2015年05月29日

ソフトトップとメタルトップの違い!BMW編

今回はオープンカーの屋根の部分のハードトップとソフトトップの違いについて配信します!


オープンカーといえば、実は色々な呼び方がありますよね。その違いから説明しよう。


「オープンカー」はいわゆる和製英語で、日本語では幌型の車という意味ですね。


「ロードスター」は英国で幌型の車を指す用語としてよく使われてきた言葉です。同じく英国では「ドロップヘッドクーペ」という言葉も使われています。「コンバーチブルは」米国でよく使われる言葉です。「スパイダー」は「バルケッタ」とともに、イタリアでよく使われてきた言葉です。同様にドイツやフランスでは「カブリオレ」という言葉がよく使われてきました。


要するにお国柄で呼び方が違う程度です!


その中でもわかりやすく、ドイツBMWのカブリオレ3シリーズの電動メタルトップと6シリーズの電動ソフトトップを参考に動画を見てください!


3seriesのメタルトップの開閉シーン





ソフトトップ : ビニールやクロス等の布製の屋根。


ハードトップ : 金属やFRP等の硬い材質の屋根。


6seriesのソフトトップの開閉シーン





あなたは手にするならどちらがいいと思いましたか?


これだけではさっぱりわからないって方にこれより詳しく解説していきますね。


両方のダメな点について


ソフトトップは、ビニールやクロス素材等が一般的で、熱や紫外線で劣化します。90年代のユーノス・ロードスター、BMW Z3、初期のホンダ S2000等はリアスクリーンがアクリル製だったので劣化が余計に。


・雨漏りは、幌やゴム部品が劣化して来ると雨漏れします。
・ビニール幌の場合は硬化して破れたりします。
・夏場の屋外駐車では、車内の温度がひどく高くなる。
・いたずらに遭いやすい。


メーカーによって異なりますが、マツダの場合は幌は5年毎の交換を推奨しています。


このマツダになんと最近新型ロードスターが登場しましたのでこちらもぜひ参考に。




続きまして、ハードトップです。


ハードトップでもゴム部品の劣化で雨漏れは発生します。ただ、ソフトトップよりは発生率はかなり低いです。あと5年以上経過すると使用している環境、使い方次第では電動部分のトラブルは出て来ますね。


・ゴム部分が劣化してくれば、雨漏りはする。
・電動ハードトップの場合、開閉システムに不具合が出やすい。
・屋根の開くスピードが遅くなったり、完全に開かなくなったりする。
・幌よりも収納スペースをとる為トランクに荷物があまり積めない。
・ハードトップは重量があるので、開閉時の車体の重量バランスが変わる。


車内の静粛性はハードトップのほうが高いが、エンジン音は遮音(断熱)材の多寡による。当然、それはドライビングにも影響する。超高級車のベントレーのコンチネンタルGTのオープンカーはソフトトップです!


どちらを選ぶかはオーナー次第であるが、もしあなたが屋内ガレージを所有しているなら幌のソフトトップもありですね。



スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

お金だけでは購入拒否?ブガッティの購入方法!

今回は世界最速の車とギネス記録に認定されているBugatti Veyronについて配信です。


「ブガッティ・オトモビル」社が製造するスーパーカー


ブガッティ・ヴェイロンとはフランスの自動車メーカーである「ブガッティ・オトモビル」社が製造するスーパーカーです。


車体価格は約2億円。最高速度は420キロ以上。ギネスに世界で一番速い市販車としても認定されています。


そんなクルマを何台も所有する最強のボクサー、メイウェザーの圧倒的な凄さがわかりますね。


だが、この車を買うにはお金があるだけでは買えません


「購入には審査が必要である」ということ。仮に宝くじで2億円を当てたとしてもそれだけでは購入することはできないんですね。つまりこのクルマは「買う人を選ぶ」ということです。


いくらお金をたくさん持っていたとしても、この「ブガッティ・ヴェイロン」を買うに値しない人は購入することができないというわけです。


では、いったいなぜブガッティはそのような審査を設けるのでしょうか??


