2015年07月11日

トヨタ中古車相場高騰?人気のランクル200!

現在なかなか値落ちしない、むしろ高騰してる自動車を紹介します。


「今、値落ちしにくい車は?」


一部のトヨタ車と言われています。具体的にはハイエースやアルファード、ヴェルファイアプリウス、そして今回取り上げるランドクルーザー200です。


ランドクルーザー200 .jpg


ランドクルーザー200は世界100ヵ国以上で愛される本格派高級クロカンで、本当の意味での“僻地”でも大活躍しています。


最近の車がモノコックボディを採用する中、ランドクルーザー200はボディが割れる恐れがあるとしてラダーフレームにあえてこだわってる。つまり、それほどの悪路での走行も想定されているんです。


2007年のデビュー当時、グレード構成はシンプルで「AX」「AX“Gセレクション”」の2つでした。


最近は5人乗りグレードの「GX」(GX以外は8人乗り)、そして4-Wheel AHC&AVSを採用した高級仕様の「ZX」もラインナップに加わっています。


気になる発売から8年後の中古車相場


2015年7月6日現在の新車時価格体は約453万〜約653万円。一方、カーセンサー掲載物件の平均車両相場を見ると、約650万円…。


こちらから無料査定してみてはいかがですか?





デビューから8年が経って、この中古車相場ですよ?(笑)しかも、直近3ヵ月の中古車相場は、なんと上昇傾向にあります。繰り返しになりますが、デビューから約8年が経過してコレは中古車市場における人気を物語っています。


ランドクルーザー200 内装.jpg


掲載物件を眺めてみると、日本未導入のディーゼルモデルや登録済未使用車、新車時登録から間もなくカスタマイズされたモノなど新車時価格(オプション無し)を上回る700万円オーバーの個体がゴロゴロしていて、中古車相場を引き上げていることが分かります。


逆に、安価な物件を検索してみると、車両価格398万円から探せます。


お探しの中古車見積もりはこちら!





ここからも、中古車としての値落ちがごくわずかであることが容易に見てとれます。しかしそれでも中古車としてオススメできる1台です。たしかに一般的な中古車よりも販売価格において割安感に乏しいかもしれません。


少しでも高値の無料査定はカーセンサー!





しかし現状、高値のリセールバリューが期待できますし、保有期間中の下落もわずかで済むと推測できます。


ランドクルーザー200のオフロードでの走りについて


ランドクルーザー200.jpg


ランドクルーザー200のオフロード性能は非常に優れており、全車に標準装備されるクロールコントロール、AX“Gセレクション”に搭載される「KDSS」と呼ばれるスタビライザーが凄いんです。


本当に日本で使うユーザーに必要か否かは正直未知数ですが、ランドクルーザー200の本物志向こそが「高級」だと思います。


ランドクルーザー200のオンロードでの走りについて


ヌルーっと、ジワーっと加速する様や、路面のいなし方は、まるでロールスロイス ファントムのようなんです。NVH対策もトヨタの高級車らしく万全で、驚くほど静かでスムーズです。


昨今の高級SUVがワインディングロードでもスポーツカー然とした走りをする中、ランドクルーザー200は素直なボディロールをしながらも踏ん張ります。そういう意味では、もはや“唯我独尊”の道を突っ走っているのかもしれません。


現在では、レクサスからLX570というモデルでリリースされていますが、こちらも大変人気だ!

ランドクルーザー200 リア.jpg


中古の輸入SUVをお考えの方は、ぜひ比較検討していただきたい次第です。



posted by 335iオーナー at 17:28 | Comment(0) | TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。