2015年09月05日

マジェスタは中途半端?レクサスには勝てず。。

VIP車の王道とも言えるクラウンマジェスタについて配信します。


「クラウンの最上級グレード」


クラウン マジェスタは、1991年にクラウンシリーズのトップモデルとして登場。


2005年以降はレクサスが国内で始まったため、センチュリーを除くトヨタブランド車で最高峰のセダンという立場になったが、近年はレクサス LSとクラウンの狭間で、その存在意義がやや曖昧になっていた。


そんな状況の中、4年ぶりのフルモデルチェンジで2013年9月9日に発売された6代目マジェスタは、コンセプトを「日本のお客様を第一に考えた高級車」、「クラウンの最上級グレード」と明確化。


マジェスタ .jpg


従来モデル(4台目と5代目)でトヨタマークだったフロントグリルのバッジを、再びクラウンの王冠マークに戻すなど、トップ・オブ・クラウンである点を強調している。


プラットフォームは、現行クラウン(2012年12月25日発売)のホイールベース延長版で、全長は5メートル弱(4970mm)あるが、全幅はクラウンと同じ1800mmのまま。


デザインは現行クラウン ロイヤルに沿ったものだが、縦バーを強調したフロントグリルを採用するなど、一部が専用になっている。


パワートレイン


パワートレインは従来のV8エンジンを廃止してレクサス GS450h譲りの2段変速リダクション機構付3.5リッターV6ハイブリッドシステムを採用。システム出力は、343psで先代マジェスタの4.6リッターV8(347ps)と同等としつつ、JC08モード燃費は先代の2倍以上の18.2km/Lとした。


全車3.5リッターV6ハイブリッドで、駆動方式はFRのみ。


クラウンの価格帯


ラインナップは、標準グレードの「マジェスタ」(610万円)と装備満載の「マジェスタ“Fバージョン”」(670万円)の2グレード。


後者には本革シート、前席シートベンチレーション、電動リクライニングとシートヒーター付のリアシート、レーダークルーズコントロール、プリクラッシュセーフティシステム等が標準装備される。


初期受注はFバージョンが大半を占めるとのこと。


クラウン ロイヤルは353万円〜536万円、アスリートは357万円〜575万円。


ライバルは、日産フーガ ハイブリッド(539万7000円〜647万6000円)か、同じくハイブリッドのシーマ(735万〜840万円)あたり。


豪華なインテリア


インパネまわりも基本的にはクラウンとほぼ同じだが、マジェスタには欅(けやき)や玉杢(たまもく)をモチーフにしたというサンバースト木目調加飾がセンターコンソールやドアトリムに使われ、ゴージャス。


マジェスタ 内装.jpg


資料を読むまで、本物のウッドだと思っていた。


内装色は、ファブリックならフラクセン(亜麻色=ベージュ)のみ。Fバージョンのレザーならブラックとフラクセンの2種類から選択できる。


一番の売りは、リアシートの広さ


普通のクラウンでも十分と言えば十分だが、マジェスタならドア開口部(特に足もと)が広くて乗り降りが楽だし、フットルームも小柄な人なら足がまっすぐ伸ばせるほど余裕がある。


マジェスタ リアシート.jpg


上級グレードのFバージョンには電動リクライニングも備わるなど、まさに「お・も・て・な・し」の空間だ。







ハイブリッドのパワー


モーターは最高出力200ps、最大トルク28.0kgmと強力で、アクセルペダルの踏み込みに応じて、出足から滑るように加速する。4.6リッターV8を積んだ先代マジェスタの加速も空飛ぶじゅうたんみたいに滑らかだったが、新型マジェスタの加速もなかなかなものだ。


静粛性に関しては他に、吸・遮音材の追加や、リアサイドおよびリアウインドウガラスの板厚アップなどによって、普通のクラウンより強化されている。また、2.5リッター直4ハイブリッドの現行クラウンハイブリッドを知った後だと、このV6ハイブリッドの良さがよく分かる。直4と比べれば、V6エンジンは断然スムーズで、サウンドもいいし、なによりパワフルだ。


モーターと合わせたシステム出力は、クラウン直4ハイブリッドの220psに対して343psと約1.5倍にもなる。しかも、マジェスタの方は2段変速のリダクションギア付きなのだ。


試燃費は11.0〜15.5km/L。JC08モード燃費は18.2km/L


直4エンジンのクラウン ハイブリッドは、試乗燃費が12.4〜19.6km/Lで、JC08モード燃費が23.2km/L。ただし、指定燃料はクラウン ハイブリッドがレギュラーのところ、マジェスタはハイオク!


マジェスタ.jpg


しかし、先代マジェスタなら5km/L台もあり得たわけで、今や確実に10km/L走ってしまうのは驚異的だ!



