2015年12月28日

メルセデス最強セダンはE63 AMG S 4MATIC??

メルセデスのEクラスの最上級クラスE63 AMGについて配信しますね。


新型「E 63 AMG」は、2012年12月に欧州で公開された現行Eクラスのマイナーチェンジモデルの頂点に位置するモデルで、ほかのEクラス同様にLEDを用い、大幅に刷新した新デザインのヘッドライトを採用する。


改良版の標準型Eクラスは、Cクラス同様にモデルラインナップによってふたつのフロントグリルを使いわけるが、E 63 AMGでは、さらにスポーティな、こちらも新デザインとなるフロントグリルを採用。ひとめでAMGと分かる意匠を取りいれた。


E63AMG S.jpg


今回EクラスのAMGとしては初の4WDを採用することにより、最強のパワーを操作しやすくなっている模様だ。


その気になるエンジンはこれまで同様5.5リッターのV8ツインターボだが、AMGパフォーマンスパッケージ装着車の最高出力は557ps(410kW)から585ps(430kW)に向上したほか(最大トルクは従来と同一の81.6kgm)、標準モデルの最高出力も524ps(386kW)から557ps(410kW)にアップ。最大トルクは、71.4kgm(700Nm)から73.4kgm(720Nm)に向上した。


こちらも初採用だが、あらたにE 63 AMGのトップモデルとして「Sモデル」が追加された!




E63AMG S 内装.jpg


最高出力585ps(430kW)、最大トルク81.6kgm(800Nm)というパワーをもち、こちらも4マチック(4WD)が採用され、リヤロッキングディファレンシャルも標準で装備される。最高速はリミッターにより250km/hに制限されるが、0-100km/h加速は、E63 AMGセダンの4.2秒に対し、Sモデルでは3.6秒と俊足。


“S”の称号は伊達ではないようだ。もちろんこのSモデルは、ステーションワゴンにも用意される。


E63AMG S ステーションワゴン.jpg


Eクラスで3.6秒は怪物だなw





Sモデルとは詳しく書くと、その究極のパフォーマンスを予感させるS-Model専用19インチアルミホイールやS-Model専用エンブレム、そしてグリップ部にアルカンターラRをあしらったAMGパフォーマンスステアリングホイールなど、最高峰のモデルであることを鮮烈に主張する上質な装備。


5.5リッターV8直噴ツインターボエンジンは最高出力430kW(585PS)、最大トルク800N・m(81.6kg・m)にまでチューンアップされ、AMGリミテッド・スリップ・デフとともに強烈なトラクションを生み出す。


さらに、AMG 4MATICを搭載したトップパフォーマンスモデルは、0-100km/h加速3.6秒*を誇り、操るものを異次元の高揚へと連れ去る。AMG S-Model。それは、究極のドライビングパフォーマンスへの飽くなき挑戦が結実した、Mercedes-AMGの頂点。


いったいBMWのM6やアウディのRS7とどちらが速いのでしょうか?




E63AMG Sリア.jpg


値段も怪物級だ!


なんと約1800万円でまさにトップクラスですね。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:54 | Comment(0) | Mercedes-Benz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

フェラーリ初の4シーター!?V12のFF登場

フェラーリ初の4シートで4WDのシューティングブレイクのFerrari FFについて配信します。


「フェラーリ フォー(FF)」はV12エンジンをフロント・ミッドに搭載する4座席4輪駆動というフェラーリ初のパワフルで実用性の高い車輌で、スポーツGTツアラーという、これまでにない新しいテーマを掲げた革新的なモデルです。


何よりもFFは、その独特なデザインはもちろん、真のGTとして、ステアリングを握った誰もが究極のスポーツ・カーの性能を引き出せる多彩な性能と実用性を備えています。


FF.jpg


特筆すべきは4名の乗客を快適に抱え込むシートと、スペースを備えていることです。また、トランク・スペースは450リットルですが、個々に折りたたみ可能なリア・シートを格納すると最大800リットルまで拡大できます。
これはこのカテゴリーとして最大というだけでなく、多くの4ドアセダンをも凌ぐ容量です。


走れて、しかも、使い勝手もかなりレベルが高いということです。


FF リアシート.jpg


FFは、非常にグリップ係数が低い状況でも備えた性能を存分に発揮することができます。これはフェラーリ独自の4RM4輪駆動システムによるもので、低ミュー路において、後輪へのトルクを維持したまま、PTU(パワー・トランスファー・ユニット)が、必要とされる最大限のトルクを前輪に配分。







