2015年12月03日

スーパーSUV「ウルス」四輪駆動の600馬力www

Lamborghiniから遂に最強の雄牛のSUV車が2015年5月27日に正式発表されました。その名前は伝統の雄牛から「URUS」だそうです。


ウルス.jpg


「(ウルスの追加は)我々にとって新たな時代の幕開けを意味します。また、新SUVの生産をサンタアガタ・ボロネーゼで行うことは、“メイド・イン・イタリー”の持つ世界的評価の維持に努めたいという姿勢の表れです」。イタリアで行われた発表会会場にて、アウトモビリ・ランボルギーニ社のステファン・ヴィンケルマン代表兼CEOはそう語った。







「車両の流通量は、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、アメリカならびにアジア太平洋の主要販売地域三個所に均等に配分する予定です」とランボルギーニが用意した広報資料にはある。


ウルス 横.jpg


新型車ウルスは、ベントレー「ベンタイガ」、ジャガー「F-Pace」、アストンマーティン「DBX」、マセラティ「レヴァンテ」などと共に、急成長する高級クロスオーバー市場に参入することとなる。


また、驚くことに「ロールス・ロイス」までもが新型SUVの開発プロジェクトを進めている。そんな中、「フェラーリ」だけは新型SUVの開発を否定している。


エンジンに関しては、生粋のスーパーカーブランドであるランボルギーニが放つウルスには、最高出力600psに達するV8ハイブリッドやフルタイム4WDの搭載が予定され、猛牛の名に恥じない圧倒的なパフォーマンスが与えられる。


四輪駆動で600馬力はえぐいですね!!


ただ、自然吸気ではなくなりツインターボなどの噂も出ている…


ウルス 内装.jpg




コンセプト時点のボディサイズは、全長4,990×全幅1,990×全高1,660mm。軽量高剛性のカーボンファイバーボディや計算し尽された空力性能、幾何学的でエッジの効いたデザインなど、「ウラカン」や「アヴェンタドール」とも共通するランボルギーニの特徴が引き継がれているのでなにか安心がある。


ウルス リア.jpg


発売は2018年なんで約3年後には諸星一家の方も購入でしょうねwww



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 19:35 | Comment(0) | Lamborghini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

最強V12エンジン搭載ムルシエラゴLP640

ランボルギーニが2001年から2010年にかけて製造したスーパーカー「Murciélago 」について配信します。


ちなみに2010年からはムルシエラゴの後継車がアベンタドールです。先代はディアブロです。このムルシエラゴの意味とはスペイン語で「コウモリ」なんですがあなたは知っていましたか?


扉を開けたガルウィング姿からそう名付けられたのかもとおもったあなた!


それが違うんです...


車名の由来は、過去のランボルギーニ車の伝統にならい、19世紀に実在した伝説的な闘牛の名前から取られているそうですwww


ムルシエラゴ .jpg


ガヤルドもその後に発表されたんですが、本車種はアウディに買収される以前に設計したディアブロの構造的特徴の多くを受け継いでいるのが決定的に違うのです。


気になるエンジンはというと、6.2リッターV12をシート背後に収めるスーパースポーツ。ボディはスチールのフレーム構造に、フロアや一部ボディパネルにカーボンファイバーを用いるなど、その中身はあくまでランボルギーニ流のクルマに仕上がっている。


デビューから5年後の2006年には、エンジンの排気量を6.5リッターに拡大し、640psの最高出力を手に入れた「ムルシエラゴ LP640」に進化。フルタイム4WDの“ランボルギーニVT”と6段マニュアルトランスミッション(セミオートマチックのeギアも選択可能)が組み合わされたムルシエラゴ LP640は、0-100km/h加速が3.4秒と、従来よりも0.4秒のタイム短縮に成功している。


ちなみに名前の“LP”は、エンジンがキャビン後方に縦置きされることを意味している。


ムルシエラゴ 後ろ.jpg


ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640がアリゾナの高速道路を時速219マイル(時速約352km)で爆走するムービーです。マフラーからブルーフレイムを出しながら爆音でとんでもない速さで走っています。


3回トライし、3回目に時速約352kmが出ています。トライしている途中に外からの映像がありかなりの迫力。5分くらいありますので、時間があるときにゆっくりどうぞ。





日本の有名人ではランボルギーニ暴走族の諸星一家や、Gacktさんがムルシエラゴ所有で縁石に乗り上げて大変だったという話は有名ですね!


ムルシエラゴ.jpg


ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640
ボディ|全長4610×全幅2058×全高1135mm
エンジン|6.5リッターV型12気筒
最高出力|471kW[640ps]/8000rpm
最大トルク|660Nm[64.3kgm]/6000rpm
駆動方式|4WD
トランスミッション|6段マニュアル、eギアシステム
価格|3751万1250円(マニュアル)、3856万1250円(eギア)
(2008年5月26日現在)

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 15:55 | Comment(0) | Lamborghini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ウラカンV10エンジンに休止システム搭載!

