2016年03月13日

Cクラスにオープンカー?C43カブリオレ!!

ドイツの高級車Mercedes-Benzから現行Cクラスの4番目のボディ・バリエーションとなるコンバーチブルが登場したので配信します。


C カブリオレ.jpg


かつての「CLK カブリオレ」以来、久しぶりにコンパクト・セグメントに復活したコンバーティブルとなる。
156psのC180 Cabriolet から367psのAMG C43 4MATIC Cabriolet まで設定されるので1グレードのみではないことがわかる。また、トップモデルとなるC63カブリオレも計画されているのでとても気になります。





メルセデスベンツの動画を見てください、フルオートの電動開閉式ソフトトップは20秒で開閉し、車速が50km/h以下であれば走行中でも開閉可能。トランク容量は通常時が360リッター、オープン時は285リッターとなっている。







トランスミッションは6速MTの他、全てのエンジンに9速ATの9Gトロニックが用意される。


C43 4MATICの搭載エンジンは、3リッターV6ツインターボユニット。最高出力367hp、最大トルク520Nmを発生し、4輪を駆動する。0−100km/h加速は4.8秒と公表される。これはライバル車となるBMW「435i カブリオレ」の5.5秒を大幅に凌ぎ、アウディ「S5 カブリオレ」の5.3秒よりも速い。最高速度は250km/hでリミッターが作動する。


C カブリオレ 黒赤.jpg


内外装は、AMGらしいスポーティな演出。足回りは、ブレーキやサスペンションなどを強化した。4WDの4MATIC は、AMGのパフォーマンス仕様。ダンパーの減衰力は3段階に切り替えられる。





C カブリオレ 内装.jpg


365日、季節を問わず、快適なオープン走行の実現を重視しているそうなのだ。ただルーフがソフトトップなのが個人的に残念です。ソフトトップの色は、ブラック。オプションで、ダークブラウン、ダークブルー、ダークレッドが選択可能。ルーフを閉じると、ハードトップの「Cクラス クーペ」より全高が4mm高く、ソフトトップの構造は、新型『Sクラス カブリオレ』と共通で、優れた静粛性や耐候性を持つ。


Cカブリオレ リア.jpg


欧州では2016年夏に発売される予定だ。個人的にBMW 335iの乗り換え時にかなり欲しい一台です。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 15:00 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現行モデル「500アバルト」205馬力にUP!

2015年9月のフランクフルトモータショーでデビューした、イタリアのFIAT「500」改良型のハイパフォーマンスモデルである「500 アバルト」をフィンランドでキャッチされたので配信します。


アバルト500.jpg


フロントバンパー左右には大口エアダクトが見えます。また、大径アロイホイールやツインエキゾーストパイプも確認出来ます。なかなか派手さもあり、おしゃれなエクステリアに変貌。フィアットもさすがはイタリア車ですね。


注目は現行モデルから60psの馬力アップが見込まれる、1.4リットル直列4気筒ターボで、最高馬力は205馬力と噂されていますが、今の所195psは叩き出すそうなのでこの改良型 ABARTH 500 は相当速い加速力を手にできるのでしょうね!






アバルト500 リア.jpg


ワールドプレミアは2016年秋頃となりそうです。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | FIAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

名古屋オートトレンド改造車に取り締まり!?

独立行政法人「自動車検査法人」(新宿区)は9日、カスタムカーショー「名古屋オートトレンド2016」で2月27日に実施した不正改造車を排除する取り組みの結果を公表したので配信します。


名古屋オートトレンド2016.jpg


出店車両493台のうち25台が保安基準に適合しないショーモデルであったが、「公道走行可能」の表示や明確な「公道走行不可」の表示がなかった。これらの車両について口頭で改善を求め、25台の出展者すべてが明確な表示に改めた。


「カスタムカーショーでは派手な仮装で目を引くケースがあるが、それが路上を走れるかのような展示をしている場合がある。実際に装備しても公道を走らない限り違反ではないが出展者にも理解を求めて、不正改造車を排除する取り組みを行っている」(同業務課)。


なんと、これは前代未聞だ!!






指導を受けた内訳で最も多かったのはタイヤのはみ出しなど回転部分の突出で17台。ほかに灯火関係6台、エア・スポイラーと窓ガラス貼付物が各5台あった。


「灯火の色は、ストップランプは赤、バックランプは白などと決まっていて、それ以外は違法。また、最近はやっている例では、ヘッドライトをユニットごと交換するようなLEDライトがあるが、これも保安基準に適合しない場合があるので注意をしてほしい」(同上)。


アベンタドール.jpg


これによりカスタム自体をさらにやりづらくなりますねwww


不正改造車の多くは街頭検査や自動車検査などで是正を求められる。今回のような取り組みはショーで展示されたカスタムパーツが、そのまま公道走行で使われることのないような表示を求めるもので、いわば次善の対策だ。


そんなものどうでもいいような気がするのは改造車好きなわたしだけでしょうか?これを楽しみに来ている人もいるとおもいますがね。VIPCARと言われるセルシオフーガなどの車両のほとんどが不正改造に当てはまりそうで今回の対策は厳しくなりそうだ。





31セルシオ.jpg


もちろん不正改造しないくらいにカスタムしている車両もありますが。。


名古屋市だけでなく全国で開催されるカスタムカーショー4か所で、10年前からこうした取り組みを実施している。同法人は、安全確保と環境保全のために自動車検査で保安基準適合性を判断する特定法人。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:19 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

V8 435馬力の電動コンプレッサー付きSQ7 TDI.

