2016年05月31日

M3世界500台のみ!?30周年記念モデル

BMWは27日、M3の誕生30周年を記念した限定車「M3 “30 Years M3”」を発表したので配信します。


M3の誕生30周年を記念した限定車「M3 “30 Years M3”」


この“30 Years M3”は、2016年の夏より世界500台限定で販売されるそうだ!これを機にBMW M4GTSも日本では30台限定で発売される。



M3 30years.jpg


30イヤーズM3は、2013年12月に発表された現行の『M3セダン』(コンペティションパッケージ装着車)をベースに、内外装のドレスアップにより特別感を演出したモデル。エクステリアは、1986年に登場した初代M3に特別オプションとして設定された“モナコ ブルーメタリック”にペイントされるほか、“30 JAHRE M3”ロゴ入りのMフロントグリルを装備する。またホイールは20インチの666MスタースポークデザインのMライトウエイトアルミホイールを採用する。


従来の3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、パワーアップして最大出力は431hpから、19hpプラスの450hpへ引き上げられたのだ!M4並のパワーだ!


トランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DCT」。0-100km/h加速は、7速DCTが4秒、6速MTが4.2秒。ともに、ベース車両に対して、0.1秒の短縮を果たす。最高速は250km/h(リミッター作動)。


インテリアは、“コンペティションパッケージ”をベースに、上質なメリノレザーを用いたフルレザー仕様となるほか、専用カラーリング(ブラック/ブルーまたはブラック/シルバー)のシート表皮やヘッドレスト部の“30 JAHRE M3”ロゴにより特別感が高められている。またカーボン製のダッシュボードや、サイドシルにも専用のロゴがあしらわれる渋い仕様だ!

M3 30years 内装.jpg


“30 Years M3”の販売価格は、ドイツではM3 “コンペティションパッケージ”装着車に対して1万ユーロ(123万円高/1ユーロ123円換算)高に設定される。ライバル車のC63AMGとの対決が待ち遠しいですねwww





スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:41 | Comment(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

600psのR36 GTR NISMO登場!

新型R36 GT-Rの発表に続き、ニスモも初公開されたので配信します。


日産は3月23日から開催されたニューヨーク国際オートショーにおいて、日産 GT-Rの2017年モデルを発表した。噂ではこれが“最後のマイナーチェンジ”といわれるが、その内容は大きく進化を果たしたものとなり、「日産 GT-R史上において最大の変化」になっているという。


R36GTR.jpg


「NISSAN GT-R NISMO」


2017年モデルに移行した日産GT-Rに続き、新しいGT-R NISMO(ニスモ)もニュルブルクリンクサーキットで初公開されました。ドイツだけでなく世界屈指の難コースとして知られるニュルブルクリンクは、GT-Rが世界最高峰のスポーツカーになるべくその性能を引き上げてきたステージです。


2017年モデルの「NISSAN GT-R NISMO」は、標準GT-Rと同様、フロントエンドの新しいバンパーが目を惹きます。


R36GTRNISUMO.jpg


600psというハイパワーエンジンの冷却性能を向上させるために、開口部は空力性能を悪化させることなく大胆に拡大され、ダーククローム仕上げのVモーショングリルが配されています。同時に、フード剛性も大幅に強化することで超高速域での変形を抑制し、高い空力性能を実現。


通常のGTRの最高出力は565HPだが、NISMOは600psの強大なパワーで、さすがGTR NISMOですね!!どんどん速く速く進化していくのがわかります。見たらわかるように、この数値はアウディR8の540ps、ポルシェ911ターボの540psと比べても上をいく、コンペティターをはるかに超える数字となっている。


登場から9年が経過した日産 GT-Rは、今回のマイナーチェンジで誰もがスーパーカーとして認めざるを得ない自動車となったといえるだろうか?





