2015年07月22日

WCOTYを受賞!?Cクラスの実力とは!

2015年4月2日に米国のNYで、ニューヨークモーターショー2015が開催されてますね!


新型メルセデスベンツ『Cクラス』


日本車や外国車がたくさんラインナップされている中で、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は「2015ワールドカーオブザイヤー」を、新型メルセデスベンツ『Cクラス』に授与すると発表した。


Cクラス .jpg




ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2013年秋から2014年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2014年1月から2015年5月末まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。


投票は世界22か国、75名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。


2015ワールドカーオブザイヤーの最終選考に残っていたのは、新型フォード『マスタング』、新型メルセデスベンツ『Cクラス』、新型フォルクスワーゲン『パサート』の3台。この中から、新型メルセデスベンツCクラスが2015ワールドカーオブザイヤーに輝いた。


私的にもこの中ならCクラスですね!


受賞理由について、審査員は、「『Sクラス』のデザインや技術を導入し、新型Cクラスは、新開発のアルミ複合素材のプラットホームや、後輪駆動パワートレインの改良を行った。これが、クラス最高の乗り心地やハンドリングを実現した」と評価している。


Cクラス NYショー.jpg


なるほど、私も一度は新型 Mercedes Benz C Classを試乗してみたいもんです。



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。