2016年02月09日

購入層は若者!?FF超えるGTC4ルッソとは

フェラーリFFの後継にあたるGTC4ルッソが、ジュネーブ・モーターショーでのワールド・プレミアを前にデビューされたので配信しますね。


GTC4ルッソ.jpg


フェラーリGTC4ルッソ


実は今回のモデルはフルモデルチェンジではなく、フェイスリフト(アップデート)ってニュアンスです。名前の由来は330GT 2+2や250GTベルリネッタルッソを連想させています。


新デザインのフロントバンパーやリヤディフューザー、ルーフスポイラーに加えて、従来のフェラーリでは伝統だった丸型4灯式のテールランプユニットが採用されてます。


この4点テールライトはかなり好評になるでしょうね!




GTC4ルッソ 斜め後ろ.jpg


自然吸気のV12気筒エンジン

エンジンはこれまでのFFと同じ6.2ℓのV型12気筒だが、最高出力は660psから690psへと向上。最高出力は8000rpmで立ち上がる。最大トルクである71.1kg-mは5750rpmで発生。全トルクのうち80%は1750rpmで湧きだす。トランスミッションはこれまで同様の7速デュアル・クラッチだ。


FERRARIが言うにはハードに走らせた時のエンジン音は “リッチでパワフル”。市街地では “控えめだが、聴き心地のいい和音” を楽しめるそうだ。


GTC4ルッソ 横.jpg


ターボチャージャー無しで自然吸気のV12エンジンってのがいいですね!


0-100km/hタイムはFFより0.3秒短い3.4秒。最高速度は335km/hとこれまでの数値をキープ。軽量素材を用いることで乾燥重量は1790kgとなる。


FFと同じくGTC4ルッソの駆動方式も4WDだが、後輪ステア・システムを初採用している。4RM-Sと呼ばれるこれは、‘スリップ・サイド・コントロール’ を作動。これは電制のデフとダンパーと共同作業を行う。フェラーリいわく、ドライバーは “さしたる努力をせずとも、雪道や濡れた路面で操りやすくなる” のだそうだ。


インテリアでは、10.25インチの大きなHDスクリーンを採用した新しいインフォテイメントシステムが採用されています。4つのシートが鎮座するキャビンは、FFから大いに変わっている。またデルファイに開発を任せたインフォテインメントはApple CarPlayにも対応可能となる。


GTC4 内装.jpg


488GTB以降搭載されているキーレスエントリーもフェラーリGTC4ルッソに搭載されています。


GTC4ルッソ リア.jpg


こちらのフェラーリGTC4ルッソの購入層はなんと若いユーザーをターゲットに作られてるそうですが、どんな若い人が買えるのでしょうか?www





スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 10:00 | Comment(0) | Ferrari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。