2015年10月15日

VW排ガス規制問題がディカプリオ主演で映画化!

ロンドン(CNNMoney) 独フォルクスワーゲン(VW)による排ガス規制逃れ問題に関連し、米人気俳優レオナルド・ディカプリオさんが率いる製作会社がこの問題の映画化を計画していることが14日までに分かった。


最新のフォルクスワーゲンの問題の映画をレオナルド・ディカプリオが主演なんてこれはすごいたのしみですね〜!!


leonardo-dicaprio.jpg


これはアメリカの雑誌「ハリウッド・リポーター」が13日までに伝えたものです。それによりますと、アメリカの映画会社「パラマウント・ピクチャーズ」と、俳優のディカプリオさんの映画製作会社が、フォルクスワーゲンが排ガス規制を逃れるため、ディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題について取り上げた書籍を映画化する権利を取得したということです。


映画は米紙ニューヨーク・タイムズのジャック・エウィング記者が執筆予定の本が原作となる。エウェイング氏は不正が発覚して以来VW問題を追い続けており、2016年末までに執筆を完了するとしている。エウィング氏はCNNMoneyに対し、アピアンウェイが映画化の権利を獲得したことを明らかにした。


エウィング氏の代理人によると、原作の本では、「より多く、より良く、より早く」の文化が「企業史で最大の不正」を招いた経緯に焦点を当てる予定。映画のプロデューサーにはディカプリオさん自身が就くという。


代理人はまた、アピアンウェイが米映画大手パラマウント・ピクチャーズと組む見通しであることも明らかにした。ディカプリオさんは以前にもパラマウントと組んだことがあり、同社が配給した映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」では主演を務めた。


映画の監督や配役は明らかになっていませんが、映画化に際しては、ディカプリオさんがプロデューサーを務めることが検討されているということです。ディカプリオさんは1998年に、生物の保護や気候変動の緩和などの取り組みを支援する財団を設立して、環境保護団体への寄付を行ってきたほか、国連の特使にも任命され、温暖化対策を急ぐよう呼びかけるなど、環境問題に熱心に取り組んできたことで知られています。


環境問題にすごい熱心な方なんで驚きの声もたくさん上がっているそうです!






VWをめぐっては先月、ディーゼル車の排ガス試験で排出量を偽っていたことが発覚。同社は世界で1100万台の車両が影響を受けた可能性を認め、マルティン・ウィンターコルン最高経営責任者(CEO)が辞任した。
ディカプリオさんは長年、環境問題を訴える活動を続けており、先月には、化石燃料からの脱却を目指す投資家団体「ダイベスト・インベスト」に加わっていたそうだ。



posted by 335iオーナー at 01:03 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。