2015年08月29日

A8やS8を凌駕する「S8 Plus」登場!

アウディは8月5日、同社のフラグシップ4ドアセダン「A8」シリーズに、「S8」を超えるパフォーマンスを与えたスポーツモデル、「S8 Plus」を発表したので配信します。


S8.jpg


2013年にマイナーチェンジを受け、昨年春、日本にも導入されたアウディのフラグシップ4ドアセダン「A8」に、今回ニューモデルが追加された。これまでのラインナップでもスポーツ性能を高めた「S8」が設定さえていたが、アウディが今宵発表した「S8 プラス」は、さらにその上をいくハイパフォーマンス指向のモデルだ。


「プラス」という名称では、アウディとその高性能車部門であるクワトロGmbHが、究極の「A8」セダンを作ろうとしたことが表せていない。


早速見てみよう!





S8とS8 Plusを徹底比較


最新のS8は、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの「4.0TFSI」エンジンを搭載。最大出力520hp、最大トルク66.3kgmを引き出す。トランスミッションは、8速ティプトロニック。0-100km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)性能を備える。


S8 プラスでは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの4.0TFSIをパワーアップ。最大出力は605hp、最大トルクは71.4kgmを獲得する。この数値は、ベース車両のS8に対して、85hp、5.1kgmの強化にあたる。


さらに、オーバーブーストモードでは、最大トルクが76.5kgmに向上。パワーアップの効果で、S8 プラスの動力性能は、0-100km/h加速3.8秒、最高速305km/h(オプションのリミッター解除時)と、スーパーカーの領域に足を踏み入れる。


これよりも馬力があるのは、4気筒多く、排気量も2リッター大きなエンジンを積んだ「メルセデスAMG S65」だけだ。最大トルクは5.1kgm増えて71.4kgmとなり、オーバーブーストモードでは76.5kgmにまで引き上げられる。「メルセデスAMG S63」を除けば、8気筒エンジンを搭載するパフォーマンス・セダンとして最高の性能だろう。


内外装も、特別仕立て。専用デザインのトランクスポイラー、グロスブラックグリル、ドイツではマトリックスLEDヘッドライトが標準。室内は、赤いステッチ入りのブラックレザー、ピアノブラックパネル、ステンレスペダルなどが装備されている。


S8 内装.jpg


9月のフランクフルトモーターショーでのワールドプレミアが予定されている「アウディS8プラス」、今のところ日本での販売についてアナウンスはありませんが、海外での販売価格は14万5200ユーロ、日本円にして約1978万円となっており、ライバルとしてはV8エンジン搭載のメルセデスAMG S63あたりになるのではないかと考えられます。


S8 naisou .jpg


ライバルは1.5L大きいエンジンを積む、メルセデスAMG「S63」


S63の出力は585ps/89.1kgmなので、最高出力で勝利し、最大トルクで譲ることに…


対抗心むき出しのアウディに、これから比較が盛り上がっていきそうだけど、スポーツモデルで重要な速さでどちらに軍配が上がるかな ?


ライバル2台が並んだ姿は、かなりの迫力になりそうですね!


残念ながらメルセデスAMG「S65」には敵わない…




S8リア.jpg


ついでに言うと、過給器付きのV8エンジンを積んだジャガー「XJR」やマセラティ「クアトロポルテ」、新型の登場が噂されているBMW「アルピナB7」にも勝ち目はないw



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。