2015年07月10日

AMG S63/65 ロングの極上の空間!

メルセデスベンツのSクラスの中でも最強のAMG S63/S65 ロングについて配信します。


モータースポーツの世界で培った技術を余すところなく投入した、妥協のないハイパフォーマンスモデル、Sクラス Mercedes-AMGは、レーシングテクノロジーを彷彿とさせる迫力のAMGスタイリングが生む、研ぎ澄まされたスポーティネスをまとう。


s65amg .jpg


革新のサスペンション技術マジックボディコントロールを与えられたMercedes-AMG S 65 ロングは、圧倒的なハイパフォーマンスとともに想像を超える快適性でも他を大きく凌駕する。


さらに、Mercedes-AMG S 63 4MATIC ロングは、AMG専用四輪駆動システムのトラクション効果によって、スポーツカーとも肩を並べる0-100km/h加速4秒を達成。


このビッグボディから放たれるこのスピード!


驚異的な加速と絶大な安定性を両立しながら、前33:後67というパフォーマンス志向のトルク配分によるハンドリングが、新次元のドライビングパフォーマンスを実現する。





環境性能とさらなるハイパワーを両立


5.5ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン。


ツインターボチャージャー、大型インタークーラー、常に理想的な吸排気を行う電子制御可変吸気バルブタイミングと高効率な燃料噴射を実現するピエゾインジェクター、軽量化を図ったアルミ製クランクケースなど、数々の革新技術を搭載。


最高出力430kW(585PS)/5,500rpm、最大トルク900N・m(91.8kg・m)/2,250〜3,750rpmを達成しました。さらに、先進のエンジンマネジメントシステムや、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)などにより大幅な低燃費性も実現し、欧州排ガス規制EU6もクリア。


ハイパフォーマンスと環境適応性を高いレベルで両立しています。


ライバル車でもある、BMW 7 SeriesAUDI A8とぜひ比較してみては?




S63 amg .jpg


ボディシェルは軽量高強度の高張鋼板を多用しながら、アルミニウム素材を積極的に使用。ホワイトボディだけで旧モデル比約100kgの軽量化を達成!さらに、リチウムイオンバッテリーやカーボン素材なども採用。


高性能セダンとしての新次元のパフォーマンスと環境性能に貢献します。


世界初、前方路面の凹凸を認識するAMGスポーツサスペンション


フロントガラス上部の内側にあるステレオマルチパーパスカメラで前方路面の凹凸を検知する「ロードサーフェススキャン」を世界初搭載。その路面状態に応じてあらかじめサスペンションのスプリングストラットとダンパーのオイル流量を制御。


常にボディをフラットな状態に保ち、かつてない快適性が体感できる革新的な乗り心地を実現しました。


リラックスしたドライビングを愉しめるコンフォートモードと、Mercedes-AMGならではのドライビングダイナミクスを実現するスポーツモードが選択可能です。〈Mercedes-AMG S 63 ロング、Mercedes-AMG S 65 ロングに標準装備〉


切り替えれるエグゾーストサウンド


2つのサウンドが愉しめるエグゾーストフラップ付AMGスポーツエグゾーストシステム。要するにマフラー内のエグゾーストフラップによって、エンジン音を切り替えるエグゾーストシステムである。


トランスミッションがコンフォート志向の“C(Controlled Efficiency)”モードのときはエグゾーストフラップを閉じることで、住宅街や街中はもちろん、長距離クルージングなどにも最適な落ち着いたサウンドを響かせます。


ダイナミックな走りが味わえる“S(Sport)”、“M(Manual)”モードでは、エグゾーストフラップが開き、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時などにMercedes-AMGならではの心ふるわせるエモーショナルなサウンドが堪能できます。


至上の快適に包まれるMercedes-AMGのインテリア


s65 amg 内装.jpg


助手席側後席に装備されるエグゼクティブリアシートは43.5°までリクライニングが可能。さらに、ショーファーポジションメモリー機能がスイッチひとつで助手席側後席に広々としたスペースを実現。


ホットストーン式マッサージを備えたマッサージ機能も装備しました。リアエンターテインメントシステムでは、走行中でも後席片側でTV、もう片側でDVDビデオなどが楽しめます。


マッサージにDVDって快適すぎるでしょ!


S63 amg リアシート.jpg


凄い人気の新型 CLA 45 AMG シューティングブレークはここ
http://monkeysystems.seesaa.net/article/420906884.html



カーボンパッケージも受注生産可能


上質でソリッドな質感がレーシングスピリットを主張するカーボンのフロントリップ、サイドスカートインサート、ドアミラーカバー、リアディフューザー。


Sクラス最高峰のハイパフォーマンスの証、カーボンファイバーエンジンカバー。そして、ドライバーのスポーツマインドを熱く駆り立てるカーボンファイバーインテリアトリム。高い質感とともによりアグレッシブな個性を演出する専用オプションをご用意しているそうだ!


S63 amg カーボン.jpg


なお、AMGの歴史にあらたな“最強”の2文字を刻むこの「S 65 AMG」は、ドイツ本国の金額が19パーセントのVAT(付加価値税)込みで23万2,050ユーロ(およそ3,085万円)とされ、2014年3月からデリバリーを開始した。





posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。