2015年08月07日

新型マスタング登場!アメ車オーナー必見!

最近日本ではアメリカンマッスルのアメ車オーナーが増えてますね。


代表的な1つとして、フォードのマスタングが新型登場ということで、配信していきますね!


新型FORD MUSTANGに搭載されるのは、新開発2.3 EcoBoost。


この2.3L 直列4気筒 Ti-VCT直噴ターボエンジンは、歴代のFORD MUSTANGに搭載されていたエンジンから大幅なダウンサイズを図りながらパフォーパンスは従来以上という効率に優れたエンジンです。


コンパクトなサイズながら最高出力300馬力以上を発揮し、環境性能も大幅に向上させています。


デザインへの情熱。


それは、常にMUSTANGの伝説を形造るもの。


マスタング.jpg


存在感のあるフロントマスクには、HIDヘッドランプがシャープに輝き、リアには象徴的な3連コンビネーションランプがMUSTANGであることを強く主張しています。


伝統のロングノーズ、ショートデッキのボディスタイルは躍動感に溢れ、よりスポーティに進化を遂げています。私はダッジのチャレンジャーの方がお気に入りですけどねw


ワイルドスピードに出てくるのですが、とても迫力がありかっこいいです。


アメ車は何と言っても、パワフルなエンジンサウンドですよね!




マスタング リア.jpg


今回の車は低排気量なので今までのようなアメ車独特のV8サウンドの音域にはならないでしょうね〜。


そこが物足りないかと。。。


ECOの時代だから仕方ないですが、わたしはエグゾーストから聴こえてくるアメ車のV8独特の重低音サウンドが好きでたまりません。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(1) | FORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

フォードGTの新型にエコブースト搭載!!


アメ車になりますが、フォードのGTについて配信します。新型フォード『GT』はデトロイトモーターショー15で世界初公開。2006年の生産終了以来、9年ぶりの復活となる。


走行性能だけでなく、時代のニーズにも応え、環境性能にも配慮したスーパーカーだ。


1960年代にモータースポーツで活躍したフォードのヘリテージモデル「GT40」をモチーフとしたフォードGT。2005年にも限定生産されたフォードGTに2代目モデルの登場です。デトロイトモーターショーに合わせて発表された次期フォードGT。


もちろん伝統に則り、ミッドシップにV型エンジンを搭載したリア駆動のパッケージングとなっています。


フォードGT.jpg


3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを2個のターボで過給した、新開発の「エコブースト」ユニットを搭載。
最大出力は600hp以上!


トランスミッションは7速デュアルクラッチで、トランスアクスルレイアウトを採用している。ただし、エンジンは8気筒ではなく、エコブースト・シリーズの3.5リッター6気筒。トランスミッションは7速DCTが組み合わせられるということです。


排気口をボディリアパネル中央とすることで、アンダーボディの空力性能を考慮したことが見て取れるスタイリングは、全身でエアロダイナミクスをアピールするもの。


しかも、このボディはコクピット部分や外板をカーボン製として、前後にアルミ製サブフレームを持つという超軽量な内容となっているのも注目です。


2016年の発売予定という、このヘリテージ&超軽量スーパーカー。イメージムービーからも、懐かしさを感じさせるボディと最新テクノロジーの融合は、存分に感じ取ることができます。




フォードGT 後ろ.jpg


2003年にやはり同じフォードGTの名前で登場したスーパーカーが、1960年代のリメイクとも言えるほどそのスタイルを踏襲していたことに対し、今回の新型は僅かに過去とのつながりを感じさせるのみで、そのボディには現代的なデザインと素材が採用されている。


フォードが「量産車で最も優れたパワー・トゥ・ウェイト・レシオになる」という軽量な車体は、カーボンファイバー製パッセンジャー・セルに、アルミニウム製の前後サブフレームを組み合わせた構造で、ボディ・パネルもカーボンファイバー製だ。


航空機から着想を得て空気抵抗を減らしダウンフォースを最適化するようにデザインされたというボディには、アクティブ・リアスポイラーを装備。


フォードのマスタングも新型が発表されましたね!
http://monkeysystems.seesaa.net/article/416865919.html?1430932487



走行速度やドライバーの操作に反応して、高さや角度が可変する。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | FORD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。