2015年11月14日

遂にロータリーエンジン復活?待望のRX-7!

MAZDAの常務執行役員の藤原 清志氏が、2017年の東京モーターショーで、2012年に「マツダ RX-8」の生産終了で姿を消したロータリーエンジンを搭載した新型車を公開するとの発表がありましたので配信します。


RX7 表紙.jpg


その正体は新型マツダ RX-7!


ロータリーファン待望の一台ですね!


次世代RENESIS(ロータリーエンジン 16X)が搭載、馬力は300馬力。排気量は『RX-8』の1.3リットルよりも大きい1.6リットルの直噴自然吸気ユニットで、SKYACTIVなどの最新テクノロジーを導入。


デザインは90年代の「マツダ RX-7」と現在のデザインコンセプト「魂動」が組み合わせられるとのこと。シャシーはアルミ製で軽量化を測った新型ロードスターに採用されるSKYACTIVシャシーを延長して使うと噂があります。


先代RX-7(FD型)の1310kgよりも軽くして、トヨタ『86』(1250kg)と同レベルを目指すそうだ。


新型RX-7が発売される予定の2017年は、マツダにとっては大事な年です。なぜなら2017年はマツダがロータリーエンジンで世界に技術が認められた車(コスモスポーツ)を販売して50周年アニバーサリーイヤーである。










ロータリーエンジンの弱点だった燃費の悪さや低回転でのトルク不足それが現在の「スカイアクティブテクノロジー」で解決されるという話。


価格などまだ詳しい話は発表されていないが、日産フェアレディZよりかは少し高くなるそうだ。プレミアムスポーツカーとして販売していく方針なのだろう。


RX7.png


2020年はマツダが創業100周年を迎える特別な年。また東京オリンピックも開催されるので2020年にマツダが何か派手なことをしてもおかしくありません!


2014年に海外車サイトmotoring.com.auが報じたニュースによると、マツダは2012年に生産を終了したRX-8の後継車としてRX-9を発表する可能性があるとのこと。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:57 | Comment(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

マツダの策略が凄い!?大ヒットしたCX-5の次はコンパクトなCX-3

今回はMAZDAで大ヒットをしたCX-5のDNAを継ぐCX-3について配信。


cx-3_10.jpg


スカイアクティブとは?



デミオがベースなので、CX-3のサイズ(全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mm)は、もちろんコンパクトだが、雰囲気や見た目の存在感からか、全然小さく見えません!また、全高を1550mmに抑えてあることもポイント。


cx-3_09.jpg


▲正面から見るとこんな感じ。こちらは、おなじみのボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」です。


cx-3_12.jpg


CX-3はデミオと共通のプラットフォームを使う、1.5Lディーゼルエンジンを搭載したコンパクトクロスオーバーSUV。上級グレードとなるXD Touring L Package 4WDは下記参照。


cx-3_07.jpg


内装の質感だがデミオ同様、上質で素晴らしい。







■グレード:XD Touring L Package
■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ
■総排気量:1498cc
■最高出力:77(105)/4000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:270(27.5)/1600-2500[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD
■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:4275×1765×1550(mm)
■ホイールベース:2570mm
■車両重量:1300kg
■JC08モード燃費:23.4km/L
■車両本体価格:未定

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 12:24 | Comment(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

待望のロードスター!超軽量のオープンカー

MAZDAのRoadstarの詳細が発表されましたね!


2015年3月20日、6月に正式発表が予定されている新型ロードスターの詳細情報、価格、グレードがようやく公開された。そしてMAZDAは、4代目となる新型『ロードスター』を5月21日より発売。


MAZDA ロードスター.jpg


新型ロードスターは、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品の第6弾。


言うまでもなく、後輪駆動(FR)の2シーターライトウェイトオープンスポーツだ。最高出力131psを発生する新開発の直噴1.5リットルガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」をフロントミッドシップに搭載。


トランスミッションは6速オートマチックに加え、FR用に新開発した6速マニュアル「SKYACTIV-MT」を用意する。ボディについては、アルミや高張力鋼板、超高張力鋼板の使用比率を71%に高め、さらに剛性を確保しながら軽量な構造を追求。


車両重量990kg〜1060kgと、先代モデル比100kg以上の大幅な軽量化を実現し、軽快なドライビングを実現する。


コックピットは、優れた視界、操作性の優れた機器配置、ドライバーに対して正対するペダルレイアウトなど、スポーツカーとして理想的なドライビングポジションを実現。


ロードスター 内装.jpg


幌は軽い操作で簡単に開閉でき、耐候性にも優れた構造を採用する。


そのほか、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」やカーコネクティングシステム「マツダコネクト」を搭載するなど、安全・快適性能も充実させている。ファミリーのいるオーナーには使い勝手は悪い車かもしれないが、日本では最近クーペのような2ドアがよく見かけます。


そんな私も2ドア車は現在2台目です!


正直そんなにたくさんの人を乗せる機会も毎日ないですよね?


ある人ならセカンドカーとしては使い勝手は充分だと思います。値段も安いし、マツダ ロードスターは人気になりそうですね。


それにオープンカーでこれからの季節にピッタシ!


個人的な意見ですが、ソフトトップがあまり好きではありません.もっと高級車にソフトトップなら納得ですが…


いま、マツダで爆発的に売れている車はこちら!
http://monkeysystems.seesaa.net/article/420112128.html





開発テーマは「人生を楽しもう」とされ、スカイアクティブ技術、魂動デザイン、感覚性能の追求が行なわれた。


ロードスターはグローバル商品であるだけに、いつの時代にもデザインは議論百出した経緯があるが、今回のコンペティションではアメリカ案と広島案との検討で広島案が選ばれた。


よりコンパクトなサイズでまとめることにしたのだそうだ。


グレードはベーシックモデル「S」と、i-ACTIVSENSEを装備するハイグレードモデル「Sスペシャルパッケージ」、快適装備を充実させた「Sレザーパッケージ」の3種を展開。


価格は249万4800円から314万2800円。


ロードスター リア.jpg


販売計画台数は500台/月だそうだ。


従来モデルと比べてわずかにアップした価格帯で、トヨタ86とほとんど同レベルとなっていますね。


あなたならどちらが好みですか?

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:12 | Comment(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。