2016年04月27日

三菱自動車燃費表記の不正発覚!ekワゴン等…

VWのディーゼル車排ガス不正問題に続き三菱自動車が燃費試験データを不正に操作していた問題で、米国で販売した車の燃費データの追加試験をおこなうよう、米環境保護局(EPA)が命じることがわかったので配信します。


三菱 不正 .jpg


まず燃費についてだが、今回の三菱の不正によって、思いもよらぬことが明らかになった。報道で知って驚いた人も多いと思うが、その件に触れる前に、燃費の基礎的な部分をおさらいしておこう。


自動車の燃費表記は古くから行われているが、1960年代から1970年代初頭まで、60kn/h定地走行燃費という非常にシンプルな測定方法だった。説明するまでもないことだが、時速60kmで走行したときの燃料消費を測定するということで、実際に自動車を使用したときの燃費、いわゆる実燃費とはかけ離れている。


これはまずいということで、1973年に10モード燃費がスタートした。これもその名の通りで、市街地走行を想定した10種類の走行パターンを計測する。ちなみに、1973年は第1次石油ショックが起きた年であり、10モード燃費は自動車の性能を示す上でエンジンの最高出力に匹敵するほど重要なスペックとして注目された。


その後、環境意識が高まり、ガソリン価格も上昇傾向となると、エコカーの名の下に燃費競争が勃発。実燃費との乖離を完全に払拭するに至らなかった10・15モード燃費に代わり、2011年にJC08モード燃費が登場した。JC08モード燃費は高速走行やエンジンが冷えているときの燃費も考慮しており、クルマの実際の利用実態に近い計測となっている。


このように燃費の計測方法は進化してきた。いまだに実燃費との乖離はあるものの、異なる車種で実燃費の優劣を比較する目安として、JC08モード燃費はそれなりに信頼できるとの認識も浸透しているがあなたは車を買うときにカタログ値は参考にしていますか?







以前はカタログ燃費をまったく信用しない人も多かったが、いまではカタログ燃費を否定する人はほとんどいないし、逆にクルマ選びの重要なファクターだと考える人が多いと私は思う。


三菱自の相川社長が26日に社内に発足させた外部弁護士による特別調査委員会の検証結果取りまとめなど、事態収拾に一定の道筋を付けた後に退任する方向としています。当時の社長で現在会長の益子修氏についても退任する行方だ。


すでに、一部の系列の販売会社や部品メーカーには辞意を伝えた模様だ。益子氏は10年以上にわたって経営トップを務めており、燃費偽装問題の経営責任を取るとみられる。


今回の三菱自の燃費不正発覚の発端となったのは、意外にも当時共に開発を行っていた日産からの指摘によるものでした。不正発覚のきっかけは「デイズ」の次期モデルを日産が自前で開発すべく、現行モデルの燃費を調査したところ、公称燃費との乖離が大きかったことによるとされています。


三菱 不正.jpg


三菱自が4月26日に国土交通省へ報告した内容を要約すると以下のようになっています。


・「ekワゴン」の燃費訴求車の当初目標値は26.4km/L5回の上方修正を経て発売直前には29.2km/Lに引き上げ。

・1991年より法規と異なる「高速惰行法」で走行抵抗を実測測定データの中から小さい値を選別して走行抵抗を設定。

・派生車やマイチェン車は燃費訴求車を元に机上で算出。


要するに簡単に説明すると、三菱自は燃費を良く見せかけるため、この走行抵抗値を改ざんしていたという訳ですwwwしかも20年以上も前からだそうだ!


不正発覚の発端となった「ekワゴン」など4車型は既に62.5万台が生産されており、その他の車種への拡大や、ユーザーからの信頼を失うことで被る販売への影響は計り知れません。顧客への補償やエコカー減税額が変わる事で、税金の不足分などが出れば一連の対応費用について最大で1,000億円以上に上ると言われているが、MITSUBISHIはこの先生き残れるのか。。。




スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:16 | Comment(0) | MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

100km3.8秒のM4GTSが700台のみ!

BMWジャパンは、BMWの高性能モデル『M4クーペ』に特別限定車「M4 GTS」を設定し、日本にて限定30台で発売すると発表したので配信します。


日本にたった30台ならかなりレア物になりそうですね!


M4 GTS.jpg


M4 GTSは、高性能スポーツカー『M3』の生誕30周年を記念して導入する全世界700台の限定モデル。BMW M社のモータースポーツテクノロジーを集約し、BMW M4クーペのポテンシャルを高めた公道走行可能なレース仕様モデルだ。


パワーユニットは、3リットル直列6気筒直噴ターボエンジンをベースに、ウォーターインジェクションシステムを組み合わせ、最高出力は69psアップの500ps、最大トルクは50Nmアップの600Nmを実現。0-100km/h加速は、BMW量産モデル最速の3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)、ニュルブルクリンク北コースを7分28秒で駆けぬける、圧倒的なパフォーマンスを誇る。


M4 GTS リア.jpg


やはり今回も3.0ℓツイン・ターボ・ストレート6がベースになりましたね。これに与えられたウィーター・インジェクション・システムで最高出力が500psで最大トルクは61.1kg-mとなるとすごいパワーだ!!