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

井岡一翔選手の愛車を一挙公開!世界王者の愛車

まずはプロボクサー 井岡一翔選手を知らない方に軽くおさらいします。


叔父に元プロボクサーで2階級制覇を果たした井岡ジム会長の井岡弘樹さんがいて、ボクシング界のサラブレットと言われテレビ視聴率も取れる人気イケメンプロボクサーです。


井岡一翔.bmp


第33代日本ライトフライ級王者。第13代WBC世界ミニマム級王者。第21代WBA世界ミニマム級王者。第27代WBA世界ライトフライ級王者。第75代WBA世界フライ級王者。世界最速での3階級制覇王者[1]。父で元プロボクサーの井岡一法が会長を務める井岡ボクシングジム・プロフェッショナル所属。大阪府堺市出身。興國高等学校卒業、東京農業大学中退。メディア対応などについてはエーケー・グローバル・エージェントとマネジメント契約を結んでいる。


井岡一翔と叔父.jpg


プロ戦績:総試合数:17 勝ち:16 KO勝ち:10  敗け:1


たった一回しか負けていない完全に実力者です。これからの試合の行方が楽しみですね!


愛車1台目


国内最速記録7戦目で、WBC世界ミニマム級新王者となった歴史的勝利のご褒美に叔父の井岡弘樹会長からポルシェのカイエンS 約1500万円相当がプレゼントされたのです。


井岡一翔カイエンS.jpg


なんと、それまでは100万円で購入したフィットに乗っていたそうですwwwスゴイ進化ですね。


2台目


WBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦で、ランボルギーニ・ガヤルドネラがプレゼントされた!なんと、限定185台で販売価格は約3000万円のスーパーカーだ。


井岡一翔 ガヤルドネラ.jpg


このガヤルドにチャンピオンベルトを掲げるのが夢だったとも彼のブログで語っています。けど、これできる人間はチャンピオンだけですからほんとうにスゴイです!!


3台目


実は、もう一台叔父からもらった彼の愛車があります!WBA世界ライトフライ級チャンピオン・井岡一翔に、叔父でジムの会長・井岡弘樹氏から初防衛戦のご-ほうびとして贈られた世界に3台のランボルギーニ・ムルシエラゴ。ランボグリーンと言われる貴重な色で、4500万円……。



世界に三台しかないのならこの色のランボルギーニをみかけたら、井岡一翔さんと思ってもいいですねwww


井岡一翔 ムルシエラゴ.jpg


ただ、有名人でランボルギーニを乗り回すといえば、スーパーカー暴走族の諸星一家ですよね!


それよりも正直4500万円もするLamborghiniや1500万円のカイエンSをプレゼントする叔父も相当すごいですねこれはwww




現在、井岡選手の世界戦のファイトマネーは1試合で約3000万前後です!1年に3試合〜4試合はこなすのでスポンサー収入なども含めて年収は軽く1億円を超えているでしょう。まさにスーパースターですね。だが、世界にはメイウェザーパッキャオなどの1試合数十億円するプロボクサーもいたり、愛車100台所有してたりと、世界にはまだまだ上がいるってことですねw

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | 有名人の愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

911カレラとボクスターの黒色が渋い!

ポルシェ ジャパンは、911カレラとボクスターのエレガンスを強調するスペシャルモデル「ブラックエディション」の受注を2015年6月25日(木)から開始すると発表した。


「ブラックエディション」


ブラックのボディとインテリアが特徴。


20150624-10225757-carview-000-3-view.jpg


911カレラ、ボクスターのいずれも、自動防眩ミラー、レインセンサー、クルーズコントロール、スポーツデザインステアリングホイールが標準装備となる。


2004年式のPorsche 987 Boxsterはこちら



「911カレラ ブラックエディション」


最高出力350PSを発生する3.4リッター水平対向エンジン搭載モデルをベースに、クーペとカブリオレの後輪駆動と4WDをラインナップ。


エクステリアでは、20インチホイールと「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS+)」を内蔵したLEDヘッドライトを標準装備。


インテリアには、運転席と助手席にヒーター付スポーツシート、Boseサウンドシステムを装備。さらに、リアビューカメラを含む前後のパークアシストシステムを採用している。


911.jpg


「BOXSTER ブラックエディション」


最高出力265PSを発生する2.7リッター水平対向エンジンを搭載。


20インチホイールと「PDLS」を内蔵したバイキセノンヘッドライトのほか、「2ゾーンオートマチッククライメートコントロール」とヒーター付シートを採用。サウンドシステムには高品質なサウンドパッケージ・プラスを装備した。ソフトトップとロールオーバープロテクションバーもブラックで統一されている。


911内装.jpg


今回のBlack Editionには史上最速と言われているケイマン GT4は入っていないみたいですね!




