2016年04月16日

100km3.8秒のM4GTSが700台のみ!

BMWジャパンは、BMWの高性能モデル『M4クーペ』に特別限定車「M4 GTS」を設定し、日本にて限定30台で発売すると発表したので配信します。


日本にたった30台ならかなりレア物になりそうですね!


M4 GTS.jpg


M4 GTSは、高性能スポーツカー『M3』の生誕30周年を記念して導入する全世界700台の限定モデル。BMW M社のモータースポーツテクノロジーを集約し、BMW M4クーペのポテンシャルを高めた公道走行可能なレース仕様モデルだ。


パワーユニットは、3リットル直列6気筒直噴ターボエンジンをベースに、ウォーターインジェクションシステムを組み合わせ、最高出力は69psアップの500ps、最大トルクは50Nmアップの600Nmを実現。0-100km/h加速は、BMW量産モデル最速の3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)、ニュルブルクリンク北コースを7分28秒で駆けぬける、圧倒的なパフォーマンスを誇る。


M4 GTS リア.jpg


やはり今回も3.0ℓツイン・ターボ・ストレート6がベースになりましたね。これに与えられたウィーター・インジェクション・システムで最高出力が500psで最大トルクは61.1kg-mとなるとすごいパワーだ!!


このシステムは高回転域とスロットルにもっとも負荷がかかった時にインテーク・プレナムに蒸気を噴射するこれは、エンジンがオーバーヒートするリスクを抑えつつ、ブースト圧を高めるというシステムである。


明らかにサーキット走行を(合法的に)見据えているのだけに、0-100km/hタイムはM6コンペティション・パッケージへあと0.1秒のところまで迫っている。


M4 GTS エンジン.jpg


エクステリアでは、CFRP製の角度調整式リヤウィングやリヤディフューザー、フロントスプリッターなどを専用装備。サーキットにおける高いパフォーマンスを印象づけるとともに、効果的なエアロダイナミクスを実現している。







ウィングやフロントスプリッターなどすごいレーシングなエクステリアになってますね!


インテリアは後部座席が取り外され、ドアカードやトランスミッション・トンネル、リア・バルクヘッドもCFRPにスワップされている。


M4 GTS 内装.jpg


ポルシェ911 GT3 RSと比べると、さすがに色合いが異なるが、グリップ・レベル、コーナリング・バランス、ハンドリングの正確性、アジャスタビリティ、フィードバックの多さはM4 GTSも負けていない。


M4 GTS 横.jpg


自然吸気エンジンと比べるとドラマに欠けるものの、日産GT-R NISMOやポルシェ911ターボSなどの同価格帯のライバルに比べると熱意あるサウンドだ。


気になる価格はBMW i8並の価格設定の1950万円で、納車は2016年7月からを予定だそうだ。


M4 GTS エンジン.jpg



posted by 335iオーナー at 16:00 | Comment(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。