このシステムは高回転域とスロットルにもっとも負荷がかかった時にインテーク・プレナムに蒸気を噴射するこれは、エンジンがオーバーヒートするリスクを抑えつつ、ブースト圧を高めるというシステムである。


明らかにサーキット走行を(合法的に)見据えているのだけに、0-100km/hタイムはM6コンペティション・パッケージへあと0.1秒のところまで迫っている。


M4 GTS エンジン.jpg


エクステリアでは、CFRP製の角度調整式リヤウィングやリヤディフューザー、フロントスプリッターなどを専用装備。サーキットにおける高いパフォーマンスを印象づけるとともに、効果的なエアロダイナミクスを実現している。







ウィングやフロントスプリッターなどすごいレーシングなエクステリアになってますね!


インテリアは後部座席が取り外され、ドアカードやトランスミッション・トンネル、リア・バルクヘッドもCFRPにスワップされている。


M4 GTS 内装.jpg


ポルシェ911 GT3 RSと比べると、さすがに色合いが異なるが、グリップ・レベル、コーナリング・バランス、ハンドリングの正確性、アジャスタビリティ、フィードバックの多さはM4 GTSも負けていない。


M4 GTS 横.jpg


自然吸気エンジンと比べるとドラマに欠けるものの、日産GT-R NISMOやポルシェ911ターボSなどの同価格帯のライバルに比べると熱意あるサウンドだ。


気になる価格はBMW i8並の価格設定の1950万円で、納車は2016年7月からを予定だそうだ。


M4 GTS エンジン.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:00 | Comment(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

新型RS4が500馬力でC63AMG超え!?

アウディは『A4』のハイパフォーマンスモデルとして、新型『S4』を2015年9月のフランクフルトモーターショーで、『S4アバント』を2016年のジュネーブモーターショーで初公開したのはご存知であろう。


RS4.jpg


そしてついに、2017年フランクフルトモーターショーでワールドプレミアが予想されているそのトップモデルとなる最強の次期『RS4』の姿が明らかになったので配信します。


昨年捕捉したプロトタイプは先代モデルのミュールだったため、本物ボディは初。新型「S4」と比較するとフロントバンパーのエアインテークがより巨大化され、エキゾーストパイプが4本出しから大口ツインエキゾーストパイプに変更されている。その他リップスポイラーやエアロキット、大径の専用ホイールによって「S4」以上の存在感を放つ。


RS4 リア.jpg


新型S4はシングルターボの3.0TFSIを積むが、こちらは最高出力が354psであるのに対し、2基のターボチャージャーを備えたRS4の3.0TFSIは、先代の450psを上回る、およそ500psに達すると見られている。


ZF製8速トランスミッション、「ティプトロニック・ギアボックス」は『RS6』『RS7』『S8』と同じで、従来のV8自然吸気ではなく、パワーユニットにはダウンサイジングされる、3リットルV型6気筒ターボが搭載される見込み。最近の速い車はBMWの335iみたいに3リッターV6ターボになってきてますね。


なんと、この次期モデルでは最高馬力がライバル「C63 AMGエステート」を超える500馬力に達するそうだ。


駆動方式はもちろん電子制御フルタイム4WDで、トルセン式センターディファレンシャルを備えた最新世代のクワトロとなる。この4WDシステムは、前後アクスルに最適な駆動力を配分するだけでなく、加減速状態やステアリングの舵角などに応じて、後輪左右の駆動力も変化させることで、卓越したコーナリング性能を実現する模様だ。




RS4 横.jpg


なお、3代目となる次期RS4も従来モデルと同様に、ワゴンボディのアバントのみの設定になると見られている。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 18:31 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

期間限定YANASEからレンタカーサービス登場!

ヤナセとニッポンレンタカーサービスは12日、プレミアム輸入車のレンタルサービス「ヤナセ プレミアムカー レンタル」を展開し、4月21日から10月20日までの半年間、特別キャンペーンを実施すると発表した。


期間限定ということになるので試したいのがあれば急げ!!


ヤナセレンタカー.png


キャンペーンでは、北海道(離島除く)、東北6県、石川県(金沢市)、長野県(松本市・茅野市除く)、首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)、九州2県(北九州市および苅田町除く福岡・佐賀)、沖縄県(那覇市)のニッポンレンタカーの営業所に、ヤナセが提供するメルセデス・ベンツ「Cクラス」「GLAクラス」「CLAクラス」「Eクラス」の合計102台を導入し、レンタカーとして貸し出しする。


ちょっと待て、関西が入っていないではないか。。。


ニッポンレンタカー会員およびヤナセの顧客は、レンタカー料金が最大30%OFFとなるキャンペーン価格で利用できる。




気になるお値段だが、車種にもよるが、約10000~30000円のようだ。ちなみに利用条件は、25歳以上、免許取得後3年以上経過していること。支払いはクレジットカードのみということである。


「ヤナセ プレミアムカー レンタル」の詳細はニッポンレンタカーのwebサイトにて。
http://www.nipponrentacar.co.jp/campaign/cp1031.html


E63AMG S ステーションワゴン.jpg

AMGモデルはさすがになさそうだwww

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:52 | Comment(0) | レンタカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。