2015年09月23日

VWが不正で株価大暴落!?原因はスズキの告発

ドイツのフォルクスワーゲンが、アメリカで販売したディーゼル車およそ50万台に、排ガス規制を逃れるため不正なソフトウエアを搭載していた問題で、フォルクスワーゲンは調査の結果、世界でおよそ1100万台にその不正なソフトが搭載され、排ガスのデータに影響があることが分かったと発表しました。


さすがにこれはいつかバレるっておもわなかったのでしょうか?笑


Volkswagenの不正

この問題は、アメリカ環境保護局が今月18日、フォルクスワーゲンが2008年からことしにかけてアメリカで販売したディーゼル車およそ50万台に、排ガス規制を逃れるため不正なソフトウエアを搭載していたと発表したのをきっかけに明らかになりました。


フォルクスワーゲンは不正があったことを認めて謝罪したうえで、内部調査を行っていましたが、22日に不正なソフトウエアが搭載されたディーゼル車はさらに多いことが分かったと発表しました。その中でフォルクスワーゲンは、大多数のディーゼル車についてはこのソフトによる影響はないものの、一部の車種については、排ガスのデータが、検査を受けたときと道路を走行したときとでは食い違いが生じる影響があり、その数は世界でおよそ1100万台に上るとしています。


いくらなんでも、これはもう落ち目ですね!!


日産社長が語る。


日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者(CEO)は22日、「フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正操作問題をめぐって、自動車メーカーが排ガスのデータを改ざんしていた場合、それを内部で隠ぺいするのは難しいのではないか」と述べた。


カルロスゴーン.jpg


アメリカ環境保護局によりますと、このソフトウエアは車が試験場などで検査されるときは有害物質の量を大幅に減らすよう設定されていますが、車が道路を走行したときは実際には有害物質はほとんど減らず、最大で基準の40倍に上る窒素酸化物などを排出していたということです。


フォルクスワーゲンは、ソフトウエアを搭載している車両の改修などの費用としておよそ65億ユーロ(日本円でおよそ8700億円)を計上するとしていますが、ドイツの運輸当局が詳細な再検査に乗り出す方針を示しているほか、アメリカの司法省も刑事事件として捜査を始めたと伝えられています。


やはり今回の不正は刑事事件になるんですね!!


フォルクスワーゲンのウィンターコルン会長は22日、ホームページ上でビデオ声明を発表し、「今回の不正を巡り、顧客の皆様や関係当局、そして世間の人々に心からおわびします」と述べ、陳謝しました。また、「この問題の全容を明らかにするために、われわれは一切妥協しない」と述べ、事実関係の解明に全力を挙げる姿勢を示しました。


そのうえで、ウィンターコルン会長は「ほんの数人の過ちによって、60万人の全従業員の懸命かつ誠実な仕事ぶりが疑われるようなことはあってはならない」と述べ、組織ぐるみの不正ではなく、あくまで一部の従業員によるものだと強調しました。


自分は知らなかったということなんですかね。


車種はゴルフやビートルなどの5車種で日本には販売していなかったようだ!


一方でアメリカの環境保護局は具体的に、アメリカで販売されているゴルフとビートル、ジェッタ、パサート、そして、同じフォルクスワーゲン・グループのアウディのA3の5つの車種をあげています。いずれも2008年以降にアメリカで販売されたモデルが対象でその数は48万2000台に上るということです。


富裕層向けのCクーペGTEは関係ないみたいですね。


フォルクスワーゲン.jpg


フォルクスワーゲン・グループは、傘下にアウディやポルシェなど10を超えるブランドを抱え、ヨーロッパのほか、中国や南米など新興国でも高いシェアを握り、世界の大手自動車メーカーの中でも高い成長を続けています。
グループ全体のことし上半期の販売台数はおよそ504万台で、トヨタ自動車のグループを僅かに上回り、初めてVWが世界トップに立ちました。


