2015年09月08日

新型911カレラより水平対向ターボで登場!

Porsche Carrera911がターボエンジンを積んで登場したので配信します。


ポルシェ ジャパン株式会社は、"次世代911"として新たに登場する「911Carrera」、「911Carrera Cabriolet」、「911Carrera S」、「911Carrera S Cabriolet」の予約受注を、9月11日より全国のPORSCHE正規販売店にて開始すると発表した。


911カレラS.jpg


911カレラ カブリオレ.jpg


ポルシェの主力車種が、『911』シリーズ。今回発表されたのは、現行911シリーズ(991型)にとって、初の大幅改良車。『911ターボ』や『911GT3』など、複数のモデルを擁する911シリーズだが、まずは、ベースモデルの「911カレラ」と『911カレラS』から、改良新型モデルが登場したのだ。


このエグゾーストがたまりませんね!!











今回から「革新的な水平対向ターボエンジン」、「パフォーマンスと快適性が際立つ進化したシャシー」、「新しいインフォテイメントシステム」などが開発されたという。


Ferrari 488GTB」のように、スーパーカーのダウンサイジング&ターボチャージャー搭載が流行っていますね!最近ジュネーブショーで発表された「Audi R8」はそれに負けず自然吸気のV10エンジンである。


これまでの自然吸気エンジンに替わり、完全に新世代となったツインターボエンジンは、ポルシェによれば「911カレラの感動的なドライビングプレジャーを、さらに強烈な体験へと引き上げる」という。


911カレラのリアに搭載された水冷水平対向6気筒エンジンは、3.0リッターの排気量から最高出力370PS(272kW)を発生。


高性能版の911カレラSでは、同じ排気量ながら、改良されたコンプレッサーを備えるターボチャージャーや、専用のエグゾーストシステム、エンジン・マネージメントシステムのチューニングにより、さらに強力な420PS(309kW)を発揮する。いずれも先代モデル比で20PS(15kW)のパワーアップを実現した。


新型911カレラは「日常での快適性とサーキットでのパフォーマンスが、より際立って」いるそうだ。


911カレラ.jpg


911カレラ用が、最大出力370hp、最大トルク45.9kgm、911カレラS用が最大出力420hp、最大トルク51kgm。動力性能はPDKの「スポーツクロノパッケージ」の場合、911カレラが0‐100km/h加速4.2秒、最高速295km/h、911カレラSが0‐100km/h加速3.9秒、最高速308km/hと公表されている。


また、燃費も向上させ、911 カレラのPDK仕様車は、新欧州サイクル(NEDC)による計測で7.4L/100km(およそ13.5km/L)、911 カレラ SのPDK仕様車では7.7L/100km(およそ13.0km/L)を実現した。


スーパーカーも燃費の良い時代になってきてますねw


外観での変更点は、4灯式ウエルカムホームライトを備える新型ヘッドライトを採用。リセスカバーのないドアハンドル、縦のスリットを備えるエンジンフード、 そして特徴的な4灯式ブレーキライトを含む新しいテールライトなど多くのリファインが施されている。


911 karera .jpg


インテリアでは、新たにマルチタッチディスプレイ付ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステムを標準装備。 機能を大幅に拡大するとともに、優れた操作性を実現する。


どんだけ名前の長い機能なんだよってなりますねwww



posted by 335iオーナー at 11:48 | Comment(0) | Porsche | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。