2016年04月14日

新型RS4が500馬力でC63AMG超え!?

アウディは『A4』のハイパフォーマンスモデルとして、新型『S4』を2015年9月のフランクフルトモーターショーで、『S4アバント』を2016年のジュネーブモーターショーで初公開したのはご存知であろう。


RS4.jpg


そしてついに、2017年フランクフルトモーターショーでワールドプレミアが予想されているそのトップモデルとなる最強の次期『RS4』の姿が明らかになったので配信します。


昨年捕捉したプロトタイプは先代モデルのミュールだったため、本物ボディは初。新型「S4」と比較するとフロントバンパーのエアインテークがより巨大化され、エキゾーストパイプが4本出しから大口ツインエキゾーストパイプに変更されている。その他リップスポイラーやエアロキット、大径の専用ホイールによって「S4」以上の存在感を放つ。


RS4 リア.jpg


新型S4はシングルターボの3.0TFSIを積むが、こちらは最高出力が354psであるのに対し、2基のターボチャージャーを備えたRS4の3.0TFSIは、先代の450psを上回る、およそ500psに達すると見られている。


ZF製8速トランスミッション、「ティプトロニック・ギアボックス」は『RS6』『RS7』『S8』と同じで、従来のV8自然吸気ではなく、パワーユニットにはダウンサイジングされる、3リットルV型6気筒ターボが搭載される見込み。最近の速い車はBMWの335iみたいに3リッターV6ターボになってきてますね。


なんと、この次期モデルでは最高馬力がライバル「C63 AMGエステート」を超える500馬力に達するそうだ。


駆動方式はもちろん電子制御フルタイム4WDで、トルセン式センターディファレンシャルを備えた最新世代のクワトロとなる。この4WDシステムは、前後アクスルに最適な駆動力を配分するだけでなく、加減速状態やステアリングの舵角などに応じて、後輪左右の駆動力も変化させることで、卓越したコーナリング性能を実現する模様だ。




RS4 横.jpg


なお、3代目となる次期RS4も従来モデルと同様に、ワゴンボディのアバントのみの設定になると見られている。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:31 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

V8 435馬力の電動コンプレッサー付きSQ7 TDI.

独AUDIは16日、高級SUV「Q7」シリーズでは初となる“Sモデル”、すなわち「SQ7」を設定すると明らかにし、その概要を発表したので配信します。


アウディが誇る“Sシリーズ”は、ハイパフォーマンス仕様として名をとどろかせるシリーズ上位の高出力モデルの事である。たとえば最新のS4およびS4アバントは、ミディアムクラスのA4シリーズに4リッターV8ターボエンジンを搭載し、最高出力450hp、最大トルク550Nmのハイスペックを誇る。


SQ7.jpg


最近では、SUVシリーズにも“Sシリーズ”が設定されるようになり、3リッターディーゼルターボエンジン(326hp、650Nm)を積む「SQ5」などというモデルもラインアップされているのはご存知だろうか。


さらにその上を行くのがRSはあなたもご存じでしょう!!


話は戻るが、『SQ7 TDI』は、パワフルなエンジンと控えめに存在感を放つ専用の内外装を持つ。


SQ7 内装.jpg


エンジンは4リッターV8ターボエンジン。クラス下のSQ5に比べて排気量も大きいがそれだけなく、世界初をうたう電動コンプレッサーを備えた過給システムを搭載する。


これらはいったいどんな役目なのかと言いますと、ふたつのターボチャージャーと電動コンプレッサーを備え、ターボチャージャーを作動させる排ガスは、低-中回転域はひとつのタービンのみを作動させる。もうひとつのターボチャージャーは高負荷時のみに作動する。電動コンプレッサー(EPC)はふたつのターボチャージャーの仕事を増大させる役割を果たす。電動コンプレッサーは排ガスの特力を必要としないため特に低回転域で効果を発揮する。


SQ7 横.jpg


ターボチャージャーと電動コンプレッサーの組み合わせにより、ターボラグを感じさせない、アクセルを踏んだときに滑らかで力強い加速を実現しているという。


時速0〜100kmまでの加速は4.8秒!?







SQ7は48Vの電気駆動式コンプレッサーのアシストにより最高出力435hp、最大トルク900NmとディーゼルSUVのなかでは最高レベルの高出力を誇り、同時に環境性能も考慮され、13.5km/Lという6気筒エンジン並の低燃費を誇る。


SQ7 リア.png


アウディではSQ7 TDIを2016年中に投入するとしているがメルセデスのキングオブメルセデスのGLクラスとあなたはどちらが好みですか?

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 19:03 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

先代を凌駕する新型R8?自然吸気V10最強…

皆さんもうジュネーブショー2015で発表されてご存知でしょうが、AUDIのスーパースポーツカーといえばR8ですが、先に発表されたランボルギーニ・ウラカンと新型R8は基本を共にするってことを知っていましたか?


R8 横.jpg




40秒〜R8登場!!



ウラカンと共用開発!?


