2016年05月28日

600psのR36 GTR NISMO登場!

新型R36 GT-Rの発表に続き、ニスモも初公開されたので配信します。


日産は3月23日から開催されたニューヨーク国際オートショーにおいて、日産 GT-Rの2017年モデルを発表した。噂ではこれが“最後のマイナーチェンジ”といわれるが、その内容は大きく進化を果たしたものとなり、「日産 GT-R史上において最大の変化」になっているという。


R36GTR.jpg


「NISSAN GT-R NISMO」


2017年モデルに移行した日産GT-Rに続き、新しいGT-R NISMO(ニスモ)もニュルブルクリンクサーキットで初公開されました。ドイツだけでなく世界屈指の難コースとして知られるニュルブルクリンクは、GT-Rが世界最高峰のスポーツカーになるべくその性能を引き上げてきたステージです。


2017年モデルの「NISSAN GT-R NISMO」は、標準GT-Rと同様、フロントエンドの新しいバンパーが目を惹きます。


R36GTRNISUMO.jpg


600psというハイパワーエンジンの冷却性能を向上させるために、開口部は空力性能を悪化させることなく大胆に拡大され、ダーククローム仕上げのVモーショングリルが配されています。同時に、フード剛性も大幅に強化することで超高速域での変形を抑制し、高い空力性能を実現。


通常のGTRの最高出力は565HPだが、NISMOは600psの強大なパワーで、さすがGTR NISMOですね!!どんどん速く速く進化していくのがわかります。見たらわかるように、この数値はアウディR8の540ps、ポルシェ911ターボの540psと比べても上をいく、コンペティターをはるかに超える数字となっている。


登場から9年が経過した日産 GT-Rは、今回のマイナーチェンジで誰もがスーパーカーとして認めざるを得ない自動車となったといえるだろうか?





NISMO専用のカーボンファイバー製フロントバンパーは、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて精巧に作り上げられることで理想的とする強度を実現しているそうです。また、カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより大きなダウンフォースを発生させると同時に、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能もさらに高まっています。


これらの改良により「NISSAN GT-R NISMO」のボディ形状はいままでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を得ているそうですから、サーキットでのパフォーマンス向上にも期待できます。


標準GT-Rが採用しているビルシュタイン製の「DampTronic」は、複数の車両情報システムを活用することで、路面状況や走行条件に対して適切なサスペンションの減衰力設定が可能。状況に応じた高レベルのコントロールができるモード設定型電子制御式ダンパーですが、当然ながらNISMO向けにチューニングが施されています。


赤のアルカンターラを使用した内装


ベース車同様に新しいインテリアも見どころ。新デザインのダッシュボードの上層部やステアリングホイール、センターアームレストにアルカンターラを採用することで上質感を演出しているのがいいですね!


R36NISMO GTR内装.jpg


センターダッシュボードのレイアウトも見直されています。現行モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルでは11個にまで削減するなど、最近のインパネレイアウトの流行に沿うものに刷新されています。


8インチに拡大されたタッチパネルモニターには、大型アイコンにより操作性を向上。カーボンファイバー製のセンターコンソールに搭載された新しいディスプレーコマンドコントロールは、高速域における運転中でもモニターをタッチすることなく操作が可能とのこと。


R36NISMO 内装.jpg


シートは、赤のアルカンターラを中央部分に使用したレザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートも目を惹きます。


VR38DETTエンジン


心臓部のVR38DETTエンジンは、6速DCTとの組み合わせで、GT3選手権で採用している高流量、大口径のツインターボチャージャーが搭載されています。これはめちゃくちゃ速そうなのがこのエンジンを聞いただけでわかるような感じがしますね。


そんな2017年モデルのGT-Rニスモの発売時期や価格はまだ公表されていませんが、5種類のボディカラーから選択できます。



R36 NISMO リア.jpg



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

「世界が衝撃」日産がサイバー攻撃で経営不振!?