NISMO専用のカーボンファイバー製フロントバンパーは、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて精巧に作り上げられることで理想的とする強度を実現しているそうです。また、カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより大きなダウンフォースを発生させると同時に、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能もさらに高まっています。


これらの改良により「NISSAN GT-R NISMO」のボディ形状はいままでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を得ているそうですから、サーキットでのパフォーマンス向上にも期待できます。


標準GT-Rが採用しているビルシュタイン製の「DampTronic」は、複数の車両情報システムを活用することで、路面状況や走行条件に対して適切なサスペンションの減衰力設定が可能。状況に応じた高レベルのコントロールができるモード設定型電子制御式ダンパーですが、当然ながらNISMO向けにチューニングが施されています。


赤のアルカンターラを使用した内装


ベース車同様に新しいインテリアも見どころ。新デザインのダッシュボードの上層部やステアリングホイール、センターアームレストにアルカンターラを採用することで上質感を演出しているのがいいですね!


R36NISMO GTR内装.jpg


センターダッシュボードのレイアウトも見直されています。現行モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルでは11個にまで削減するなど、最近のインパネレイアウトの流行に沿うものに刷新されています。


8インチに拡大されたタッチパネルモニターには、大型アイコンにより操作性を向上。カーボンファイバー製のセンターコンソールに搭載された新しいディスプレーコマンドコントロールは、高速域における運転中でもモニターをタッチすることなく操作が可能とのこと。


R36NISMO 内装.jpg


シートは、赤のアルカンターラを中央部分に使用したレザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートも目を惹きます。


VR38DETTエンジン


心臓部のVR38DETTエンジンは、6速DCTとの組み合わせで、GT3選手権で採用している高流量、大口径のツインターボチャージャーが搭載されています。これはめちゃくちゃ速そうなのがこのエンジンを聞いただけでわかるような感じがしますね。


そんな2017年モデルのGT-Rニスモの発売時期や価格はまだ公表されていませんが、5種類のボディカラーから選択できます。



R36 NISMO リア.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

BMWにオイル交換必要なし!?ロングライフ

最近サーキット走行して335iのエンジンオイルの警告灯が点灯したのでオイル交換について配信しますね。


今のBMW車のエンジン精度は格段に上がっているので 「新車購入しても1回もオイル交換しないで2万kmくらいは走れる」 という事なんですが本当かと思い調べていました。


M4 GTS エンジン.jpg


BMWのロングライフエンジンオイル


近年のBMWはロングライフエンジンオイルを採用しており、交換の頻度は減少傾向にあります。ロングライフエンジンオイルには、劣化を防ぐ良質な添加剤や、オイルベースが採用されているため、今まででは考えられないほど長期間の使用に耐え得るものとなっているのです。


具体的な交換時期はもちろん個体ごとで違いがありますが、2万km超の使用でも問題ないケースも。いずれにしても、あくまでエンジンオイルが長持ちするだけであって、永遠に使用できるわけでないことには違いはありません。


永遠に換えなくてもよくなったら、オイル屋さんのダメージがでかいですねwww


こちらの有名レーサーやレーシングチームも使用していて世界17ヵ国への販売実績もあり、完全オリジナルブランドの100%化学合成エンジンオイル「TAKUMIモーターオイル」は安くて良質なのでオススメですよ!





最近のBMWのオーナーなら知っていることですが、エンジンをかけるときに「Inspection ○○○km」っていう表示が出ます。この距離までオイル交換しなくていいよっていう表示です。


エンジンオイル.jpg


これは、油温、油圧、走行距離、エンジンの回転数、時間などの条件から寿命を計算しています。オイルに厳しい走り方をすると、その表示が実際の走行距離より早く減ります。当然、指定オイルでの条件ですが、メーカーが堂々とそれを謳っていますので、それで問題ありません。それで故障したら、リコールの嵐でしょうwww


いくら酸化安定性や清浄分散性能に優れる長寿命オイルといえどもスラッジが溜まったり劣化が進んだりするのは当然のことってことですね。


ましてや、ロングドレイン・インターバルを前提に開発されたエンジンは内部各部のクリアランスが広く、 通勤やちょい乗り程度のドライブでは熱膨張する時間が十分に稼げず、 そのクリアランスを埋めるまでに至りません。 結果、隙間に発生した水蒸気がオイルに混じり乳化、金属保護能力がどんどん低下していきます。


また、クリアランスが大きいということはそれだけオイル消費が激しいわけで、 メーカーサイドはオイル総量を増やして減り続けるオイルを継ぎ足し続けることでロングライフ性を維持しようと考えているわけです。 要するには、大きな水槽の水を定期的に一部交換することで、水質を保とうというわけですね。


価格に関しても、鉱物油を使ったオイルを1万kmで1万円で交換するのと、ロングライフオイルを2万kmで2万で交換するのを比較すれば、あまり変わらないかもしれません。フィルタや工賃を考慮したら、ロングライフオイルの方がコストパフォーマンスに優れている可能性も。。。




スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:40 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

86からシューティングブレーク登場!?

