2015年10月29日

F430スクーデリアは女受け悪いスーパーカーwww

Ferrariの中でも人気のシリーズのFerrari 430とFerrari 430 Scuderiaの違いについて配信します。


F430とスクーデリア.jpg


E-Diffやマネッティーノなど、現行のFerrari 488GTBにも引き継がれる走行安定性を高めるデバイスを初めて採用した8気筒モデルがFerrari F430系である。そして「430スクーデリア」は「F430」をベースに、よりスポーツドライビングを好むオーナー様のために製作されました。


その名前が示すとおり、430スクーデリアにはF1チームのスクーデリア・フェラーリが培った技術が各所にちりばめられるうえ、“皇帝”ことミハエル・シューマッハーがその開発に深く関わったことが興味をそそる。


近年のモデルというイメージがあるが、日本に導入されたのは2005年からで、初期モデルはなんとすでに10年も経過しているのだ。


Ferrari F430にはステアリング上で走行モードを切り替えられるF1マシン譲りのマネッティーノを備え、走行状況に合わせ左右の駆動力配分をコントロールするE-Diffは、高い操縦安定性を実現した。このほかより変速時間を短縮したF1ギアボックスやブレーキにはCCM(カーボン・セラミック・マテリアル)を採用し、現在でも色褪せぬパフォーマンスを発揮する。


スクーデリア.jpg


エクステリアでスクーデリアと違うのは車高が16mm低くなったことと車両重量が200Kg軽くなったことです。


また、「430スクーデリア」のスタイリングは、エアロダイナミクス(空力特性)を改善しています。具体的には、新たに設計されたリアディフューザーの空力性能、デザインを改良したリヤエンジンカバーのスポイラー、リヤホイールアーチ部の圧力低減です。


これらによって、ダウンフォース量の増加、空気抵抗の軽減という2つの効果があります。


「430スクーデリア」のシートは、レーシングバケットシートを装備で、内装に関しては、カーボンパーツをふんだんに使っています。ドアパネル、センターコンソール、ドアミラー、エンジンルームの捕機類のカバー、エアーインテーク、ラジエターリザーブタンク、etc..


そして、インテリアの遮音材やカーペットは排除し、フレーム、鉄板むき出しの状態です。バリバリのレーシングタイプですので普通に乗るなら、F430でも充分な性能ではありますw


振動もそれなりのものとなるのでレーシングマシンと考えた方が良く、非日常を味わう特別なフェラーリと考えた方が良さそうだ。何よりも女の子受け悪そうという声があがっているwww


馬力は「430スクーデリア」が「F430」よりも20psアップの510psのV8エンジン!!






「430スクーデリア」のギヤボックスには60msでシフトチェンジできるF1スーパーファスト、F1-TracやE-Diffを組み合わせた新型のトラクション・コントロール、そして状況に合った走行モードを選択することができるレーシングマネッティーノ などが搭載されています。


最も特徴的なボディの中心に2本の線があるだけではないということがおわかりいただけたでしょうか?笑


F430 スクーデリア リア.jpg


現在、Ferrari 430 Scuderiaの中古車価格は2500~3000万円もする人気っぷりだ!



posted by 335iオーナー at 11:56 | Comment(0) | Ferrari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。