2015年06月20日

LEXUS最上級のLS600hLの豪華内装!

LEXUSの最上級グレードである、LSの460と600h/600hlについて配信します。


今では中古車のタマ数も豊富でよく見かけますね。


LS600h.jpg


エンジンの違い


LS460のV8 4.6L 385psのエンジンに代え、LS600h/LS600hLは、V8 5.0L 394psのエンジンと224psのモーターの組み合わせで、システム最高出力445psを実現。


たとえば5.5秒/0-100kmと6Lに匹敵する動力性能と、10・15モード走行12.2km/Lの3L並みの低燃費を両立。フルタイムAWDはあらゆる路面状況で、安定感ある走行性能を見せる。


エンブレムで違いがわかる。


LS600h/LS600hLのフロントとリアのレクサスエンブレムは深みのある青色。


このブルーは、車名エンブレム、エンジンカバー、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、サイドハイブリッドエンブレム、カードキーや電子キーのマークにも使われる。結構ありますが、エンブレムだけ変えている人もいるのでこれを覚えればすぐに見分けがつきますね。オプションのスカッフプレートイルミネーションも、LS600h/LS600hLのみブルーだ。


炎が高温になるほど赤から青に変わっていくように、本質を極めた先進性を象徴だそうだ。環境に配慮しながら高い動力性能も実現する、といった相反するテーマを高次元で両立することをイメージするものだ。


LS600hl リア.jpg


大人気のヘッドライト


ヘッドランプは3眼のプロジェクターランプが、斜めに重なりながら配置される。光源には世界初のLEDが採用され、長寿命を実現すると共に、存在感ある面構えになっている。


これは人気なカスタムとしてLS460に流用されてますね。


LS460にはないボディカラー


ボディカラーは全10色でLS460の9色に加え、ブラックオパールマイカが用意される。これは漆黒の中に、光を受けると紫が浮かび上がる、深みと透明感のあるLS600h/LS600hL専用色である。


LS460にはないインテリアカラー


インテリアカラーにはLS600h/LS600hL専用色として、ハイコントラストなブラック&メローホワイトが用意される。カナダ、欧州から厳選された木材を使用した、本木目のアシストグリップやシフトノブも専用装備。


LS600 内装.jpg


非常にモダンで都会的な雰囲気ですね。


同じく肩を並べるBMW 7シリーズとメルセデスのSクラスにも引けを取らない豪華さだ!



究極の内装


LS600h"version U・I package"/LS600hLには、本革張りインストルメントパネルが全車に標準装備される。複雑な3次元曲面で構成されたインパネに、シワなくしかも風合いを保ちながら、綺麗に革を張ることは難しい。LS600h"version U・I package"/LS600hLではこれを、従来の2次元の型紙で裁断していた方法ではなく、最初からインパネの型や曲線に合わせて裁断する立体裁断を採用した。


さらにすごいのが、縫製や巻きつけ裁断は手作業!機械では不可能な、複雑で精緻な作り込みを可能にする。ライバルの独高級車ではシボをつけているが、LSではシボもつけず、革本来のものを使用。




LS600hl.jpg


そのため徹底的に管理され、生産から加工までの牛の履歴や特徴も分かるようになっている。このインパネに使われる本革はいつも目に触れるものなので、シートに使われる高級な本革100枚のうちのわずか3枚しか使わないという、さらに厳選されたものなのだ!!


ロングのホイールベースについて


LS460やLS600hは、5030×1875×1475mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2970mm。これに対してLS600hLでは、5150×1875×1475mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース3090mm。ホイールベースとBピラーより後ろを120mm伸ばし、全てを後席スペースのために充てている。


後ろ席に乗る社長さんとかがよくロングの方を好みますね。


まずLS600hLでは、リアシートをセンターコンソールでセパレートした4人乗りが用意される。この“後席セパレートシートpackage”では、マッサージチェアを組み込んだリアシートリラクゼーションシステムや、航空機のファーストクラスのシートを研究しつくしたオットマンやリアパワーシートが装備される。


また、後席の大型コンソールには、エアコンやオーディオのスイッチ、DVDプレーヤーや5Lのクールボックス、格納式テーブルも用意され、最高の寛ぎの空間になっている。


燃費と走りという相反する高い次元での両立


「ノーブレス・オブリージュ(高い地位にある人が負う社会的責任)」


EUの「オート1賞」や世界20カ国の自動車ジャーナリストにより選出される「World Car of the Year Awards 2007」を受賞した!


LSのアドバンスドプリクラッシュセーフティシステムの一歩進んだ安全性への考え方。LS600h/LS600hLは、欧米のライバル車たちとはまた異なる魅力を確実に身につけたといえよう。


あなたの選択はどっち?


LS600hと600hl.jpg


あなたはこれを見た上で、LS460とLS600/600hLどちらが欲しいですか?



posted by 335iオーナー at 18:05 | Comment(0) | LEXUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。