しかし、このところは中国経済の減速の影響を受けて販売が伸び悩み、1月から7月の販売台数では再びトヨタに首位を奪われています。


ディーゼルエンジンはかつては窒素酸化物やススなど有害物質を多く出すことが問題となりましたが1990年代以降、各国が排ガス規制を強化したことを受けて、自動車メーカーは浄化機能を高めるなどエンジンの改良を進めた結果、燃費はガソリン車を上回るとされています。その中でも技術でリードしているのがフォルクスワーゲンやBMWなどのドイツメーカーです。


日本メーカーはエコカーとしてハイブリッド車や電気自動車の開発に力を入れてきましたが、ドイツメーカーは排気量を小さくしたうえでターボを付けたディーゼルエンジンをエコカーの本命と位置付けて開発を進めてきました。


高価なバッテリーを使うハイブリッド車などよりコストを安く抑えられることから市場の成長が続く新興国でもエコカーとして販売の拡大を目指してきました。今回、ディーゼルエンジンで規制逃れの不正が発覚したことはフォルクスワーゲンの経営戦略にも大きな影響を及ぼすとみられています。


これからどうなるのかが楽しみですね。




ゴーン社長は、独VWで発覚した不正問題について、世界の自動車メーカーと消費者との間の「信頼」の問題をあらためて提起した、との認識を示した。もちろん、今回のフォルクスワーゲンだけでなく、ほかの自動車メーカーも不正に手を染めていたのでは、との疑念が広がってくるでしょう。


そういや、最近裁判で争っていたスズキとVWの背景にはもしかすると、SUZUKIは今回のことを知っていたからこそ、提携を解消したのかもしれませんね!!


そして、まさか告発したのか!?www



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:15 | Comment(0) | 異常/修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

ポールウォーカーのガレージ初公開!凄い愛車達

ワイルドスピード(FAST AND FURIOUS)の主人公役で有名な俳優のポールウォーカーさんのガレージで愛車のコレクションを初公開というすごい動画が公開されていましたので、配信しますね!


image.jpg


paul-walker-toyota-supra.jpg


ポルシェ、フェラーリ、ベンツ、BMW、日産、トヨタ、エノレア,アメ車などたくさんの愛車があるガレージが公開された。


これを見れば本当にクルマが好きだったんだとわかりますよね。



Paul Wakerは2013年に残念ながら、ポルシェ カレラGTを運転中に事故により亡くなりました。


亡くなった彼に対する歌がワイルドスピード スカイミッションの主題歌に使われていたりもしますのでぜひご覧になってくださいね。


これはやりすぎですねw


ポールウォーカー ガレージ.jpg





ポルシェ 911も多数、BMW M1GT-R,映画の60セカンズで重要な車となるエレノアも、車好きをうならせるラインナップです。


こんなにたくさんの高級車達を所持できるほど稼いでいたんでしょうねwwwプロボクサーのメイウェザーの愛車コレクションもポールウォーカーを超えるほど凄いですよ!

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 17:16 | Comment(1) | 有名人の愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

全国民待望の「プリウス」燃費が40km/l.

現在、車好きとか関係なく、誰もが知っているTOYOTA プリウスについて配信。


トヨタ自動車は、主力ハイブリッド車(HV)「プリウス」の新型をなんと米国西部のラスベガスで、現地時間の9月8日に世界で初めて公開した。日本で2015年の年末に発売し、その後順次、世界各国・地域での販売を予定する。ハイブリッドシステムを刷新して燃費性能を一層高めた。併せて、低い重心で安定性を高めるとともに先進的なデザインにした。


プリウス.jpg





すっごい鮮やかなレッドと印象的なヘッドライトのプリウスの公開ですね!