骨格は、センタートンネルとBピラーおよびリアウォールはカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製とされており、それら以外の部分をアルミとし、カーボンとアルミをアルミ鋳造パーツを用いて結合する仕組みをとっているそうです。


結果、ボディ骨格は200kgと軽量で、車両としても乾燥重量は1454kgを謳っている。目の前に広がるメーターが、フル液晶タイプとなっていること。そしてこのメーターの中央にはナビゲーションシステムの画面がインクルードされており、その両横になんとタコメーターとスピードメーターが表示される。


R8 内装.jpg


この装備完全にスーパースポーツカーですね!インテリアは先代と比較すると派手になったと感じる。ハンドルにもたくさんのスイッチ類が付いていて覚えるの大変そうwww


R8 ハンドル.jpg


ぜひこの大迫力のエグゾーストサウンドのCMをどうぞ!



最高出力は実に610ps、最大トルクは560Nm。他のスーパースポーツならば、ターボやスーパーチャージャーを使って生み出す巨大な数値を、アウディ新型R8は自然吸気で実現している点も目を見張る部分だ。そんなパワーユニットが、決して小さくないボディを実に軽々と前へと推し進める。


新型R8が登場するまで『Car Magazine』のレポートが正しければ世間では フェラーリ「488GTB」 のように、ターボチャージャーが搭載されると噂が広がっていたが、しっかり自然吸気のV10というすごいものを開発したのだ!


クワトロの進化


先代のR8ではビスカスカップリング式となるフルタイム4WDを採用しており、パワーを基本的に前15%、後85%で配分。そして路面状況に応じて最大30%のトルクを前輪へと振り分けるシステムを採用していた。


それが今回の新型では、前輪にマルチプレートクラッチを用いて電子制御する、いわゆるスタンバイ式の4WDシステムを採用した。これによって通常時は後輪のみを駆動しており、路面状況や走行状況に応じてフロントにトルクを配分する仕組みとなる。そして必要とあればフロントにトルクを100%伝達することも可能としている。


これにより、NEW R8は電子制御によってフロントへと多くのトルクが供給されるようになったため、カウンターステアを必要としないドライビングスタイルに完成したみたいだ。




R8 GT3.jpg


ちなみに今回の新型R8は610psを発生するV10 Plusと、540psを発生するV10の2種類が用意される。トランスミッションはデュアルクラッチの7速S-tronicを採用した。


R8.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

A8やS8を凌駕する「S8 Plus」登場!

アウディは8月5日、同社のフラグシップ4ドアセダン「A8」シリーズに、「S8」を超えるパフォーマンスを与えたスポーツモデル、「S8 Plus」を発表したので配信します。


S8.jpg


2013年にマイナーチェンジを受け、昨年春、日本にも導入されたアウディのフラグシップ4ドアセダン「A8」に、今回ニューモデルが追加された。これまでのラインナップでもスポーツ性能を高めた「S8」が設定さえていたが、アウディが今宵発表した「S8 プラス」は、さらにその上をいくハイパフォーマンス指向のモデルだ。


「プラス」という名称では、アウディとその高性能車部門であるクワトロGmbHが、究極の「A8」セダンを作ろうとしたことが表せていない。


早速見てみよう!





S8とS8 Plusを徹底比較


最新のS8は、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの「4.0TFSI」エンジンを搭載。最大出力520hp、最大トルク66.3kgmを引き出す。トランスミッションは、8速ティプトロニック。0-100km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)性能を備える。


S8 プラスでは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの4.0TFSIをパワーアップ。最大出力は605hp、最大トルクは71.4kgmを獲得する。この数値は、ベース車両のS8に対して、85hp、5.1kgmの強化にあたる。


さらに、オーバーブーストモードでは、最大トルクが76.5kgmに向上。パワーアップの効果で、S8 プラスの動力性能は、0-100km/h加速3.8秒、最高速305km/h(オプションのリミッター解除時)と、スーパーカーの領域に足を踏み入れる。


これよりも馬力があるのは、4気筒多く、排気量も2リッター大きなエンジンを積んだ「メルセデスAMG S65」だけだ。最大トルクは5.1kgm増えて71.4kgmとなり、オーバーブーストモードでは76.5kgmにまで引き上げられる。「メルセデスAMG S63」を除けば、8気筒エンジンを搭載するパフォーマンス・セダンとして最高の性能だろう。


内外装も、特別仕立て。専用デザインのトランクスポイラー、グロスブラックグリル、ドイツではマトリックスLEDヘッドライトが標準。室内は、赤いステッチ入りのブラックレザー、ピアノブラックパネル、ステンレスペダルなどが装備されている。


S8 内装.jpg


9月のフランクフルトモーターショーでのワールドプレミアが予定されている「アウディS8プラス」、今のところ日本での販売についてアナウンスはありませんが、海外での販売価格は14万5200ユーロ、日本円にして約1978万円となっており、ライバルとしてはV8エンジン搭載のメルセデスAMG S63あたりになるのではないかと考えられます。


S8 naisou .jpg


ライバルは1.5L大きいエンジンを積む、メルセデスAMG「S63」


S63の出力は585ps/89.1kgmなので、最高出力で勝利し、最大トルクで譲ることに…


対抗心むき出しのアウディに、これから比較が盛り上がっていきそうだけど、スポーツモデルで重要な速さでどちらに軍配が上がるかな ?


