2016年05月07日

86からシューティングブレーク登場!?

トヨタ自動車の豪州法人、トヨタオーストラリアは5月6日、シドニーにおいて、『86シューティングブレークコンセプト』を初公開したので配信します。


86 シューティングブレイク.jpg


『86シューティングブレークコンセプト』


「シューティングブレーク」は、クーペの美しさとステーションワゴンの実用性を、1台に融合したもの。そんなシューティングブレイクを2ドアクーペのトヨタ86をベースに、ワンオフモデルで完成させた。


開発は、トヨタオーストラリアの商品デザイン部門が担当。トヨタのグローバルスポーツカー部門の主導の下、日本国内で手作業により製作された。ってことはMade in Japanですねwww





トヨタオーストラリアは2014年11月、4分の1スケールのクレイモデルを製作し、86のチーフエンジニア、多田哲哉氏に披露。多田氏は、このクレイモデルに感銘を受け、プロジェクトをサポートすることを決めたという。


5月6日、シドニーでの86シューティングブレークコンセプトの初公開の場には、多田氏も出席。同氏は、市販計画はないとしながらも、「このコンセプトカーは、ファン・トゥ・ドライブな車に対するトヨタの情熱を示すもの」とコメントしている。


86シューティングブレーク リア.jpg


クーペモデルより39キロ重くなっているそうですが、やはりデザインレベルはメルセデスベンツのCLSやCLAとは全然違いますね。正直86がファミリーカーになっちゃった感じがします...

86 シューティングブレーク リア.jpg



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。