プリウスは世界初の量産HVとして1997年に投入された。新型は4代目で2009年5月発売の現行モデル以来、6年半ぶりのモデルチェンジとなる。5代目まですごい長かったですよね〜


最強の燃費性能


新型では、熱効率を40%以上に高めたエンジンを採用により、変速機、モーター、電池といった各ユニットを、より小型・軽量化し、優れた低燃費を実現した。間違いなく売れるでしょうね!


バッテリーはエントリーモデルには現行と同じニッケル水素バッテリー。ハイエンドモデルにはリチウムイオンバッテリーが、それぞれ搭載されることとなる。ハイブリッドシステムも小型化され、THSUからTHSVへ大幅に変更となる。


実は、今回の発表では燃費データは公表されなかったが、現行のガソリン1Lあたり30.4〜32.6km(実走行に近いJC08モード)を上回り、同40km近くと世界トップ水準になるとみられる。


JC08モード40kmって!?
もう、まじで、どんだけ〜〜〜〜!!!の世界ですねwww


プリウス 横.jpg


米仕様の公開だが、サイズは全長4540×全幅1760×全高1470mmで、ホイールベースは2700mm。現行モデルに比べて全高を20mm下げつつ、全長と全幅をそれぞれ60mm、15mm長くしている。ルーフの頂点を前方に出しつつ、エンジンフードを低くすることでより先進的な外観デザインに仕上げた。


正直まあまあ、かっこいいいって感じですかね。。。


もちろんこの時代の新型車なので、安全面では、クルマだけでなく歩行者も検知し衝突を回避するシステム「Safety Sense P」を搭載する。


今回のラインナップにはなんと4WDなど、いくつかあるのだが、全グレード共通して言えることは、JC08モード燃費で6.6〜7.4km/Lアップしていることで、実走行で27〜32km/Lで走行は可能でしょう!!


11月末にニュースリリースを発表し、現在、2015年12月9日に全国のトヨタ販売店にて発売を開始すると噂が広まっている!


プリウス 内装.jpg


新型プリウスの購入を検討されている方へ、こちらの一括見積もりサイトを利用すれば、値上がり分位は下取り額がアップするかもしれませんので、是非ご利用ください。







車の買取や販売に実績のあるカーセンサーガリバーがオススメですよ!


個人的には、プリウスはセカンドカーにうってつけの車です。


新車価格の発表がされていないので、予想すると、250万円前後かな?
先代よりかは高めの予想です!


このテールランプも印象的な形してますね〜
プリウス リア.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

i8の技術を組合わせたX5が約1000万円!

BMWのSUVモデルであるX5がi8に使用しているPHV(プラグインハイブリッド)テクノロジーを採用して「X5 xDrive40e」を上海モーターショー15で発表したので配信します。


X5.jpg


『X5』の新型をベースに開発されたプラグインハイブリッド車。BMWは2013年9月、フランクフルトモーターショー13において、『コンセプトX5 eドライブ』を発表。その市販版が、xDrive40eグレード。





4輪駆動システムの「xDrive」と、スーパーカーの「i8」に採用されているプラグインハイブリッドテクノロジーを組み合わせたとなるとすごい新鮮な感じですね!


現在はまだ予約注文の段階で、全国のBMW正規ディーラーにて注文受付を実施し、今年12月頃の納車を予定しているそうだ。


エンジンに「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」に3回も選出された2.0リットル直列4気筒ターボを採用。エンジン単体で最高出力245PSを発揮し、電気モーターは8速オートマチックトランスミッションに組み込まれており、最高出力113PSと非常にパワフルエンジンだ。


エンジンの駆動力を電気モーターがアシストするブースト機能により、0-100km/h加速は6.8秒に。モーターだけでもなんと最高速度120km/hに達し、その航続距離は最長約31kmとなっている。EUテストサイクルでの燃費は3.3リットル/100kmを達成した。


X5 PHV.jpg


EVモードの効果もあり、環境性能はかなり高い。欧州複合モード燃費は30.3km/リットル、CO2排出量は77g/km以下と、優れた環境性能を実現。BMWは、「ブランド初の量産PHV」とコメントしている。


これはSUVでは充分な燃費性能とパワーを備えていますね!