ラインナップと価格について


■ボクスター ブラックエディション(6速MT):731万円
■ボクスター ブラックエディション(7速PDK):788万円
■911カレラ ブラックエディション(7速MT):1239万円
■911カレラ ブラックエディション(7速PDK):1316万円
■911カレラ カブリオレ ブラックエディション(7速PDK):1471万円
■911カレラ4 ブラックエディション(7速MT):1353万円
■911カレラ4 ブラックエディション(7速PDK):1430万円
■911カレラ4 カブリオレ ブラックエディション(7速PDK):1553万

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Porsche | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

世界に一台の内装を持つコンチネンタルGTC!

もうすぐベントレー初のSUVが登場するということなので、コンチネンタルGTについて配信しますね!その中でもわたしがオープンカーが好きとういことで、コンチネンタルGT V8 S コンバーチブルについて書きます。


チューニングを見直した低めのスポーツサスペンション、シャープなステアリング、Sモデル独自の印象的なデザイン、改良型V8エンジンが奏でる特徴的なサウンドによって、Continentalシリーズの楽しみ方がさらに広がります。




2:47秒〜幌の開閉シーン



Continental GT V8の成功を受けて製作された新型V8 Sモデルには、Bentleyが誇る4リッターV8ツインターボの高効率エンジンにさらなる改良を加えて搭載。最高出力は6,000rpmで528PS(389kW)、わずか1,700rpmで680Nmという驚異的な最大トルクを発揮します。


この強大なパワーをZF製クロスレシオ8速オートマチックトランスミッションで受け止め、圧倒的な加速性能と滑らかな駆動力伝達によって、心躍る余裕の高性能を発揮します。


コンチネンタル GT S.jpg


ギアセレクターでSモードを選択すれば、より迅速なギアチェンジによってギアを従来より長くホールドしつつ、シャープなスロットルレスポンスを見せるV8 Sモデル.


新型GT V8 Sモデルのクーペは、複合サイクルの燃費10.6L/100km、CO2排出量246g/kmを記録し、コンバーチブルも、燃費10.9L/100km、CO2排出量254g/kmと、クーペと同等の数値を示しています。


燃費もスーパーカーにしてはかなりいい方だと思います。


高級車好きなプロボクサー・メイウェザーの愛車はこちら
http://monkeysystems.seesaa.net/article/418476733.html


「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」は、0-100km/hは加速4.7秒、最高速度308km/hの性能を誇っている。


コンチネンタル コンバーチブル.jpg


モデルの詳細はこちら


Bentley Continental GT V8 S Convertible
ベントレー コンチネンタル GT V8 S コンバーチブル
ボディサイズ|全長 4,806 × 全幅 1,944 × 全高 1,403 mm
ホイールベース|2,746 mm
重量(EU値)|2,470 kg
エンジン|4.0リッター V型8気筒 直噴DOHC ツインターボ
最高出力| 389 kW(528 ps)/ 6,000 rpm
最大トルク|680 Nm / 1,700 rpm
トランスミッション|8段オートマチック
ギア比|1速 4.71
    2速 3.14
    3速 2.10
    4速 1.67
    5速 1.29
    6速 1.00
    7速 0.839
    8速 0.667
減速比|2.85
駆動方式|4WD
サスペンション 前|4リンクダブルウィッシュボーン
エアサスペンション アンチロールバー付

サスペンション 後|トラペゾイダルマルチリンク
エアサスペンション アンチロールバー付

タイヤ 前/後|
275/40ZR20 / 275/35ZR21
ブレーキ 前/後|
405mm ベンチレーテッドディスク / 335mm ベンチレーテッドディスク
最高速度|308 km/h
0-100km/h加速|4.7 秒
燃費(NEDC値)|10.9 ℓ/100km
CO2排出量|254 g/km
燃料タンク容量|90 ℓ
最小回転半径|5.65 メートル
トランク容量(VDA値)|260 リットル


世界に一台のインテリア


V8Sのインテリアカラーはツートーンでシートとダッシュボードではカラーが異なる。


そのシートのカラーをダッシュボードのステッチカラーに使用し、ダッシュボードのカラーをシートステッチのカラーにするなど、数多くの組み合わせを用意し、選択の幅の広さという点でもプレステージカーならではでり、世界に一台しかない自分だけのクルマを手にすることができる。


ベントレーは1998年にフォルクスワーゲングループにロールスロイスと共に吸収されたが、2002年にロールスロイスはBMWへと移り分裂している。


ロールスロイスとは?
http://monkeysystems.seesaa.net/article/419271035.html



マンチェスターとリバプールの間に位置するクルー工場では、60年代からのロールスロイスとはブランド違い、という時代から働く職人たちがそのまま、技術の継承を受け現在でもベントレーで働き続けている。


2代、3代とつづく革加工職人は地元に根付き、自動車メーカーの資本がどこに移ろうとも職人たちは先代から技術を受け継ぎ、職人技を駆使し続けているわけだ。




コンチネンタル GTS内装.jpg


ベントレーのトップグレード、ミュルザンヌにその伝統の技は惜しみなく投入されている。もちろん今回のコンチネンタルGT V8 Sにもその職人業は投入されている。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Bentley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。