日産自動車のホームページ(HP)が12日深夜からつながりづらくなり、同じころ、国際的ハッカー集団「Anonymous」がツイッター上で、同社のHPをダウンさせたとの声明を出したので配信します。


アノニマス.jpg


国内企業広報部の説明によれば、12日21時40分頃にWebサイト用サーバーへの異常な負荷を検知した。改善の見込みがないため、同日中にサービスを停止。復旧に向けた措置を進めている。同社によれば、国際的ハッカー集団「アノニマス」を自称するアカウントから、サイバー攻撃に関する声明が出ているという。







アノニマスの手口としてはサーバーに大量のデータを送りつけてダウンさせる「DDos(ディードス)攻撃」が行われたとみられる。


13日夕方時点で停止しているのは、日産自動車公式Webサイト(www.nissan.co.jp)、日産自動車グローバルサイト(www.nissan-global.com)、東京日産自動車販売や日産自動車販売、札幌日産自動車などグループ販社の全てのサイト。採用情報サイトや日産・自動車大学校のサイトなどはアクセスできる


現時点で個人情報の流出やウイルスの感染は見つかっていないというのが不幸中の幸いか。


NISSAN サイバーテロい.jpg


アノニマスの攻撃は昨年9月以降、頻発しており、厚生労働省や安倍晋三首相の個人サイト、報道機関、空港や水族館のサイトなど約40の組織、団体が狙われた。欧米で反対が根強い日本の「イルカ漁」への抗議を主な理由に掲げる。


このインターネットの時代にサイバーテロを受けると相当な被害になるであろう。果たして、カルロスゴーン氏はこの危機的状況をどうするのであろうか?


スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:30 | Comment(0) | NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

Y51フーガ IMPUL仕様が渋すぎと話題に!

日産の上級セダン『FUGA』が2015年2月にマイナーチェンジを遂げた。


「日産の最高品質の証」


エクステリアデザインを一新し、安全性を向上、さらに足回りのセッティングを見直し快適性を大幅に向上させている。フロントグリル、ステアリング、エンジンカバーには「インフィニティ」のエンブレムが奢られた。


INFINITIの米国版スカイラインについてはこちら。
http://monkeysystems.seesaa.net/article/416305575.html



フーガ.jpg


改良新型フーガは、フロント、リアを中心にエクステリアデザインを一新。


新形状のLEDポジショニングランプを備えたLEDヘッドランプの採用、さらにフロントグリルはより立体感とシャープさを増し、より若々しいイメージとなった。


新形状のバンパー、その左右に配されるクロームで縁取られたLEDランプは、高級感と躍動感を表現した。リアにもヘッドランプと同様LEDリヤコンビネーションランプを採用。新形状のリヤトランクリッドとリヤバンパーにより、ワイド感と安定感を表現した。18インチアルミホイールも新デザインとなり、足元を引き締める。


フーガ 内装.jpg


V6ガソリンエンジンモデルに設定される「370GT タイプS」


フロンバンパーを変更、20インチホイールの採用などにより、スポーティカーとしてのキャラクターをより押し出している。


また、日産先進技術の目玉である全方位運転支援システムとして、『スカイライン』で初採用したPFCW(前方衝突予測警報)、60km/hでも衝突回避が可能な自動ブレーキなどを取り入れ、「全方向でぶつからないクルマ」を目指した。


また、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」を全グレードに標準装備している。


走りの面では、ショックアブソーバー内部の高応答リップルコントロール形状の変更により、微小ストローク時のシールとピストンロッド間の摩擦抵抗を安定化。


小刻みな振動や、うねりのある路面での上下ショックを低減し、スムーズな乗り心地を実現。従来モデル以上のプレミアムな安定感と、364psのハイパワーを意のままに路面に伝える足回りにより軽快感ある走りを実現。


ドライバーズカーとしての価値も大きく高めた。走りも充分なパワーを備えているので運転も楽しいと言われている。


ライバルといえばトヨタのクラウンだ!


フーガ白インパル.jpg


日産 フーガ グレード・価格


250GT Aパッケージ:410万4000円
250GT:471万960円
250VIP:500万2560円
370GT:502万4160円
370GT Type S:562万2480円
370VIP:592万4880円
370GT FOUR Aパッケージ:464万4000円
370GT FOUR:524万160円
HYBRID Aパッケージ:513万9720円
HYBRID:620万5680円
HYBRID VIP:674万5680円


高い物ではなんと、7000000円もするのだ!!





フーガのVIPSTYLE


発売されて早速だが、やはりこういう国産の上級セダンとなるとカスタマイズし、VIPCARと言われる分野にするパーツが沢山ある。


フーガ インパル.jpg


沢山あるパーツメーカーの中でもIMPULが東京オートサロンで発表以来人気だと思います。


インパル仕様のY51フーガはかなりごつくて渋い!