ライバル2台が並んだ姿は、かなりの迫力になりそうですね!


残念ながらメルセデスAMG「S65」には敵わない…




S8リア.jpg


ついでに言うと、過給器付きのV8エンジンを積んだジャガー「XJR」やマセラティ「クアトロポルテ」、新型の登場が噂されているBMW「アルピナB7」にも勝ち目はないw

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

R8の弟分?三代目TT小型高級スポーツカー

アウディの小型スポーツカーであるTTについて配信しますね。


まずはこちらのPV 01:10辺りからどうぞ!



見ていただくと、渋さがにじみ出ていたと思いますw


大袈裟かもしれないですが、この三代目のTT/TTSはあのR8の弟分だと思います。


三代目といえば、三代目J Soul BrothersもEXILEの弟分ですwww


af imp.スーパーカーニバル2015でドレスアップされたR8発見しましたのでよければ見てくださいね〜


ボディ・サイズ


全長4,180mm × 全幅1,832mm × 全高1,353mm。


日本仕様の先代(現行)モデルと比べると、10mm短くて、8mm幅が狭く、27mm低い。


大型化しなかったことは朗報と言っていいだろう。


ホイールベースが37mm延びて2,505mmとなったにも拘わらず、オーバーハングを切り詰めることで、全長は先代モデルと同等に留めたという。


オーバーフェンダーのように強調された前後ホイールアーチとその上を
つなぐサイドの「トルネード・ライン」は、TTの歴代モデルを踏襲する。


そしてこちらもTT伝統のアルミ製給油口には、先代モデルと同じように「TT」のロゴが刻まれ、その周囲には初代モデルに見られたクラシックなボルトが復活。


これを開けると中にはキャップがなく、「モーターレーシングのように」そのまま給油ノズルを差し込める。


テールランプにはR8と同じ「ダイナミック・ターン・シグナル」を採用。


クロームのエキゾースト・テールパイプはTTが2本、TTSでは他の「S」モデル同様4本となる。


TTS.jpg


TTSまでは求めなくとも、もう少しスポーティなキャラクターが欲しいという方のために、TTにはこれまで通り「S-line」と呼ばれるパッケージ・オプションも設定される。


バンパー、エアインテーク、シングルフレーム・グリル、サイドシル、リア・ディフューザーが「よりシャープでスポーティな」デザインとなり、18インチ・ホイールを履く足回りは車高が10mm低くなる。


コクピットのようなインテリア


"less is more(少ないことは豊かなこと)"という法則に立ち返り、エクステリア同様水平基調にデザインされたというインテリアは、メーター・バネルにNVIDIAの「Tegra 3」プロセッサを使った「バーチャル・コクピット」を採用している!


TTに標準装備されるスポーツシートは先代のものより5kg軽く、着座位置も低められたという。


ランバーサポート調整機構が付いた「S スポーツシート」はTTSに標準装備、TTでもオプションで選択可能。


フラットボトム形状のステアリング・ホイールに内蔵されるエアバッグは、安全性を損なうことなく40%も小型化したそうだ。


 TTS 内装.jpg


エンジンは3種類の2.0リッター直列4気筒直噴ターボ


フロントに横置きされるエンジンは、全部で3種類の直列4気筒直噴ターボを用意。


新型TT発売時から設定される2.0リッター・コモンレール式直噴ディーゼル「2.0 TDI」は、マニュアル・トランスミッションとの組み合わせで前輪のみを駆動。


最高出力184hpと最大トルク38.7kgmを発生し、0-100km/h加速7.2秒、最高速度235km/h、燃費は「スポーツカーの世界では最高記録」となる23.8km/リッターと発表されている。







日本では主力になると見られる2.0リッター・ガソリン「2.0 TFSI」は、TTとTTSの双方にそれぞれチューニングの異なる仕様が搭載される。


TTでは最高出力230hp・最大トルク37.7kgmという、現行モデルを上回る性能を発揮し、6速MTが組み合わされる前輪駆動モデルで、0-100km/h加速は6.0秒、最高速度は250km/hでリミッターが作動する。


デュアルクラッチ式6速「S トロニック」と「クワトロ」と呼ばれる4輪駆動システムを備えるモデルもあり、こちらは0-100km/h加速が5.3秒に短縮される。


燃費は14.7km/リッターとのこと。


TTSに搭載される2.0 TFSIエンジンはさらに高めにチューンされ、310hpの最高出力と38.7kgmの最大トルクを発揮。


0-100km/hを4.7秒で加速する!!


TTSはクワトロ+6速MTが標準で、オプションとしてローンチ・コントロール付きのSトロニックも選べる。


「コンフォート」「オート」「ダイナミック」という3種類の設定に切り替え可能な可変ダンピング・システム「アウディ マグネティックライド」は、TTSに標準装備。


TTS 横.jpg


TTではオプションで装着可能だ!

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。