2015年08月09日

全損状態のF12ベルリネッタが格安で販売!?

ミッドフロントにエンジンを搭載する究極のスポーツカー「F12ベルリネッタ」と言われているスーパーカーについて配信。

f12.jpg


F12berlinettaは、『599』の後継モデルとして登場。


フロントミッドシップに積まれるのは、『FF』用の6262ccのV型12気筒ガソリンエンジンの強化版で、最大出力は80psプラスの740ps、最大トルクは0.8kgmプラスの70.4kgmを引き出す。


パワフルなV12エンジンを得たF12berlinettaは、0-100km/h加速3.1秒、最高速340km/hオーバーという世界屈指のパフォーマンスを実現。0-100km/h加速のオフィシャルタイムは、3.1秒なのだが、実際に乗ってみると0.3秒だと言ってもいいくらいとてつもなく速く感じるそうだ。


日本での新車価格は3730万円!


こちらの動画を見てください!





「F12 ベルリネッタ」のパフォーマンスに合わせて開発された7速 F1デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせる。


フェラーリがこれまでに発表したモデルの中でも最もパワフルでハイパフォーマンスを誇り、メカニック、燃焼面、そして流体力学的にも効率性に優れたエンジンと、妥協のないレイアウトや進化したコンポーネンツ、電子制御との相乗効果が寄与し、一般道でもサーキットでも卓越したドライビング性能を発揮する。


ホイールベースは短縮され、エンジン高やダッシュボード、シート高を低く配置する一方、リア・サスペンションとギアボックスにレイアウトを採用。


アルミニウム素材と設計に定評のあるスカリエッティが自動車部品分野では初めて用いられるものを含む12種の合金を採用し、接合、組み立て法を取り入れ、スペースフレーム・シャシーとボディをデザイン。


ちなみに左ハンドルのみの設定。


ワイスピで話題になったランボルギーニはこちら!
http://monkeysystems.seesaa.net/article/418847476.html



話題の全損フェラーリ


f12 横.jpg


そんなイタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ伝統の12気筒クーペ、『F12 ベルリネッタ』のほぼ全損車両が売りに出され、現在話題になっている。


ドイツの自動車サイト、『mobile.de』はF12 ベルリネッタの事故車を、公式サイトを通じて販売中。このF12 ベルリネッタは、大きな事故に遭い、フロントウインドスクリーンをはじめ、ルーフの半分、左フロントフェンダーなどがない状態。


エンジンはかろうじて残っているものの、シャシーにも重大な損傷がある。ほぼ全損状態のF12 ベルリネッタ、7万6999ユーロ(約1050万円)で販売中。


f12 事故車.jpg


これをいったいだれが買うのやら?わら

やはりこんな時のために自動車保険に入っておくべきですよね。





posted by 335iオーナー at 16:47 | Comment(0) | Ferrari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。