伊Lamborghiniは11月6日「HURACAN LP 610-4」の2016年モデルを発表して、オーダーの受付を開始したので配信します。


ウラカン スパイダー.jpg


「HURACAN LP 610-4」の2016年モデル


2016年モデルの「ウラカン LP 610-4」は、クーペとスパイダーに搭載されるV型10気筒5.2リッターエンジンに、気筒休止機能を採用。


気筒休止機能は、エンジンをフル稼働させる必要のない低負荷時に10気筒のうち5気筒を一時的に休止。その後アクセルを踏むと、自動で10気筒モードへと切り替わり、ドライバーが気づかないほどスムーズに行われる。同機能により、燃費を節約するとともに、CO2排出量を283g/kmにまで削減することが可能となった。


そのほかに、機能面では電子制御式4WDシステムの微調整を実施した。


これは燃費も上がり、すごい実用的な機能になっていくでしょうね。


ランボルギーニは、自然吸気V型10気筒エンジンにこのようなシステムが採用されるのは初めてと主張しているが、同じグループ企業のアウディが、ウラカンの従兄弟に当たるスーパーカー「R8」にこれと似たセットアップを導入していることは伝えておくべきだろう。


インテリアではトリムのカラーバリエーションを増やし、標準仕様の内装においてはドアハンドルやセンターコンソール上部を革張りとした。空調吹き出し口の塗装はマットブラックに変更。カスタマイズプログラムの「アド・ペルソナム」では、内装オプションに加えヘリテージカラーやマットペイントをはじめとした外装オプションを追加した。


ウラカン後期.png


また、新規オプションとして「Sensonum オーディオシステム」を追加、総出力390Wの10チャンネルアンプ、六角形のグリルに設置されたスピーカー10台、Sensonumのロゴ入りバッジなどを付属する。


10個のスピーカーってどんな響音がするのか気になりますね!!


エンジンコンパートメント内蔵の新LEDライティングシステムは、オプションの透明エンジンボンネットあるいはカーボンファイバー製エンジンコンパートメントとの組み合わせから選択可能。この他にも、クルーズ・コントロールや、フロントとリア部分に設置可能な収納用ネットに追加の12Vライター、カップホルダーで構成されたトラベルパックなどが追加されている。


ウラカン後期 .jpg




日本でのランボルギーニ ウラカンLP610-4の価格は、クーペが2750万円(税別)、スパイダーが3267万円(税別)。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:42 | Comment(0) | Lamborghini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

生産600台のみ!?新型アヴェンタドールSV

アウトモービリ ランボルギーニは、新型「Aventador LP 750-4 Superveloce」を『ジュネーブモーターショー2015』 で世界初公開した。その生産台数を限定600台とすることを発表したので配信します。


アヴェンタドールSV.jpg


このランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェは「より速い走りを体感したい」という人々の欲求を叶えてくれる欲望の1台です。更なる改良を加えることで、パワーアップと軽量化に成功しています。


エンジンはベースとなったウラカンの上位で、ベースモデルでも700psあるアヴェンタドールと同じ6.5L V12を使用しています。今回発表されたAventadorSVは、そこからさらにエンジンを煮詰め、50psアップしたモデルだ。


アヴェンタドールLP750-4 SV.jpg


その最高出力700ps/8,250rpmから750ps/8,400rpmに引き上げられており、最大トルクは変わらず690Nm(70.4kgm)/5,500rpmを発揮します。また、0-100km/h加速はアヴェンタドールより0.1秒速い2.8秒、最高速度は350km/hという性能を誇ります。


こちらの映像見てください!300km近くのスピードで運転すごすぎる!!



そして、カーボンファイバーもボディに多用することで乾燥重量を50kg軽量化することに成功しています。新しいドア・スキンや軽くなったカーボンファイバー・パネルを始め、インテリアの表皮をも簡素化したことにより最終的な乾燥重量は1525kgに軽量化。


リアに与えられた神社の鳥居のようなウイングは、かなりのダウンフォースを生み出し、ダイナミック・ステアリングとともに、磁気粘性ダンパーも標準装備。車速や転舵の加速度によって制御ロジックが切り替わる仕組みだ。


もちろんインテリアにもかなりこだわっています。Lamborghiniが開発した新素材であるカーボンスキンを量産モデルとして初めて採用しています。現存する素材の中で最も軽量かつ柔軟、そして耐摩耗性に優れるファイバー織物素材であり、SVではルーフ内張りやコクピットまわりのパーツにあしらわれています。計器類も一新され、TFT液晶のインストルメントパネルはイエローをベースカラーに、ライトブルーの回転計を設置しています。下部にはレーシングカーに似たデザインのGフォースインジケーターが配置されています。