bugatti .jpg


ブガッティ・オトモビル社によると、ブガッティというブランドのイメージが損なわれることを防ぐためにこのような審査を設けているとのことです。それだけブランドイメージというのは大事なものなんですね。そこで気になるのがいったいどういった審査をクリアすれば購入することができるのかということ。もし、将来あなたが「ブガッティ・ヴェイロン」を購入する時のためにもここで購入方法を学んでおきましょう。


まず購入するためには代理店であるニコルレーシング・ジャパンで代理店審査を行ない、ここで顧客の職業や購入目的などを審査されます。その後、情報をブガッティ本社に送られ本社でも審査が行われる。


この時点で、もし一般人が宝くじが当たって買おうしても、審査に落ちちゃいます。ヴェイロンはタイヤだけでも約250万と言われていて、買った後にちゃんと維持管理出来るかまで審査されているそうです。


無事に代理店の審査が通れば次は予約金の支払いです。予約金の額はおよそ5000万円!


ブガッティ.jpg


マンションを買えるくらいの予約金を支払えたらブガッティ本社から招待状が届く。その招待状の中には航空券でファーストクラスのチケットです!気になる行き先はフランス。


そう、フランスのモールスハイムにあるブガッティの本社へファーストクラスで向かうのです。ちなみに宿泊代などもすべてブガッティ持ち。2億のクルマを買うので当然と言ったら当然ですね。



ブガッティはもちろんオーダーメイドなので、実際に試乗して自分好みの仕様で世界に一つしかないブガッティを作っていく過程を本社まできたら具体的に話します。


ヴェイロン.jpg


オーナーの個性が出る仕様、インテリア、エクステリアから細部に至るまで徹底的につくり込んでいきます。


様々な過程を経て遂に納車


ここで残りの残金約1億5千万円ほどを支払い納車待ちです。


オーダーメイドなので納車までにはかなり時間がかかりますが、ブガッティのオーナーになるとオーナークラブの参加資格が与えられオーナー同士でさまざまな交流もできちゃいます。


たけし、ヴェイロン.jpg


ちなみに日本人ではビートたけしがブガッティオーナーとして有名ですね。




将来ブガッティ・ヴェイロンを購入したい際にはぜひ参考にしてみてください!!

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Bugatti | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

法人がETCカードを持つとどれだけお得!?企業側と従業員のメリット大放出!!

最近よく高速道路を利用するのですが、未だにetcの入口に並ばずに一般の入口に並んでいる車をよく見かけます。


会社してるのにETCカードを持っていない人がまだ一部の企業でいてるみたいです!


やはり、法人で契約してる人たちが多いようですが、会社(中小企業)では個人のクレジットカードのようにETCカードを簡単に作れない為、困っている会社がたくさんあります。


理由としてクレジット会社が、会社(企業)に対し保証を出さない為、カードを発行してくれないからです。







それを解消するのが高速情報協同組合のETCカード


1.多くの従業員にその都度、現金を渡さなくていい
2.利用明細(請求書)で管理が簡単
・入口、出口のインター名記載
・カードごとに金額が明確に出る
3.高速道路のみ利用できるカード(クレジット機能付いてない)
4.ETC車載器がなくても手渡しで利用可能
5.必要カード枚数お申込可能
6.時間帯・休日等により30%割引適応
7.レンタカー、従業員の車でも利用可能
8.新会社でも申込み可能







正直、上のを見ただけで、企業側からも従業員側からもお得ばかり!


まあ、私からすれば高級車に乗ってるのに未だにETCカードを持っていない人の理由が聞きたいですねw

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 22:26 | 大阪 | Comment(0) | ETCカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

今は亡き、ポール・ウォーカーの愛車の売却価格が凄い!?ワイルドスピードに登場のスープラ。

どうも今回は気になるワイルドスピードで使用されたスポーツカーについて配信しますね。


2013年11月、自動車事故でこの世を去った映画『Fast and Furious』シリーズの人気俳優、ポール・ウォーカー。彼が『ワイルド・スピード』で運転したトヨタ『スープラ』が、なんとオークションに出品されていた!