E-Diff、F1-Trac、そしてPTUという車輌制御装置を、ひとつのCPUが統一制御することにより、FFは個々のタイヤへの最適なトルク配分を実現しました。


FFの高いスポーツ走行性能は、トランスアクスル構造(ミッド・フロントエンジンと、リアアクスルに配されたギアボックス)によってリアに重量の53%が配分されたことでも裏付けられます。また、エンジン(最新の鋳造製)、ボディ(最新のアルミ合金と製造プロセス)、その他多くのコンポーネントとその細部まで手を加え軽量化に努めました。


FF内装.jpg


室内装備についてもシート・フレームにマグネシウムを採用したほか、各種ハイテク素材の採用によって最適化を図っています。


第3世代のブレンボ製カーボン・セラミックブレーキは軽量で、耐摩耗性に優れています。公道での一般的な使用においては磨耗は無視できる範囲に収まっています。


エンジンはこれまでのフェラーリの市販車として最高の排気量と出力を持つ、新開発のV型12気筒48バルブ、6,262ccの直噴ユニットで、660ps(485kW: 651HP)を発生する。トランスミッションは458イタリアカリフォルニアのものに近い7速デュアルクラッチトランスミッションを備える。


FFリア.jpg


660馬力で最高速度はなんと335kmのハイパフォーマンス4シーターである。さらにアイドリングストップなどを中心とした二酸化炭素排出減少を目的としたシステム「HELE」もオプションで用意され、日本市場などいくつかの市場では標準装備される。


気になるFFのお値段はなんと3290万円という高めの設定だ!

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:47 | Comment(0) | Ferrari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

ファントムのライバル車ミュルザンヌに新モデル!

Bentleyの頂点に立つフラッグシップサルーン『ミュルザンヌ』について配信します。


ベントレー・アルナージに代わる旗艦モデルであるミュルザンヌは、2009年8月16日にペブルビーチコンクールデレガンス2009で発表され、2010年から販売開始された。


ミュルザンヌ.jpg


LEDヘッドライトがリデザインされる他、外側の小さいターンシグナルランプはSUV『ベンテイガ』のように、かなり上向きに設置され、エアダクトやフロントバンパーもアグレッシブなベンテイガ仕様に変更されると言う。


オーディオも英国の名門『ネイムオーディオ』を採用、次世代インフォテインメントシステムなどもベンテイガから流用される見込みだ。また、未確定だがエンジンやテクノロジーのアップデートも期待される。


ワールドプレミアは2016年秋頃と言われているので楽しみだ。


現在のミュルザンヌはなんと6.75リッターという圧倒的に無駄な排気量!!!


「クラシカルなのに古臭くない」。この絶妙なまでのサジ加減は、超高級サルーンという極めて限定された分野における長い経験と最新技術の類まれな両立と言えるだろう。最新テクノロジーを駆使して、同じベントレーのコンチネンタル系ですら、ある程度は諦めざるを得なかった旧来の味わいを驚くほど巧みに再現していることが分かる。「ベントレーがベントレーであり続けるため」に傾けられた熱意は、世情の常識など遥かに上回るものだったのだ。


よく比較されるのはロールスロイスのファントムだ。




ミュルザンヌ 内装.jpg


全長×全幅×全高[mm] 5575×2208×1521
ホイールベース[mm] 3266
前/後トレッド[mm] 1615/1652
重量[kg] 2711
エンジン V型8気筒OHV 6.75リッター
ツインターボ
最高出力[kW(PS)/rpm] 377(512)/4200
最大トルク[Nm/rpm] 1020/1750
トランスミッション 8速AT
駆動方式 FR
前/後サスペンション ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
前/後ブレーキ ディスク
タイヤ 265/45 ZR20
荷室容量[L] 443
0-100km/h加速[秒] 5.3
最高速度[km/h] 296


ハイパフォーマンス版の「ミュルザンヌ スピード」はスポーティーに進化している。


伝統の排気量6.75リッターをもつV8ツインターボエンジンは、ミュルザンヌ スピードのために設計が見直され、燃料システムの全面的な改良、ターボチャージャーの最適化をほどこした結果、最高出力537ps、最大トルク1,100Nmを発揮。現行モデルとくらべると最高出力で25ps、最大トルクは80Nm向上した。


増大したパワーをもって、2.6トン以上の車重を後輪で駆動させ、0-100km/h加速は0.4秒短縮されて4.9秒、最高速度も9km/h増えた305km/hというフラッグシップのスポーティグレードにふさわしいスペックを誇る。


インテリアでは、ライトグレーのダイヤモンドキルト模様のレザーと、ダークグレーの無地のレザーがコントラストをなす、あらたなカラーを専用に用意。さらに、ピアノブラックにカーボンパネルで象嵌を施したあらたなオプションも、ミュルザンヌ スピード専用に開発された。