トヨタ自動車の豪州法人、トヨタオーストラリアは5月6日、シドニーにおいて、『86シューティングブレークコンセプト』を初公開したので配信します。


86 シューティングブレイク.jpg


『86シューティングブレークコンセプト』


「シューティングブレーク」は、クーペの美しさとステーションワゴンの実用性を、1台に融合したもの。そんなシューティングブレイクを2ドアクーペのトヨタ86をベースに、ワンオフモデルで完成させた。


開発は、トヨタオーストラリアの商品デザイン部門が担当。トヨタのグローバルスポーツカー部門の主導の下、日本国内で手作業により製作された。ってことはMade in Japanですねwww





トヨタオーストラリアは2014年11月、4分の1スケールのクレイモデルを製作し、86のチーフエンジニア、多田哲哉氏に披露。多田氏は、このクレイモデルに感銘を受け、プロジェクトをサポートすることを決めたという。


5月6日、シドニーでの86シューティングブレークコンセプトの初公開の場には、多田氏も出席。同氏は、市販計画はないとしながらも、「このコンセプトカーは、ファン・トゥ・ドライブな車に対するトヨタの情熱を示すもの」とコメントしている。


86シューティングブレーク リア.jpg


クーペモデルより39キロ重くなっているそうですが、やはりデザインレベルはメルセデスベンツのCLSやCLAとは全然違いますね。正直86がファミリーカーになっちゃった感じがします...

86 シューティングブレーク リア.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:00 | Comment(0) | TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

アバルト695ビポストがフェラーリの代車!?

フェラーリ顧客向けにアバルトの代車サービスが始まったので配信します。


まずイタリアのフェラーリは、2016年1月にフィアットグループから独立した形になっていますが、依然としてフィアット系グループがフェラーリの大株主になっています。


695ビポスト .jpg


ちなみに日本ではFCAジャパンとフェラーリ・ジャパンは別会社で、販売網も別ですが、5月2日からフェラーリ顧客向けの代車にアバルトの車両を提供するという発表がありました。


このフェラーリ顧客向け代車サービスは、「ABARTH 695 Biposto Ferrari Courtesy Car」によるもので、2015年10月から欧州を皮切りに開始したグローバルプロジェクトである。


「アバルト695ビポスト」をベースに特別仕様車として世界99台限定で製造され、日本には10台を導入、国内のフェラーリ・ジャパン正規ディーラーのうち、当プロジェクトに参加する店舗に随時納車し、各店舗で代車としてフェラーリのオーナーに提供されるサービスです。


なお、この「アバルト695ビポスト」は、ビポストの標準仕様にフェラーリならではのレッドの特別ボディカラーが設定されたものでイタリア車にはぴったりなカラーである。


695ビポスト.jpg


よく勘違いされるが、695ビポストとトリビュートフェラーリとは別物である。




同じイタリアで、かつて同門で「アバルト695トリブート フェラーリ」などの市販車でのコラボの実績があるとしても、代車サービスとして他社ブランドに車両を提供することはFCAジャパンとして初のプロジェクトだそう。


日本にわずか10台のみなのがレアなところではあるかな。


確かに他のメーカーやブランドでも聞いたことはありません。その狙いは、今回のサービス開始により、多くの日本の顧客に「アバルト」を認知、体感してもらうのが目的だそうですが、フェラーリオーナーからするとこれは嬉しいことなのでしょうか?笑


695ビポスト リア.jpg


私なら代車は同じフェラーリが出る方が嬉しいですwww


FCAジャパン社長のポンタス・ヘグストロム氏は、「今回フェラーリにアバルトを選んでいただいたことは、アバルトの情熱とスポーツスピリットをフェラーリにも評価していただいた結果と、光栄に思っています」とコメントしています。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:30 | Comment(0) | FIAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。