これは5月16日、米国で開催された自動車オークション、「Mecum」での出来事。1993年式トヨタ『スープラ』が出品され、ファンの熱い視線を独り占めしていた。


paul-walker-toyota-supra.jpg


なぜかというと、このスープラ、映画『Fast and Furious』第1作に起用された1台。


作品のラストシーンで、ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーが、ヴィン・ディーゼルの乗るダッジ『チャージャー』と、レースで対決。まさに、第1作のハイライトシーンに登場したスープラそのもの。


スープラとチャージャー.jpg


カリフォルニア州のショップが、カスタマイズを担当。


オレンジのボディカラーに、大型ウイング、派手なデカールと、映画の記憶がよみがえるスープラ。エンジンは2JZ-GE:220馬力、インライン6の3リッターを搭載。映画同様、ホーリー・パフォーマンス・プロダクツのナイトラス・オキサイドが2本装備。


オークション当日、このスープラの価格は上昇し、最終的に18万5000ドル(約2240万円)で落札された。主催者が予想した15万ドル(約1815万円)を上回る値が、付けられている。


スープラ ワイスピ.jpg


1993年式のSupraがこの価格まで高騰したのは本当に凄い事ですよ!おそらく、この値段を出すという事はPaul Walkerの熱狂的ファンなのでしょうね。


こちらを見てください!

スープラ 内装.jpg


どうですか?内装を見ると、本当に走りだけを追求したインテリアに見えます。もうコレクションとしてこの車を買う以外、正直不便そうですよねw


やはり買ったのは凄いセレブなのでしょうか?


わたしならそのお金があれば新型のすーぷらを買いますけどね。。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | 有名人の愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

ドーン!?ロールスロイスの第4モデル発表!

どうも、今回はセレブ御用達の最高級車Rolls-Royceが新型を発表したので配信します。


ロールス・ロイスは、オープンモデルとなる第4のラインナップを「ドーン(Dawn)」という名称にすると発表した。日本人からしたら、すごい迫力のある名前ですねwww


モデル名の“夜明け”を意味するドーン(Dawn)は、1949年から製造が開始された「シルヴァー ドーン」に由来する。そのなかでも、1950年から54年までのあいだに世に送り出されたドロップヘッドボディは、わずか28台と希少なモデルだ。


ロールスロイス どーん.jpg


現地時間の5月12日、ロサンゼルスでおこなわれた2015ロールス・ロイス ワールド ディーラー カンファレンスにおいて、ロールス・ロイスは、新生ロールズ第4のモデル名を、「ドーン」とし、2016年の第1四半期にはローンチすると公表した。


今回公開されたのは、あらたなモデル自体ではなく1952年製のシルヴァー ドーンだが、これをオマージュしたあらたなるロールズの登場が期待される。


昨2014年にブランド創設110周年を迎えたロールス・ロイス。


紆余曲折のながい歴史を経て、2003年からはBMWグループ傘下でブランド再構築に乗り出しており、同年に登場したフラッグシップモデル「ファントム」を皮切りに「ファントム ドロップヘッドクーペ」「ファントム クーペ」というファントム ファミリー。


2009年にはラグジュアリーサルーン「ゴースト」、さらに2013年にはスポーティな2ドアクーペ「レイス」を発表。


そして2016年には、第4のラインナップ「ドーン」が加わることがあきらかにされた。


日本の有名人ユーザーでは「世界の北野」こと
ビートたけしもロールスロイスオーナー!?
http://monkeysystems.seesaa.net/article/417258157.html





軽くここでRolls Royceのラインナップについておさらいしましょう。


ファントム


ファントム.jpg


アクセルにのせた右足に力を入れると、スーッと滑らかに走りだす。


フロントに搭載される6.7リッター V12ユニットは460ps/720Nmもの大出力を生み出す一方で、最大トルクの3/4をわずか1000rpmという低回転域で発揮できるのが、このユニットの美点だ。


