フランスの会社法では、親会社が40%以上を保有する子会社の株式には議決権が付かない規定になっているからです。


ルノー.jpg


フランス政府がこのタイミングでルノーに日産自動車を合併させる方針を出してきた理由は、フランス経済が想定以上に低迷していることや、フォルクスワーゲン不正のダメージが欧州自動車業界全体に及ぶこと、ルノー自身も「何か特別な問題を抱えている」可能性もあります。


フランス政府が本腰をあげて乗り出してきている以上は、日本としても政府が出ていかないことには勝負になりません。「政府が民間企業の意思決定には関与しない」などとキレイごとを言っている場合ではないのです。


今後、本当に日産がフランスに乗っ取られることになるんでしょうか?


このようなパリ同時多発テロが起きたいま、さらにフランス経済的にも本気で乗っ取りにくるでしょうね!




Pray for Paris

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。