2016年02月21日

キングオブメルセデスGL550 4MATIC!

世界のプレミアムSUVをリードするMercedes-Benz GLクラスについて配信します。


GL カスタム.jpg


最上のステータスを求める方にこそふさわしい、ファーストクラスのクオリティで、さらなる洗練を手に入れた迫力のフォルム。ラグジュアリーを極めた広大な室内空間。そして、あらゆる道を思いのままに快適に走破する、頂点にふさわしい走行性能。


新モデルとして、パワーと環境性能を高い次元で両立したGL350 ブルーテック 4MATICを右ハンドル仕様でラインアップ。


全長はなんと5mを超える5145mm。全高は1850mm。全幅にいたっては2メートルに届かんとする1980mmもある巨体だ。重量は2540kgだが、「GL550」にはオプションの「ON&OFF ROADパッケージ」が装着されていたので50kg増の2590kg。定員は、3列シートの7人乗り。


GL550.jpg


搭載しているエンジンはセダンのS550と共通する4.7リッターV8ツインターボ。ガソリン直噴で、アイドリングストップする最新型だ。とても2.6トン近くもある大きなクルマとは思えないほどの加速力があるのでスムーズに動かせるのが魅力だ!


0-100km/h加速をたった5.4秒!!


しかも新型GLクラスの走行モードは、「Auto」「Comfort」「Sport」の3つがあり、悪路を走行する時のために車高を75mm上げることもできる。まるでエアサスじゃないか...









GL550 4MATICは本格的なオフロード4WDシステムを備えている。


ライバルとなる砂漠のロールスロイスとも言われる、ランドローバー「レンジローバー」との違いはいくつかあるが、大きなものではGL550 4MATICは3列目のシートを備えていることだろう。


GL内装.jpg


しかも、標準のスペックに加えて、さらにオフロード踏破性を向上させる「オン&オフロードパッケージ」なるオプションが設定されている事だ。ランドローバー車の「テレインレスポンス」などと同様、各種の電子制御系のプログラミングを路面の変化に対応して1タッチでチョイスできる6種のドライビングモードや、滑りやすい路面でのハンドリング性能向上に貢献するという、アクティブスタビライザーなどからなるこのオプション装備によって、GLクラスはそのルックスからは想像できないタフなオフローダーへと変身してくれるのだ。


「ON&OFFROADパッケージ」にあって「テレインレスポンス」にないのは「Trailer」モードだ。トレーラーを牽引する時のモードだが、日本国内ではメルセデス・ベンツ日本がトレーラーヒッチをアクセサリーとして販売していないために「使用することができません」とカタログに書いてあるのは残念だ。


GL リア.jpg


価格は1250万円とさすがはキングオブメルセデスSUVである!



posted by 335iオーナー at 21:22 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。