2015年11月23日

707馬力のチャレンジャーSRTヘルキャット!

ワイルドスピードでも登場して人気を出しているアメリカンマッスルのダッジ チャレンジャーが2015年モデルからヘルキャットというモデルを出したので配信します。


Dodge Challengerは、Chargerと並びモデルイヤーごとに進化するとともに、様々な限定モデルやグレードを追加して、話題に事欠かない”アメリカンマッスルカー”である。


クライスラーが別ブランドで販売するダッジ・チャレンジャーはいわば伝説的なモデルで、フォード・マスタングシボレー・カマロが直接的なライバルとなり、この関係は約50年続いている。


チャレンジャー.jpg


2015年モデルとしてデビューした、『SRT HELLCAT』はそれまでの最強モデルであったSRTシリーズ〜V8 HEMI 6.4L 485hp〜を大きく、更に大きく上回る707hp !! ものマキシマムパワーを発揮する、モンスターカーである。


シンプルに馬力えぐすぎでしょwww


1970年と2009年のチャレンジャーの進化をぜひご賞味あれ!!



ヘルキャットを直訳すると地獄ネコwww


この”ヘルキャット”の名前は第二次世界大戦にまで遡り、グラマン社が開発し実践投入された”グラマンF6Fヘルキャット”戦闘機に由来しているそうだ。


気になるSRT HELLCAT に搭載される6.2ℓ V8 HEMIエンジンは、スーパーチャージャー付きで707hpの化け物パワーを発揮。8速オートマチックでは0-60mph 3.6秒、6MTモデルで3.9秒、最高速度に至っては199mph(320km/h)を誇るアメリカンマッスルに恥じない怪物だ。


200km/hまでの到達タイムは11.2秒。チャレンジャーよりも533kg軽く、2倍高価なポルシェ911 GT3と同程度なのには驚いた。








なんとSRT HELLCATを堪能するには2通りの方法がある!


エンジンキーは黒と赤の2種類が用意されており、このキーによってピークパワーやサスペンション設定、車両の姿勢制御まで変える事が可能である。


ブラックキーで始動した場合、ピークパワーが500hpに抑制される。ちなみに日産GTRが550psで近い数値であるので十分なパワーであるのはわかるであろう。


そして、レッドキーで始動した場合は707hpの扉が開かれ、3モードの設定(TRACK/SPORT/STREET)が選択できるようになる。700hp超となると市販モデルランボルギーニやブガッティなどの3000万円超えのスーパースポーツレベルだ。


現時点においてアメ車の中では、純粋なパワー比較ではHELLCATに敵なしの状態である。


もちろん強力なパワーを止めるためのブレーキもフロント390mm、リア350mmの大径ディスクとフロント6ピストン、リア4ピストンのBrembo製ブレーキシステムを備えているので安心だ。


ブレンボ.jpg


カタログの値段は1040万円とされているが、マッスルカーの復権が著しい現代においても、ダッジ・チャレンジャー ヘルキャットやシボレー コルベットZ06などは、生産台数も限られ、カタログプライスで購入する事は不可能であり、時には高額なプレミアが上乗せされるケースもあります。


価格 £60,990(1,040万円)
最高速度 328km/h
0-100km/h加速 3.5秒
燃費 NA
CO2排出量 NA
乾燥重量 2014kg
エンジン V型8気筒6166ccスーパーチャージャー
最高出力 717ps/6000rpm
最大トルク 89.9kg-m/4000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

チャレンジャー二台.jpg



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:46 | Comment(0) | Dodge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

900馬力ワイスピ史上最強のドミニクの愛車!?

私の好きなドミニクが愛用してたダッジのチャージャーについて配信しますね。ドミニクが乗るとこんなに似合うのかってくらい似合っていましたね。


ドミニクの愛車


シリーズ序盤から登場するダッジ チャージャー。日本車が目立つ「ワイルド・スピード」シリーズですが、アメリカン・マッスルカーもしっかり登場しています。


ダッジ チャージャー.jpg


このボンネットの上についてるのが何かわかりますか?


あれはスーパーチャージャーのスロットルでしょう。ターボチャージャーのような、よりエンジンに空気を送り込んで出力を上げる「過給機」の一種です。スロットルを飛び出させてより多くの空気を取り込めるようにしています。


実際に、一部でその車が破壊されるシーンがが撮影されているが、その後のシリーズでも使用するために、同じ車を何度も修復し愛用されている。


1970年式 クラシック ダッヂ チャージャーはトレットが小さい頃に彼の父親と共に造られた。その車は驚くほどのパワーがあり、900HPで1/4 mile (約400m) を9秒フラットで走るタイムが彼の父親によって記録されている。彼の父親はレース中に120mph(約400km/h)のスピードで壁に激突し死亡した。


その思いがあるのかトレットは父親が愛したダッヂ チャージャーをいつまでも愛し続けている。このシリーズの最後の場面で、ブライアントとのチキンレースが行われるが、その時にクラッシュを起こしている。


2010年式/クライスラーダッジ・チャレンジャー SRT8 2011年式


終盤でドミニクがブライアンの隠れ家に行くシーンで登場。その後、エンディングでGT-Rとバトルした。ボディカラーは黒。






チャレンジャー 2010年式.jpg


新しい第3世代チャレンジャーのコンセプトカーが2006年の北米国際自動車ショーで発表され、2008年4月14日から発売が開始された。同社の300Cのプラットフォームを使用している。当該モデルはLXプラットフォームに6100ccL型ヘミ・V8エンジンを搭載したもので、そのスタイリングも1970年モデルを彷彿させるデザインが採用されている。


現行モデルのチャレンジャーSRT8が大好きです。ワイルドスピードではMEGAMAXとEURO MISSIONでドミニクの愛車として登場しますね。もうもうたる白煙をぶちまけブラックマークをくっきり残しながら加速していく姿には痺れます。


どちらもアメ車独特のV8エンジンサウンドが堪りませんよね。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Dodge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。