2015年05月17日

LEXUS RC F登場!SC430の2代目

今回はちらほらと見かけるようになってきたレクサスのRCについて配信しますね。


プレミアムスポーツ「RC F」


GS(4代目モデル)のプラットフォームをアレンジしたスポーツクーペであり、レクサスのクーペ専用モデルとしてはSCに続き2車種目となる。


レクサスにはクーペ専用モデルは無かったが、2013年11月、第43回東京モーターショーにおいて新型クーペモデルとしてRCがワールドプレミアされ、翌2014年10月23日に日本においてRC F(USC10型)とともに正式発表および販売開始された。


こちらがそのMovieである。


ガソリン仕様とハイブリッド仕様の2モデルが用意され、ガソリン仕様の「RC350」には3.5L V6の2GR-FSE型エンジンが採用され、ハイブリッド仕様の「RC300h」にはIS300hと同様の2.5L 直4 2AR-FSE型エンジンをコアとするハイブリッドシステムが採用されている。


グレードはガソリン車・ハイブリッド車共に標準仕様、「F SPORT」、「versionL」の3種類が用意される。そのうち、F SPORTにはLFAやIS(3代目モデル)と同様のグラスコックピット「可動式コンビネーションメーター」が採用されている。


RC300h F.jpg


「RC350 F SPORT」はEPS(電動パワーステアリング)とDRS(ダイナミックリアステアリング)を統合制御する「LDH」(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)も採用している。


インテリアでは、光をドアトリムのオーナメントパネル裏側から上方に発光させる「アンビエントイルミネーション」がレクサス車として初採用されている。


RC350の3.5リッターエンジンは筒内噴射とポート噴射を組み合わせた燃料噴射システム「D-4ST」を搭載し、最高出力318ps/6400rpm、最大トルク38.7kgm/4800rpmを得ている。トランスミッションには、最短0.2秒で変速する8段ATを採用している。


RC 350 リア.jpg


RC300hは178ps/6000rpm、22.5kgm/4200-4800rpmの直列4気筒エンジンを143ps、30.6kgmのモーターがサポートする。スポーツ走行を可能にしながら、JC08モードで23.2km/リッターの低燃費を実現した。


もちろん私が一番気になるのがこちらだ!


サーキット走行も可能なプレミアムスポーツ「RC F」。


RCをベースにしながらもエンジン、足まわり、空力パーツなどは専用装備で、「走りを楽しみたい人なら誰でも、運転スキルに関係なく笑顔になれるスポーツカー」をうたっている。


フロントには“F”専用漆黒メッキグリルモールを採用し、バンパー両サイドにオイルクーラー開口部を設けてダブルスピンドルを形成した。


エンジンフード上にはエアアウトレットがあり、速度によって制御されるアクティブリアウイングが備えられている。


室内にはヘッドレスト一体型のハイバックスポーツシートを採用し、メーターはドライブモードに連動して表示が切り替わる専用デザインとした。


エンジンは新型5リッターV8で、477ps/7100rpm、54.0kgm/4800-5600rpmという強大なパワーとトルクを誇る。組み合わされる8段AT は、変速時間が0.1秒にまで短縮されている。


上記のRC Fの画像を見ていただければ分かりますが、リアバンパーがこちらのドイツ車と似ていませんか?


IMG_0723.JPG


BMW専門店のエブリンさんの、この手前のBMW 335i e93
リアエグゾーストの形とそっくりですよね?


縦にマフラー4本出しのこのスタイル!


どちらが先に製造したかはっきりわからないですが、EVO93.1のエナジーコンプリートカーを真似したのでしょうか?


もしそうだったらEVE.RYNさん凄い!w


LEXUS RCの不満点とは?


ただ残念ながらイマドキのクルマとしては考えられないことに、アイドリングストップが付いていません。


もう一つ不満点は、納得のいく自動ブレーキがオプションでも選べないこと。


追突事故や歩行者を感知して自動でブレーキを掛けてくれたり、ドライバーの意識障害の際に一定の安全装置になってくれたりするシステムの装着は、お金に余裕のある人であれば社会に対する義務みたいなものだと思う!


特にレクサスを買えるような所得を持つユーザーは、事故を起こしたら社会的な制裁を受けなければならない。RCにオプション設定されるのは、20km/h前後でしか停止出来ない旧式なのだった。それはトヨタも認識していて鋭意開発をすすめており、今年から新方式の自動ブレーキを全面展開していく予定。


そんな気になるお値段はこちら。


RC350が596万円〜678万円。
RC300hが565万円〜629万円。
RC Fが953万円〜1030万円。


月販目標台数はRCが80台、RC Fが30台だそうです。





この価格帯についてあなたは買いですか?


RC Fが1000万円クラスですよ?


レクサスは中身がトヨタにも関わらず、日本車として考えると飛び抜けて高い。


BMWなどとさほど変わらない価格設定ですね。


RCFは置いといて、例えば、BMW4シリーズは、高い性能を持つ自動ブレーキ付きの2リッター4気筒ターボを搭載する420iで517万円。


RC350と同等の動力性能持つ428iが自動ブレーキ付きで627万円。


安全性の高い4シリーズに2〜3年乗ってからRCを試すのも悪くないんではないでしょうか?


RC F リア.jpg


車名の「RC」


「Radical(=急進的な、先鋭の、面白いの意味)Coupe」に由来。


「350」は3.5Lエンジン、「300」は3.0Lガソリンエンジン並の動力性能を有することを、「h」はハイブリッドカーであることを表す。



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | LEXUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。