独AUDIは16日、高級SUV「Q7」シリーズでは初となる“Sモデル”、すなわち「SQ7」を設定すると明らかにし、その概要を発表したので配信します。


アウディが誇る“Sシリーズ”は、ハイパフォーマンス仕様として名をとどろかせるシリーズ上位の高出力モデルの事である。たとえば最新のS4およびS4アバントは、ミディアムクラスのA4シリーズに4リッターV8ターボエンジンを搭載し、最高出力450hp、最大トルク550Nmのハイスペックを誇る。


SQ7.jpg


最近では、SUVシリーズにも“Sシリーズ”が設定されるようになり、3リッターディーゼルターボエンジン(326hp、650Nm)を積む「SQ5」などというモデルもラインアップされているのはご存知だろうか。


さらにその上を行くのがRSはあなたもご存じでしょう!!


話は戻るが、『SQ7 TDI』は、パワフルなエンジンと控えめに存在感を放つ専用の内外装を持つ。


SQ7 内装.jpg


エンジンは4リッターV8ターボエンジン。クラス下のSQ5に比べて排気量も大きいがそれだけなく、世界初をうたう電動コンプレッサーを備えた過給システムを搭載する。


これらはいったいどんな役目なのかと言いますと、ふたつのターボチャージャーと電動コンプレッサーを備え、ターボチャージャーを作動させる排ガスは、低-中回転域はひとつのタービンのみを作動させる。もうひとつのターボチャージャーは高負荷時のみに作動する。電動コンプレッサー(EPC)はふたつのターボチャージャーの仕事を増大させる役割を果たす。電動コンプレッサーは排ガスの特力を必要としないため特に低回転域で効果を発揮する。


SQ7 横.jpg


ターボチャージャーと電動コンプレッサーの組み合わせにより、ターボラグを感じさせない、アクセルを踏んだときに滑らかで力強い加速を実現しているという。


時速0〜100kmまでの加速は4.8秒!?







SQ7は48Vの電気駆動式コンプレッサーのアシストにより最高出力435hp、最大トルク900NmとディーゼルSUVのなかでは最高レベルの高出力を誇り、同時に環境性能も考慮され、13.5km/Lという6気筒エンジン並の低燃費を誇る。


SQ7 リア.png


アウディではSQ7 TDIを2016年中に投入するとしているがメルセデスのキングオブメルセデスのGLクラスとあなたはどちらが好みですか?

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 19:03 | Comment(0) | AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

メイウェザー、ヴェイロン売りシロン購入か!?

2016年2月29日、ついに発表された Bugatti Chironについて配信しますね。


これまで時速430km/hで世界一速い市販車としてその名を世界に轟かしていたブガッティ・ヴェイロンの後継モデル。もちろんその世界最速のスピードをもちろん大幅に上回ることが期待されています。


シロン1.jpg


デザインこそヴェイロンを引き継いでいるシロンですが、実は使われているものは9割以上が刷新され、全てのスペックにおいてヴェイロンを凌駕してます。


ブガッティ独特の色使いがとにかく上品な室内空間を演出しています。どこか趣のあるベージュ色の革と、光沢を抑えたアルミニウムの見事な調和、そして近未来的なインパネ周りの融合が絶妙に素晴らしく組み合わされています。室内空間にもエクステリアデザインの半円が反映され、一体感と優雅さが伝わってきます。


シロン 内装.jpg


搭載されたエンジンは、ヴェイロンと同様に8.0リッターW型16気筒だが、4基のターボチャージャーは先代より大型化され、カーボンファイバー製インレット・マニフォールドやチタン製エキゾースト・システムの採用などにより、最高出力1,500ps/6,700rpm、最大トルク1,600Nm(163.2kgm)/2,000〜6,000rpmにまで向上した。







発表された動力性能は、0-100km/h加速2.5秒以下、0-200km/h加速6.5秒以下、そして0-300km/h加速はヴェイロンより3秒も速い13.6秒以下。エンジン始動やドアロック用とは別に用意される「スピードキー」を使って「トップスピード」モードに切り替えれば、最高速度は420km/hに達するという。ちなみに、コクピットの速度計は500km/hまで刻まれている


シロン ハンドル.jpg


サイズ感はヴェイロンより全体的に拡大されています。


価格はなんと3億円で500台のみ生産だそうですが、すでに150台の注文を受けているそうです!


その中に世界スーパースターのメイウェザーの名前も浮かび上がっています。日本ではセレブのビートたけしが買う有力候補ですね。


シロン リア.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:53 | Comment(0) | Bugatti | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。