フーガインパル リア.jpg


だが、中古車市場ではまだそこまで値落ちしていないのでなかなか手は出しずらいでしょうね。。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

元祖VIPのJUNCTION PRODUCE

タイトルの通り私は元祖VIPCARと言えば、有名ブランドであるジャンクションプロデュースがまず思いつきます。いまではたくさんのメーカーがあるので、かっこいいのは他にももちろんたくさんありますが、その中でもJUNCTION PRODUCEは元愛車のNISSANシーマがコンプリートカーでしたので個人的に大好きです。


33シーマ JP.jpg


理由としては、年式の古い車種などを形を崩さず見事にピカピカに、渋く、イカツくスタイリングしてる所がお気に入りです。特にどっしりとしたお尻と深リム19incのスカラーホイールですね!


1台目の愛車がジャンクションプロデュースのデモカーの日産 y33シーマでした!


ノーマルのCIMAは正直ダサくて好きになれなかったのですが、ドレスアップされたツートンカラーのy33Cimaを見て一目惚れ。


33シーマ JP.jpg


特にこのカクカクボディ!!


当時はクラウン アスリートとかを買う予定でしたが…w







燃費も4100ccのV8でリッター約4.5くらいでしたが、その当時は楽しくてそんなことも気にせず毎晩乗ってました。その時の目標であった、自動車の雑誌に掲載されること!そして購入して半年後に、「VIPCAR」という雑誌に表紙ではないですが、イベントのJP杯に行った時のに載りました。その時は凄く嬉しくて、今でも雑誌を持っています。


33シーマ.jpg


約2年程乗り、国産VIP車に対する熱も少しずつ冷め始め、ベンツのSクラスやBMWの7シリーズなどの輸入車が欲しくなり、33シーマを売却することに決めました。


今では国産VIPCARというジャンルには全く興味が湧かなくなりました。。


あなたの好きなVIPCARはなんですか??

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

GT-Rはスーパーカーではない!?マツダが反論

今回はNISSAN R35 GT-Rについて配信しますね。


NISSAN R35 GT-R


GT-Rは、これまで日産のスポーツモデルの象徴であったスカイラインGT-Rの事実上の後継車種で、初代のPGC10型スカイライン2000GT-Rから数えて6代目のモデルとなり、GT-Rシリーズとしては第3世代に当たる車両型式は事実上の先代となるBNR34型スカイラインGT-Rの基本車台(スカイライン)型式R34に続くR35であり、スカイラインシリーズとしては11代目のV35型以降とは異系列となる。


BNR34型まではスカイラインの中で競技用に最も競争力が高いボディ形式を用い、専用の特別なエンジンとそれに応じた駆動系とサスペンションとブレーキなどを備えた競技前提ないし高性能バージョンに過ぎなかったが、R35型GT-RからはKPGC10型以来伝統のトランクを分離した2ドアクーペデザイン、そしてケンメリからR34までの「スカイラインの象徴」とも言うべき4連の丸テールと言った歴代スカイラインのアイコンを踏襲するものの、開発・設計の面でスカイラインとは全く縁のない固有の車種となった。


GT-Rは従来のモデルとは比較にならないほど高い速度でサーキットやアウトバーンなどを走行できる動力性能を持つが、街乗りにおける乗り心地、雪道や濡れた路面における操安性、静粛性、乗降性、トランクの積載性、後部座席の存在、燃費やCO2排出量などの環境性能にも配慮されて開発されており、日産はGT-Rを、運転スキルや天候や路面状況や使い方(日常使用か否か)に左右されず「誰でも、どこでも、いつでも」スーパーカーの魅力を味わうことができる、全く新しいジャンルの「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」をうたっている。


R35 GTR.jpg


またスーパーカーの市場を広げるために価格にも配慮されており、競合他車に比べて高いコストパフォーマンスを実現するために、最終組み立ては専用ラインではなく、既存のラインを使用する混流生産で行われる。


一方、元マツダ関係者から「GT-Rはスーパーカーではない」との反論が出ている。


次期型 R36 GT-Rも発表されてますね。




「GT-Rですか?確かにスーパースポーツではあっても、あれはスーパーカーじゃないですよ。僕の中ではスーパーカーって言えば、車高が1mそこそこで、見るからにそれらしいイメージを持ったクルマです。だから、最近車高が高くなったフェラーリなんて、スーパーカーの範疇から外れちゃうんじゃないかって思うほどなんです」


こう語るのはGT-Rの開発に取り組むようになって14年、チーフ・プロダクト・スペシャリストになってすでに8年の歳月が流れる田村宏志氏の言葉である。


周りが言うのはともかく、彼が言うなら確かに説得力がありますよね!

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。