ミュルザンヌ リア席.jpg




「Entertainment Specification」は、リヤシートの乗員向けに、iPadと8インチの大型ディスプレイを提供するオプション。

iPadはフロントシートの背面に設置されたテーブルの中に格納されている。革に覆われたテーブル表面はボタンで持ち上がり、iPadとキーボードがあらわれるという仕組みだ。通信は車載Wi-Fiルーターを経由してインターネットへ。


エンジンがかかっているあいだは充電されるiPadは、目的地に到着したらテーブルから抜き出して持ち運ぶこともできる。また、フロントシートのヘッドレストには8インチのディスプレイが埋め込まれており、これに、DVDプレーヤーと20GBのHDDが接続されている。Bluetoothを利用したワイヤレスヘッドフォンも用意。オーディオシステムはピュアオーディオブランド、「ネイム」による「Naim for Bentley」が採用されている。


ミュルザンヌ リア.jpg


Bentley Mulsanne Speed|ベントレー ミュルザンヌ スピード
ボディサイズ|全長 5,575 × 全幅 1,926 × 全高 1,521 mm
ホイールベース|3,266 mm
最小回転半径|6.45 メートル
トランク容量(VDA値)|443 リットル
重量|2,685 kg
エンジン|6,750cc V型8気筒 OHV ツインターボ
圧縮比|8.9 : 1
ボア×ストローク|104×99 mm
最高出力| 395 kW(537 ps)/ 4,200 rpm
最大トルク|1,100 Nm/ 1750 rpm
トランスミッション|8段オートマチック
駆動方式|FR
最高速度|305 km/h
0-100km/h加速|4.9 秒
燃費(EUサイクル)|16.9 ℓ/100km
CO2排出量|342 g/km
燃料タンク容量|96 リットル

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Bentley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

世界進出!?BMW"EVO.i8"発表!

遂にEVE.RYNさんがBMW i8のエナジーコンプリートカーEVO i8の製作を完成させデビューしましたので配信します。


i8 energy.jpg


めちゃくちゃ渋く、おしゃれで、かっこいい!


完成された形へ挑んだ究極のチャレンジは「進行」と呼ぶよりも「進化」と謳うにふさわしい逸品に。まさしく「ハイブリッドカー」を「スーパーカー」へ昇華させた孤高の1台が"EVO i8"。我々が探し求めた答えがようやく解き放たれる・・・。by ENERGY MOTOR SPORT


そう語るエブリンさんのEVO i8ですが、早速「af imp.」1月号に広告デビューしていましたのでぜひCheck it out!!


i8 energy .jpg


BMW iシリーズのEVO i3もそうですが、こういったカスタムパーツを作って大成功するってまさに努力の賜物だと感じます。



気になるお値段ですが、いったいいくらで販売しているのでしょうか?すごい欲しいのですが、もちろんその分お値段も相当高価でしょうねwww


車体込みで2500万くらいですかね?


いったいだれが最初に購入するのでしょうか。。


i8 energy 横.jpg


まさか平成ノブシコブシの吉村さんの愛車BMW i8にカスタムなんてことは起きないですかね〜笑


i8 energy リア.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

総資産240億円のセレブヤンキーJBの愛車!

先日Mステに出演してAKB48の女の子にキスをしているところを写真に撮られ、お騒がせしていたスーパースターのセレブヤンキーことJustin Drew Bieber,の愛車について配信しますね。


まず彼は30歳以下で世界一のお金持ちに認定されたスーパースターなので、所有しているのもフェラーリなどのスーパーカーばかりだ!


総資産は240億円とも言われている彼の愛車はこれだ!!!


ラフェラーリ


F458


F430


1億6000万円の世界に499台のみのラフェラーリやF458F430とまるでフェラーリを愛しているようだ。しかもF458は二台も所有していて何度もボディのカラーをオールペンするそうだ!


最近はこちらのブルー色に塗装して話題を生んだ。


F458 ブルー.jpg



お次はアウディのスーパーカーであるR8


R8 ヒョウ柄


なんとド派手にもほどがあるヒョウ柄に塗装されているではないか!


もし、街でこのヒョウ柄のR8をみかけたら、ジャスティンビーバーで間違い無いだろうwww


フィスカーカルマ クローム




こちらはあまりみかけない高級車だが、彼のマネージャーが誕生日プレゼントに贈ったフィスカー・カルマです。価格は約1200万円で、その後ジャスティン自身が800万円支払いクロームメッキ加工に仕上げたのだ!


実はジャスティンビーバーはランボルギーニ「ガヤルド」に乗って公道でドラッグレースをしていたところを警察に制止され、アルコール検査により飲酒運転が判明し、逮捕に抵抗しただけでなく、運転免許証が失効していたこともあるお騒がせセレブなのだ。


ガヤルド.jpg


こういう時はやはりおカネで解決しているんですかね?w

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:11 | Comment(0) | 有名人の愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。