2560kgの巨体を滑らかにぐっと押し出していく様は、まるで空飛ぶ絨毯のようだ。乗用車とSUVのちょうど中間ほどの視点の高さは、このクルマ特有だ。


見晴らしが良く、運転していても疲れにくい。


握りが細い大きな径のステアリングホイールも、ロールスロイスの伝統的に則っている。始めはそのフィールに違和感があるが、慣れてしまえば何の問題もない。


むしろ、いくぶんデッドなフィールは運転を穏やかにしてくれるし、精査された情報だけをドライバーに伝えてくれることも長距離のドライブには適している。


スポーティとは言いがたいが、このあたりはショファー・ドリブンの歴史が長いブランドらしい。もちろんドアも有名な観音開きに設計されているのだ!


ゴースト


ゴースト.jpg


全長×全幅×全高=5399×1948×1550mm
ホイールベース=3295mm/車重=2360kg
駆動方式=FR/
6.6リッターV12DOHC48バルブターボ
(570ps/5250rpm、79.5kgm/1500rpm)
価格=2900.0万円


ベイビー・ロールスの名が示すとおり、ボディ・サイズはファントムよりひと回り小さいが、エクステリアから醸し出される雰囲気は、ロールスロイスそのものだ。


「ファントムとは異なり、ゴーストにはどんなシチュエーションにもマッチすることが求められました。そこでボールド(力強い)な存在感のファントムに対して、ゴーストはよりアンダーステイトメント(控えめ)なデザインとしています」 そう語ったのは、ゴーストのエクステリアデザインをとりまとめたミハエル・マルケフカである。


ファントムと同じクオリティのレザーとウッドが惜しげもなく使われたインテリアは、並の量産メーカーには決して真似のできない“ロールスならでは”の世界。しかも、この特別なサルーンが、ファントムの半額に近い2900万円で手に入れられるのだから驚きだ!


もちろんそれでも庶民に買うことなんかまだまだできないが…


レイス


レイス.jpg


英国・ロールスロイス モーター カーズいわく、レイスは 「ロールス史上最もパワフルかつダイナミックなモデル」 だと話す。


もちろんインテリアも豪華絢爛。


上級モデル「ファントム」シリーズにも劣らないディテールへの繊細なこだわりが冴える。車内全体を取り囲むボリュームたっぷりのウッドパネルは、カナデル・パネリングと呼ばれる特殊加工が施された。


また木目を55度の角度にあわせ配置し、左右にシンメトリーな統一感を与えた。さらにセンターコンソールには山形模様のウッドを配すこだわりよう。


シートの革もファントムと同等のナチュラルグレインレザーが与えられている。ただ優雅なだけではない!


レイスは「ロールス史上最もパワフルかつダイナミックなモデル」とうたうだけあって、動力性能も他を圧倒する。6.6リッター V12気筒ツインターボエンジンの最高出力は632ps、最大トルク465kWの圧倒的な性能を誇る。


0-100km/hの加速はわずか4.6秒だ。


組み合わされる8速ATには、GPSを用いて進路にあわせたシフト操作を先行するSAT(サテライト・エイディット・トランスミッション)も搭載。


デュアル・インテグレーテッド・シャシーマネジメントシステムにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地がハイレベルに両立しているという。


ロールスロイス レイスの価格は3195万円[消費税込み]。





ただしロールスロイス社では、多くのユーザーがビスポークオプション(オーダーメイドによるカスタマイズ)を希望するだろうとみている。事実、2012年に出荷されたファントムシリーズでは、実に95%のユーザーが、そしてゴーストでも4台に3台がビスポークを選んでいるというからスゴイ!


ドーン.jpg


そんな次なるオープンカーのドーン(Dawn)がどのようなものなのかとても楽しみである。。。

スポンサードリンク



posted by 335iオーナー at 09:00 | Comment(0) | Rolls-Royce | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。