2016年03月13日

Cクラスにオープンカー?C43カブリオレ!!

ドイツの高級車Mercedes-Benzから現行Cクラスの4番目のボディ・バリエーションとなるコンバーチブルが登場したので配信します。


C カブリオレ.jpg


かつての「CLK カブリオレ」以来、久しぶりにコンパクト・セグメントに復活したコンバーティブルとなる。
156psのC180 Cabriolet から367psのAMG C43 4MATIC Cabriolet まで設定されるので1グレードのみではないことがわかる。また、トップモデルとなるC63カブリオレも計画されているのでとても気になります。





メルセデスベンツの動画を見てください、フルオートの電動開閉式ソフトトップは20秒で開閉し、車速が50km/h以下であれば走行中でも開閉可能。トランク容量は通常時が360リッター、オープン時は285リッターとなっている。







トランスミッションは6速MTの他、全てのエンジンに9速ATの9Gトロニックが用意される。


C43 4MATICの搭載エンジンは、3リッターV6ツインターボユニット。最高出力367hp、最大トルク520Nmを発生し、4輪を駆動する。0−100km/h加速は4.8秒と公表される。これはライバル車となるBMW「435i カブリオレ」の5.5秒を大幅に凌ぎ、アウディ「S5 カブリオレ」の5.3秒よりも速い。最高速度は250km/hでリミッターが作動する。


C カブリオレ 黒赤.jpg


内外装は、AMGらしいスポーティな演出。足回りは、ブレーキやサスペンションなどを強化した。4WDの4MATIC は、AMGのパフォーマンス仕様。ダンパーの減衰力は3段階に切り替えられる。





C カブリオレ 内装.jpg


365日、季節を問わず、快適なオープン走行の実現を重視しているそうなのだ。ただルーフがソフトトップなのが個人的に残念です。ソフトトップの色は、ブラック。オプションで、ダークブラウン、ダークブルー、ダークレッドが選択可能。ルーフを閉じると、ハードトップの「Cクラス クーペ」より全高が4mm高く、ソフトトップの構造は、新型『Sクラス カブリオレ』と共通で、優れた静粛性や耐候性を持つ。


Cカブリオレ リア.jpg


欧州では2016年夏に発売される予定だ。個人的にBMW 335iの乗り換え時にかなり欲しい一台です。



posted by 335iオーナー at 15:00 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。