2015年08月09日

300CをVIPSTYLEにするのが流行!

アメ車の中でも日本国内でカスタムされVIPSTYLEとして活躍しているChrysler 300C について配信しますね。


この車の最大の特徴はデカくてイカツイ顔面でしょ。


2004年の北米カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、クライスラー久々の大ヒット作となった 300C!


300c  .jpg


基本的なシャシーをなんとメルセデス・ベンツ E クラス(ただし旧型)と共有し、 5.7 リッター V8 の「HEMI」と称される 8-4 気筒可変シリンダーシステムのエンジンは、パワフルさと燃費向上に大きく貢献。


スタイリングもクラシカルな印象を持ちつつも、モダンな所もみせるといった、PT クルーザーやクロスファイア同様、最近のクライスラートレンドに沿った仕上がりだ。


300C のインテリアは実にクリーンで機能的


300c 内装.jpg


素っ気無いと言えるほどのシンプルさで、コックピットというよりも、オフィスの事務机っぽい印象さえ感じさせる。まあ、コックピットも事務机も「仕事場」という面においては一致しているから、間違いじゃないんだろうけれど、まるでシャキッと定規を当てて書いたような直線とモノクロ映画のような色の組み合わせは徹底的にクール。


シートのサイズも大柄で、周りの空間も余裕たっぷり。


居心地は悪くは無いけれど、余裕あり過ぎて、小柄な日本人としてみれば何となく落ち着かない感じもしないではない。正直言えば感情移入のしにくい豪華ではないインテリアではある。


要するに車体の値段を考えると、安物っぽいということである。ここがみんな買う時にあきらめるポイントでもある!


セルシオのインテリア並みに豪華だと300Cもバカ売れするだろうに…


外観の見た目はよく車をあまり詳しくない人からは300Cとベントレーを間違える人もいるくらいイケてますw


エクステリアやインテリア同様、300C のエンジンルームはこれまた超ビジネスライクで清潔そうな仕上がり。







5.7 リッター「HEMI」V8 エンジンは最高出力 250kw(340ps)に最大トルク 525 Nm(53.5kgm)を発生させ、走行状態や掛かる負荷の状況によって 8 気筒中 4 気筒を休止させる可変シリンダーシステムにより、最大 20% の燃費向上を実現している。


この5.7 HEMIのV8サウンド痺れます〜!





動画内のBMW E92 335iの詳細についてはこちら
http://monkeysystems.seesaa.net/article/416361353.html



この可変シリンダーシステムは、できるだけドライバーにその存在を関知させないセッティングがされているのか、いつ 4 気筒が休んだのか、8 気筒に戻ったのか、正直よく解らないが、この手のデバイスは匿名性が高ければ高いほど優秀なモノだと思うので、これは正解。


どんな状況でも過不足の無いトルク&パワーのおかげで運転は安楽。


アメ車っぽい、どかーん ! という爆発力は無いけれども、走っていればいつの間にか速いというタイプ。クルマの性格に適したエンジンだろう。


アメ車のV8エンジンを堪能することもでき、街乗りではおとなしくも走れる二段階という仕組みだ。これは本当に燃費も上がり実用的だ!







カスタムしたエクステリアは渋すぎ!


内装は正直微妙な仕上がりだが、外装デザインはかなり人気である。特に最近中古車相場も値落ちして購入するオーナーが多いのが、ノーマルよりもカスタムされたVIPSTYLE!


いわゆるVIPCARと称されるセルシオやクラウンなどをカスタムしてカッコよく仕上げるのだが、値段も安くなり買いやすいのでそちらを購入している方も年々増加している。


右も左もアメ車だらけのハロウィンの時の御堂筋アメ村。



300c .jpg


なんとド派手なフルカスタムでしょうか。


しかも、ガルウィングまで…

ガルウィングといえば、やはり有名なランボルギーニのムルシエラゴのコウモリ姿ですよね!!


これは完全にかぶらないオリジナル作品ですね!改造するのにやはりオーナーの好みはもちろん別れてきますねwww



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Chrysler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。