もちろんSUVとしての利便性や充実した装備も特徴。駆動用バッテリーはラゲージルームの床下に格納し、ラゲージルーム容量500〜1,720リットルを確保した。リヤシートは40:20:40の分割可倒式に。駆動用バッテリーはEV専用充電コンセント、またはBMW iウォールボックス・ピュアから、3.5〜4時間で満充電することができるのだ。


X5 リアシート.jpg




新型のX5はやっぱりかっこいいですね〜値段はかわいくないですけどwww


価格は、標準モデルの「X5 xDrive40e」が927万円、「X5 xDrive40e xLine」が993万円、「X5 xDrive40e M Sport」が993万円(すべて税込)。


X5 リア.jpg

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 16:55 | Comment(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

RXでありながらRXを超える!3列7シーター

日本ではハリアーとして売られているレクサスRXがニューヨークオートショーでフルモデルチェンジを発表したので配信いたします。


RX450 .jpg


初代モデルが、フレーム付きのオフローダーではなく乗用車をベースとすることで高い快適性を実現したラグジュアリーなSUVとして、まさに新しいマーケットを開拓して以来、「RX」は革新性という面でレクサスというブランドを牽引する存在であり続けてきた。


それは販売面でも同様で、RXはLEXUSのグローバル販売のなんと約30%も占める最重要モデルとなっているのだ。たしかに日本国内でもよくみかけますね。


こちらがそのCMだ!





こちらは英語版である!



かなり外観も変わりとてもかっこよくなりましたね!!


「RXでありながら、RXを超える」


そんなRXの新型が恐れたのは、イメージが固定化してしまうことだそうで、開発陣は「RXでありながら、RXを超える」ことを目指してフルモデルチェンジを敢行。いよいよ通算4世代目となるRXが、登場することとなったのだ。


今回発表されたのは、3.5リッターV型6気筒直噴エンジンを搭載した「RX350」と、3.5リッターV型6気筒アトキンソンサイクルエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデル「RX450h」。出力など細かいスペックは未公開ながらも、どちらも300PS前後になる。


実は内燃エンジンは主要部品が一新され、燃費と出力を向上させている。更に、従来のRX350とRX270に代わっては、直列4気筒2Lターボの「RX200t」がラインナップに加わった。





こちらはRX300 F



サイズ自体も全長は4890mmと、一気に120mmも伸ばされており、ホイールベースも50mm増の2790mmに、全幅は10mm増だが、それでも1895mmに至っている。これまではコンパクト〜ミディアムクラスを1台で担ってきたが、弟分としてNXが登場したことで、遠慮せずに上のポジションへと移動できたというわけである。


RX450 内装.jpg


ホイールはノーマルで20インチ装着である。レクサスとしては初となる、トリムの着脱が可能な新開発の「セレクタブル カラートリム ホイール」を採用している。さらに後席はシートヒーターや電動リクライニング、リアエンターテイメントシステムとして11.6インチのスクリーンが前席ヘッドレスト後部に取り付けられ、居住性が向上している。リアシートなんて「LS」と並ぶ大きさだ!


RX300F リア.jpg


RX450h リア.jpg


さすがレクサス、内装が相変わらず豪華ですね!!


3列7シーターモデル!?


それと、驚いたのが、3列7シーターモデルのプロトタイプの初捕捉に成功した。アウディ『Q5』やBMW『X5』などライバルとなるプレミアムSUVが3列シートを持つ中で、レクサスにとっても次世代モデルでの投入が急務となっていた。


RX 3列.jpg


リアウィンドウにフィルムが貼られており、中のシートは見えないが、ホイールベースが延長されているのが分かる。これは楽しみなモデルになりますね。


パワートレインの変更はないそうだ!


国内発売は10月〜11月の予定だ。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 15:13 | Comment(0) | LEXUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。