2015年04月29日

クワトロ社 スーパーカー級のA7&RS7!

今回は私の好きなアウディが、贅沢で欲張りという噂を嗅ぎつけたので配信していきますね。AUDIの中でもハイパフォーマンスなA7とRS7 スポーツバック特集です!


4枚ドアの持ち主ながら、大きなテールゲートを備えたプロポーションは、流れるようなファストバック。かくして、「クーペのようにスタイリッシュなのにセダンのように実用的で、ユーティリティ性の高さはステーションワゴン並」と、まさに何粒分ものおいしさを狙った贅沢で欲張りなモデルが、Audi A7スポーツバックだ。


audi A7.jpg


2010年誕生のこのモデルに、これほど大掛かりなリファインの手が加えられた。


リファインのプログラムはA7スポーツバックに加え、実質的にはその8気筒版であるS7スポーツバックと、高性能モデルの開発と生産などを担当するAUDIの子会社・クワトロ社が手掛けた、RS7スポーツバックにも適用される。


と同時に、新たなエントリーモデルとして価格を700万円台に抑えた、2リッターの4気筒エンジンを搭載するグレードが設定されたことも大きなトピック。ただし、こちらの「2.0 TFSI Quattro」は、日本では2015年8月以降にデリバリーが始まる。


AUDI車には、世界に1台の仕様を作り上げるオーダーメイド・プログラム「アウディ エクスクルーシブ」が設定されているが、そこまで凝らなくても多彩な通常オプションの範囲内で、それに準じた自分好みの仕様を得ることも可能なのだ。


例えば、A7スポーツバックでは前出のデコラティブパネルが7種類で、ボディカラーは11色から選択可能。さらにインテリアの素材とカラーも……となれば、この範囲の中だけでも「自分好み」を仕上げられる可能性は、大いに高い。


このあたりも、アウディが真のプレミアム・ブランドであると、世界で認められる一因であるはずだ。


7速DCTとの組み合わせで搭載されるエンジンは、90度のVバンク間にメカニカル・スーパーチャージャーをレイアウトした3リッターユニット。


ただし、従来は直噴のみだったインジェクション・システムにポート噴射機構を加え、発生トルクが250Nmもしくはエンジン回転数が3000rpmに達した時点でスーパーチャージャーを休止するクラッチをプラス。これらにより、出力と燃費の双方を改善したことが新型での見どころだ。


とことん速く、とことん贅沢


一方のRS7スポーツバックは、最高560psと怒涛の出力を発するツインターボ付きV8エンジンを手付かずで踏襲。ただし、コーナー部分をより明確にしたシングルフレームグリルや新形状のバンパー採用など、見た目のリファインはA7と同様のメニューで実施された。


見たらわかりますが、マジでハンパないです!w


流れるように点滅する「ダイナミック・ターンシグナル」を内蔵するマトリクスLEDヘッドライトも、このタイミングで新採用されている。


アルミ材を積極採用するなど、軽量化を追求した「Audi ultra」を謳うアウディ車だが、このモデルの車両重量は2トン超。だが、アクセルペダルに軽く触れただけで始まる怒涛の加速力は凄まじいばかり。


何しろ、0-100km/h加速は3.9秒!


まさにスーパーカー級だ。


スーパーカーといえば参考にどうぞ。
http://monkeysystems.seesaa.net/article/425494290.html





低速時には極めて軽いのにその後は突然重さを増すステアリングがもたらすゲインの高い回頭感や前出の加速感など、いささか演出過剰と思わせる部分が無いではない。だが、そうした「分かりやすさ」も、そもそもすこぶる顕示性の高いこのモデルならではか。


そんなRS7スポーツバックでは、21インチという大径のオプション・シューズを履くのに、むしろ「3.0 TFSI クワトロ」よりも路面へのあたり感がマイルドであることに驚かされた。


とことん速く、とことん贅沢


それこそが、このモデルの狙う道なのだ!


A7 スポーツバック 3.0 TFSI quattro・主要スペック


全長×全幅×全高=4990×1910×1430mm
ホイールベース=2915mm
車両重量=1900kg
駆動方式=クワトロ(4WD)
エンジン=3.0リッターV型6気筒DOHC・スーパーチャージャー
最高出力=245kW(333ps)/5500-6500rpm
最大トルク=440Nm/2900-5300rpm
トランスミッション=7速AT
タイヤサイズ=255/40R19(前後)
JC08モード燃費=12.6km/L
車両本体価格=924万円
発売日:2015年4月21日


RS7 スポーツバック・主要スペック


全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm
ホイールベース=2915mm
車両重量=2050kg
駆動方式=クワトロ(4WD)
エンジン=4.0リッターV型8気筒DOHC・ツインターボ
最高出力=412kW(560ps)/5700-6600rpm
最大トルク=700Nm/1750-5500rpm
トランスミッション=8速AT
タイヤサイズ=275/35R20(前後)
JC08モード燃費=10.3km/L
車両本体価格=1772万円
発売日:2015年4月21日


アウディA7.jpg


価格差が約1000万円です!!
あなたならどちらを買いますか?w



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。