2015年09月08日

最高級のSクラスに4シーターカブリオレ登場!

MercedesBenz AMGは9月2日、『Mercedes AMG S63 4MATIC Cabriolet』の概要をとうとう明らかにした。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。


S カブリオレ.jpg


『Mercedes AMG S63 4MATIC Cabriolet』


「Eクラス カブリオレ」の上位に位置するSクラス カブリオレは、同社によれば「1971年以来初となる、4シーターの超高級カブリオレ」だそうだ。


メルセデス・ベンツは、高級車市場でベントレー「コンチネンタルGT」、アストンマーティン「DB9 ヴォランテ」、マセラティ「グランカブリオ」、そして今後発売予定のロールス・ロイス「ドーン(Dawn)」との戦いに打ち勝つべく、「Sクラス」のセダンとクーペに加え、新たに「Sクラス カブリオレ」を投入するのだ。


これはなかなか面白い戦いなりそうですね!!


豪華なキャンバスルーフの幌は走行中のノイズを低減する最適な設計をされていて、60q/h以下の速度なら走行中にトップを開閉することができ、時間は20秒とかからないそうだ。


最高のパフォーマンス性能


メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレの凄みはやはりエンジンだ。「V8 BITURBO」と呼ばれる大排気量の5461ccの直噴V型8気筒ツインターボエンジンは、新型『Sクラスクーペ』ベースの『メルセデスAMG S63クーペ』と共通のユニット。最大出力は585hp/5500rpm、最大トルクは91.8kgm/2250-3750rpmを引き出す。


今流行のダウンサイジングターボではなく、Sクラスクーペと同じ大排気量のツインターボエンジンはさすがAMGですね!




S カブリオレ 内装.jpg


トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトMCT 7。駆動方式は、4WDの4マチック。メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレは、車両重量が2トン以上あるが、0‐100km/h加速3.9秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の優れたパフォーマンスを実現する。


このカブリオレの重量で、この速さはぜひ乗ってみたいですね。私の愛車の「BMW 335i カブリオレ」とは比べものにならないパフォーマンス性能ですw


Sクラス カブリオレには数々の新機能も採用


ヘッドレストから暖気を吹き出すことで首元を暖める「エアスカーフ」機能が標準装備され、さらに12個のセンサーと18個のアクチュエータによって車両の空調システムを自動制御する「サーモトロニック」も搭載された。これらのセンサーは、室内および外気温度の計測、太陽放射レベルの検出、大気質や露点の測定などを行うという。なんとSクラスにはフロントガラスの曇りを防止するための露点センサーまで付いているのだ。


S カブリオレ.jpg


はたして値段はいくらになるのだろうか?



posted by 335iオーナー at 18:00 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。