アヴェンタドールLP750-4SV.jpg


たくさんのモデルがあるが、ランボルギーニが作る、現時点で最高のモデルである。しかも大差をつけて、最高で最強のモデルであるのは間違いない。


そういえば最近ニュースで「スーパーカーなら取り締まりを受けないと思った」というコメントで世間を騒がせている辰巳会やド派手にカスタムする諸星一家が日本のランボルギーニ愛好家(暴走族)で有名ですよね。


アヴェンタドール ハンドル.jpg


価格 £321,743(6,053万円)
最高速度 349km/h
0-100km/h加速 2.8秒
燃費 6.3km/ℓ
CO2排出量 370g/km
乾燥重量 1525kg
エンジン V型12気筒6498cc
最高出力 750ps/8400rpm
最大トルク 70.4kg-m/5500rpm
ギアボックス 7速オートメイテド・マニュアル


アヴェンタドールSV リア.jpg


6000万円は高い印象だが、これほどの性能が欲しい方には実は、バーゲンプライスなのだ!もしSV以外で、SVと同等のスーパーカーを買おうとしたら、もっと多額のお金を支払う必要があるでしょうね。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 14:06 | Comment(0) | Lamborghini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

ウラカンを凌ぐハイパースポーツカー!?

どうも、今回はワイルドスピードでも登場したライカン!


そのランボルギーニ『ウラカン』のハイパフォーマンスモデルについてまず説明しますね。


image.jpg





「ガヤルド」の後継モデル、「ウラカンLP610−4」車名は、スペイン・アリカンテで活躍した闘牛ウラカンに由来。最高出力610馬力、最大トルク560Nmを発揮する新開発の5.2リッターV10エンジンを搭載し、0−100キロまでの加速は3.2秒、最高速度は325キロに及ぶ。


ボディー構造にはアルミニウムとカーボン素材を組み合わせたハイブリッドシャシーを採用し、乾燥重量は1422キロまで抑えた。


外観も一新。ランボルギーニらしいフォルムは維持しつつ、フロントからリアまでつながった一本の流線や、六角形のサイドウィンドウなど独創的なデザインに仕上がっている。


価格は2970万円。


「ウラカン」のエクステリアデザインは、直線的だった「ガヤルド」のラインとは対照的に、ボリューム感のある曲面で構成されており、折り紙に着想を得たという「美しい折り目」のラインによるダイナミックな造形が特徴。「ガヤルド」から一新されたデザインでありながら、ひと目でランボルギーニのモデルとわかる存在感を放っている。


5.2リットルのV10エンジンは、新規搭載のダイレクトインジェクションにより、610hpという最高出力を発揮しながら低燃費を実現した。


7速デュアルクラッチ・ギアボックス「ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ」との組み合わせで、レーシングカー並みの走りを楽しむことができ、同時に日常使用にも最適な特徴を備えている。


0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は325km/hとハイパフォーマンスでありながら、ガソリン消費量は12.5リットル/100kmにすぎないというまさかの低燃費。笑


ボディはカーボンとアルミのハイブリッド構造による軽量設計で、「ウラカン」の乾燥重量はわずか1,422kg。インテリアも、こうした先進的なパフォーマンスにふさわしく、革新的な装備を採用する。


インストルメント・パネルは12.3インチの大型ディスプレイとなっており、ドライバーが自由に表示内容を変更できる。内装はナッパレザーとアルカンターラが多用され、そのカラーコンビネーションは多彩なオプションから自由にカスタマイズできる。


ランボルギーニ・ジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏は、「ウラカン」について、「日本の公式デビュー前から大変な好評をいただいております。この新しいスーパー・スポーツカーは、さらに多くの方々を魅了するでしょう」と語っている。


そんなウラカンの進化?した姿の試作車が目撃された。


「スーパーレジェーラ」もしくは「SV」と思わしきプロトタイプをスクープした模様だ。目撃した試作車はノーマルモデルより大きなブレーキを装着。車高が若干高く、リア中央にはノーマルのウラカンにはないエキゾーストを備えている。





ウラカン.jpg


パワートレインは5.2リットルV10エンジンをアップデートし、よりハイパワーを発揮するもようだ。ワールドプレミアは2016年3月のジュネーブモーターショーが有力視されている。


ライバル社で有名なフェラーリ488GTBも2016年予定です。



ランボルギーニはどこまで凄い高性能車をつくるのだろうか。来年のジュネーブショーが楽しみですね。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | Lamborghini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。